お知らせ

2017.10.12
[お知らせ]

[イベントのご案内] Matching HUB Kanazawa 2017

~文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業:JAIST~

セミナー: 「JAISTの設備・装置を利用してみませんか?」 
日時:2017年11月1日(水)ホテル日航金沢4F ホワイエメインステージ 15時-16時


本セミナーでは、本事業制度を紹介するとともに、実際に本事業に活用されているJAISTの最先端設備・装置の一部をご紹介します

異分野の視点は科学技術イノベーションを創出する鍵です。さまざまな課題をお持ちの各業種の方のご参加・ご意見をお待ちしております。 

ブログラム等の詳細は、チラシをご覧ください。 

パネル展示: 2016年11月1日(水) ホテル日航金沢 10時-17時


この展示会への出展は、今回で4 回目となります。展示ブースには説明員を配置し、対応いたします。たくさんの方のご来場をお待ちしております。

2016.12.7
[イベント情報]

 ナノテクノロジープラットフォーム公開講座 

材料の微細加工のためのイオンビーム技術の基礎と実習


ナノテクノロジープラットフォーム事業では、広く地域社会に開かれた事業として生涯学習を支援するため、企業や公的機関の研究者を対象に平成29年1月19日(木)に公開講座を開講いたします。
今回は、集束イオンビーム(FIB)技術の基礎を学び、電界電離ガスイオン源(GFIS)を用いたFIB装置の実習を体験頂けます。


 只今、受講生募集中です。

 
 

左の画像をクリックするとpdfファイル が表示されます。 

チラシをダウンロードして、 裏面の申込用紙必要事項をご記入の上、 FAX: 0761-51-1919 宛に送信してください 。

  

2016.11.14
[お知らせ]

[開催報告] Matching HUB Kanazawa 2016

~文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業:JAIST~

1日目:テクニカルセッション(分科会) 2016年11月1日(火)ANAクラウンプラザホテル3F 瑞雲の間
16:00-18:00


本セッションでは、『工業や医療を支える最先端分析技術』をテーマに産学より、工業や医療を支える分野で活躍されている3名の方を講師としてお招きし、産業で用いられている質量分析技術、高分解能質量分析計を用いたポリマーの構造解析、質量分析による生体分子同定のための新しいフラグメンテーション技術の開発についてお話していただきました。約27人が参加し、盛況裡のうちに閉会しました。  

2日目:パネル展示 2016年11月2日(水) 日航ホテル金沢 10:00-17:00


この展示会への出展は、今回で3 回目となります。たくさんの方が関心をもって足を止めていただきました。ご来場いただき大変有難うございました。

--会場風景--

----分科会----

発表タイトル

『産業で用いられている質量分析技術』

北陸先端科学技術大学院大学 技術サービス部
技術職員エキスパート 宮里朗夫               -
-----パネル展示-----
熊本の復興支援のため、くまもんが駆けつけてくれました。
本事業ブースにくまもん登場!!

2016年7月27日 北陸先端科学技術大学院大学は、熊本大学と熊本地震からの復興支援に向けた連携および協力に関する協定を結びました。


2016.10.07
[お知らせ]

【お知らせ】 Matching HUB Kanazawa 2016 テクニカルセッションプログラムのご案内


テーマ 『工業や医療を支える最先端の分析技術』

北陸先端大(JAIST)に於いて展開されている本事業の成果は、工業材料、環境物質、農薬、薬物、タンパク質の分析など、多岐にわたっております。本セッションでは、これらの分析事例等をご講演いただきます。また、大学の設備・装置を企業等の外部の方に公開する制度をご紹介します。

ちらし(PDF形式)はこちらよりダウンロードできます

参加申込ページURL
https://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/attend/form/index.html

2016.8.25
[お知らせ]

【お知らせ】 石川県立金沢泉丘高等学校 理数科の生徒さん(2名)が来訪


8月18日、石川県立金沢泉丘高等学校理数科のの太陽電池研究グループの生徒さん2名が本学ナノマテリアルテクノロジーセンターを訪れました。

徳田君と西尾君はグループの研究について発表し、研究をすすめる上での問題点について 本学先端科学研究科応用物理学領域の村田教授らに相談し、ディスカッションを深めました。

また、JAISTナノテクノロジープラットフォーム事業で外部利用することの出来る設備・機器を見学、体験しました。村上技術職員が説明を担当しました。

生徒さんからは「研究について相当前進したと思う。また来てみたい」との感想をいただきました。

彼らの研究を進めるてがかりとなり、今後 高校の生徒さんが JAISTの設備・機器を活用するきっかけになればと思います。

※今回の企画は、ナノテクノロジープラットフォーム事業とスーパーサイエンスハイスクール事業の
コラボレーションとして科学技術振興機構(JST)松山マネジャーが企画されました。
※ 8/22付 北陸中日新聞に記事が掲載されました。


2016.7.11
[お知らせ]

【お知らせ】
【ブース出展募集のご案内】
今秋開催《11月1日−2日》 北陸発の産学官金連携のマッチングイベント
『Matching HUB Kanazawa 2016』 & 
同日同会場にてJAISTナノテクノロジープラットフォーム事業主催のテクニカルセッション開催



北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)では、産学官連携総合推進センターを中心に、 『産・学・官・金』の連携活動を通して、北陸地域の新産業創出を目指しています。 Matching HUBを通して産学官連携、企業間連携のネットワークを北陸地域全体へ広げ、この地域の活性化を図っています。



◆11/1(火)16時からは、JAISTナノテクノロジープラットフォーム主催のテクニカルセッションを開催します。
本事業では、企業、他大学からJAISTの研究機器利用の依頼を受けています。「医薬食品分野のイメージング等に役立つ質量分析装置の利用事例」をご紹介します。 是非ご参加下さい。
プログラム等詳細は、後日ホームページにてお知らせします。


イベント詳細は、下記URLをご覧ください。
http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/index.html
http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/news/wp-content/uploads/
2016/06/86c1dc06b01cde2453e7f10c49141e88.pdf

☆今回は250ブースを募集します!
☆多彩な企業・研究室の出展を歓迎!
 出展に際し、業種・企業規模は問いません。
 本イベントでは多彩な業種や規模の企業はもちろん、大学や公的機関、金融機関にもご参加頂くことで、
多角的なマッチングの機会を創ります。さらに、各企業や大学など地域における人材育成にも繋げていきます。
 ブース出展【11月2日(水)のみ】の申込み受付を開始しました
☆ブース出展料 企業:20,000円 公的機関:10,000円 大学:無料
  (ブース仕様)
  ・長机 (W1800×D600×H700)1本
  ・椅子 1脚
  ・社名板
☆ブース出展者限定 ミニセミナーエントリー募集
   50,000円/20分、先着順、10者限定
   会場内の特設ステージにて、20分間のセミナーができます。
   【開催時間】10時~13時、15時~17時
☆申込締切:
   平成28年 7月 29日(金)まで
☆申し込み:
   下記URLをクリックして、必要事項を入力後、送信してください。
   http://jaist-matching-hub.com/form/
   お申し込み後、受付完了メールが自動送信されます。
   また、後日担当者よりその後の手続きについてご連絡させていただきます。


2016.6.23
[お知らせ]

【お知らせ】 平成28年度 ナノマテリアルテクノロジープログラム 2の1期(10月開講)のご案内


北陸先端科学技術大学院大学 ナノマテリアルテクノロジーセンターには、ナノテクノロジーの高度な専門知識と実験技術を広範囲に知る機会として、興味・関心のある科目を選んで学べる「ナノマテリアルテクノロジープログラム」があります。ただ今、平成28年度2の1期生(10月開講) を募集中です。

詳しくは、下記ナノマテリアルテクノロジーセンター 教育コースのホームページをご参照ください。
http://www.jaist.ac.jp/nmcenter/contents02.html

▽ 画像をクリックして下さい。チラシをPDFでダウンロードできます。
ナノマテリアルテクノロジープログラム開催のチラシをPDFで用意しました。もし知り合いなど興味を持っていただけそうな方がいらっしゃいましたら、是非このPDFをご利用下さい。


2016.5.13
[お知らせ]

【重要】当サイト内「依頼測定・設備利用」申し込みフォーム等の不具合に関するお詫び


  • 平素より、北陸先端科学技術大学院大学 分子・物質合成プラットフォームをご利用いただきまして、ありがとうございます。

    当サイト内の「依頼測定・設備利用」申し込みフォーム、メールマガジン登録、アンケート、クイックアクセスにおきまして、2016年4月1日から不具合のため、正常に送信されないという事態が起きております。
    現在のところ、根本的な不具合解消の見込が立っておりません。

    このため、「依頼測定・設備利用」申し込みの際は、下記より「利用申請書兼承認書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、nano-net@jaist.ac.jp宛にメールの送信をお願いします。

    「利用申請書兼承認書」
    ------------------
    4月1日から5月13日のこの期間、「依頼測定・設備利用」申し込みフォームよりお申し込みいただきました皆様へ

    大変ご迷惑をおかけいたしますが、「利用申請書兼承認書」に必要事項をご記入の上、再度お申込をお願いします。

     

2016.5.06
[お知らせ]

【お知らせ】『平成28年熊本地震に係る災害救助法が適用された地域の機関に所属する代表者による研究課題の取扱いについて』



  • このたび被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

    北陸先端科学技術大学院大学における文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム「分子・物質合成プラットフォーム」事業では、平成28年熊本地震に係る災害救助法が適用された熊本地域の機関に所属する代表者による研究課題に対し、以下の措置を実施します。



    装置・設備の利用機会の優先的取り扱い

    装置利用において、マシンタイムの確保を優先します。
    (期間:平成28年4月28日から平成29年3月31日)



    装置・設備の利用料金の免除

    技術代行、機器利用の一日パス、半年パス(最大20日まで)、年間パス(最大40日まで)の利用料金を免除します。(期間:平成28年4月28日から平成29年3月31日)



    『平成28年熊本地震に係る災害救助法が適用された地域の機関に所属する代表者による研究課題の取扱いについて』(PDF36.97KB)

    北陸先端科学技術大学院大学
    分子・物質合成プラットフォーム
    実施機関責任者
    大木進野

2016.4.22
[お知らせ]

【お知らせ】ガスクロマトグラフィー飛行時間型質量分析計が追加登録されました。

研究支援に提供する周辺設備群に、ガスクロマトグラフィー飛行時間型質量分析計(GC-TOFMS, 日本電子),JMS-T200GC AccuTOF GCxが追加登録されました。4月18日以降この機器をご利用いただけます。

この機器についてお問い合わせは、以下の教員または技術職員までお願いします。
教員
北陸先端科学技術大学院大学 ナノマテリアルテクノロジーセンター 大坂一生
Email:o-issey@jaist.ac.jp
TEL:0761-51-1476
技術職員
北陸先端科学技術大学院大学 技術サービス部 技術職員 宮里朗夫 
Email:a-miyasa@jaist.ac.jp
TEL:0761-51-1480

【お申込みに関して】

利用案内をご一読の上、「依頼測定・設備利用】お申込みフォームよりお申込手続きをお願いします。メール 受信後1~2週間以内に受諾の可否をご連絡いたします。返信がない場合は通信障害の可能性 がありますので、お手数ですがもう一度送信していただくか、お電話にてお問い合わせ下さい。

  • 尚、担当者への事前相談を希望される場合は、お申込みフォーム内『担当者への事前相談』の項目の「希望」を選択してください。
  • お申し込みいただきました情報につきましては、事務局からご希望の機器の担当者に伝達します。

    後日、担当者より折り返しご 連絡させていただきます。

    よろしくお願いいたします。

2016.4.8
[お知らせ]

文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム

平成28年度 研究設備の試行的利用事業のご案内


平素より当事業へのご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。
全国の先端的ナノテクノロジー研究設備の外部共用を進める「ナノテクノロジープラットフォーム」では、その利用機会拡大のため、対象設備の試行的利用事業を行っています。 アイデア(課題)をお持ちの研究者・技術者の提案を受け付けます。 採択された応募者に対して、ナノテクノロジー設備利用にあたって必要となる利用料・旅費等を支援します。特に新規ユーザー、企業技術者、若手・女性研究者を優先します。


※ 詳細はこちらからご覧下さい。pdf

2016.3.29
[お知らせ]

利用料金改定のご案内


平素より当事業へのご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。
さて、ナノテクノロジープラットフォーム事業は、平成28年6月1日お申込み分より、下記のとおり、新料金を適用することになりましたのでお知らせいたします。

何とぞ、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

※ 詳細はこちらからご覧下さいpdf

□ 料金改定実施日 平成28年6月1日(水)お申込み分より

□ 価格改定の内容 

◇表示価格は全て税率8%の税込価格です。

種 類     利用料金 
非営利団体(大学等)   営利団体(企業等)
 1日パス 10,000円  20,000円 
 半年パス(最大20日まで)  100,000円  200,000円
 年間パス(最大40日まで)  200,000円  400,000円

※1日=8時間  

2016.3.18
[ニュース]

ナノテク情報

岡山大学異分野融合先端研究コア 仁科勇太准教授らのグループによるの研究論文が英国科学誌「Scientific Reports 電子版」(2月25日 英国時間午前10時)に掲載されました。


<論文情報>
---タイトル---
Tailoring the Oxygen Content of Graphite and Reduced Graphene Oxide for Specific Applications
酸化グラフェンおよびその還元体の酸素含有量の精密制御

---著  者---
Naoki Morimoto, Takuya Kubo, Yuta Nishina
森本直樹,久保拓也,仁科勇太

※ この論文に掲載されている”Figure2,3”は、北陸先端科学技術大学院大学にある機器 島津クレートス社製 AXIS-ULTRA DLD から得られた結果です。

http://www.jaist.ac.jp/NanoPlat/equipment/index.html



 関連リンク
□ 岡山大学 プレスリリース

酸化グラフェンの酸素含有量を自在に制御する方法を確立 セシウム吸着能や導電性の関係が明らかに

  

2016.3.18
[ニュース]

ナノテク情報

福井県立大学生物資源学部 平修准教授准教授らのグループによるの研究論文が英国王立化学会の学術誌
Analyst 」(140, 8134-8137)に掲載されました。



<論文情報>
---タイトル---
‘Nanoparticle-assisted laser desorption/ionization using sinapic acid-modified iron oxide-nanoparticles for mass spectrometry analysis’

---著  者---
H. Komori, R. Hashizaki, I. Osaka, T. Hibi, H. Katano and S. Taira(責任著者)

※ 北陸先端科学技術大学院大学にある機器 Bruker Daltonics Inc. MALDI-TOF MSが利用されております。

http://www.jaist.ac.jp/NanoPlat/equipment/index.html


 関連リンク
□  「Analyst 」表紙として掲載
https://www.flickr.com/gp/123848631@N04/65GC2c

  

2016.3.2
[開催報告]

 平成27年度 ナノテクノロジープラットフォーム公開講座 

材料の表面解析のための光電子分光の基礎と実習

 2月26日(金)に「ナノテクノロジープラットフォーム公開講座」を開催しました。材料の研究開発に従事している企業や公的機関の研究者、技術者の合わせて8名の方が参加されました。 

 X線を用いた光電子分光装置 XPS(島津製作所 AXIS-ULTRA)について、その動作原理や計測データの解析のノウハウをご紹介させていただきました。実技講習では、参加者の皆様に光電子分光装置 UPS(理研計器AC-2)について、試料のセッティングから測定結果の解析を一気通貫で体験していただきました。
 ナノマテリアルテクノロジーセンター所属の3名の技術職員が、実技講習を含め6時間の講師を務めました。

 本講座の模様について、スライドショウ形式にてFBにて公開しております。また、本講座の記事が、北陸中日新聞と北國新聞に掲載されました。

関連リンク

https://www.facebook.com/JAISTnanoplat/?ref=hl


  

2016.1.28
[受付終了]

2月26日(金) 開催予定. 「材料の表面解析のための光電子分光の基礎と実習」は、定員に達しましたので、受講受付を終了とさせていただきました。 多数のお申し込み、誠にありがとうございました。

  

2016.1.8
[イベント情報]

 平成27年度 ナノテクノロジープラットフォーム公開講座 

材料の表面解析のための光電子分光の基礎と実習


ナノテクノロジープラットフォーム事業では、広く地域社会に開かれた事業として生涯学習を支援するため、企業や公的機関の研究者を対象に2月26日(金)に公開講座を開講いたします。

 只今、受講者募集中です。

左の画像をクリックするとpdfファイル が表示されます。 

チラシをダウンロードして、 裏面の申込用紙必要事項をご記入の上、 FAX: 0761-51-1919 宛に送信してください 。

  

2016.1.4
[お知らせ]

~表面を制する者、材料を制す!!~[開催報告] 「表面分析セミナー(@金沢・東京会場)」を開催しました。


12月14日(月)・17(水)、金沢・東京において「表面分析セミナー」を開催しました。両会場合わせて62名の方が参加され、盛況裡のうちに閉会しました。 試料の表面に関する多彩で有益な情報を得るための分析技術やそれらの応用事例について、企業より3名、大学より6名(他大学 3名、本学5名)お招きし、講演していただきました。講演後のフリーディスカッションでは、研究内容に関する積極的な質疑応答もあり、皆様の高い意識と関心度が伺えました。

たくさんの方にご来場いただき、心より御礼申し上げます。

--会場風景--

発表タイトル

『レーザー光を用いた非破壊測定 ~ラマン散乱分光から何がわかるか~』


北陸先端科学技術大学院大学
マテリアルサイエンス研究科
准教授 小矢野幹夫様

金沢会場

 

発表タイトル

『シリコン系太陽電池の基礎と最近の動向』


北陸先端科学技術大学院大学 
グリーンデバイス研究センター
准教授 大平圭介様

                 金沢会場

発表タイトル

『水を取り込むと構造化する燃料電池膜の研究』


北陸先端科学技術大学院大学
マテリアルサイエンス研究科 
准教授 長尾祐樹様 

東京会場

発表タイトル

『有機薄膜太陽電池の評価事例』


北陸先端科学技術大学院大学
マテリアルサイエンス研究科
助教 酒井平祐様

                 東京会場

 


2015.11.19
[お知らせ]

[開催報告] ナノテクノロジープラットフォーム事業 テクニカルセッションを開催しました。

~北陸発の産学官連携マッチングイベント Matching HUB kanazawa 2015 Autumn~

11月16日(月)、ANAクラウンプラザホテル3Fにおいて平成27年度「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業:JAISTの取り組み」と題してテクニカルセッションを開催しました。約25人が参加し、盛況裡のうちに閉会しました。  分科会は、企業より2名、大学より2名がそれぞれ『JAISTにおいて展開されている本事業の成果事例』を発表していただきました。 発表後の質疑応答では積極的に質問があり、関心の高さを伺わせました。 以下、参加者からのコメントです。

「低料金で先端解析技術を試すことができるのが魅力」
「共同研究の見極めにも有効」
「自社装置の機能を検証するのに役立った」
「改良、開発につなげたい」
「多様の機器を相談しながら利用できてよかった」
「今後は協力して合成(ものづくり)もしていきたい」
「他大学の学生も利用することができ、教育的効果も高い」

たくさんのコメントを頂きありがとうございました。

--会場風景--


発表タイトル

『光電子分光装置を用いた無機・有機複合型半導体材料の設計と応用』

近畿大学 理工学部理学科化学コース 
准教授 大久保貴志様 
発表タイトル
『レーザー法による複合ナノ粒子の創成』

金沢大学 理工研究域 
自然システム学系教授 瀬戸章文様、東秀憲様  


2015.11.5
[お知らせ]

[イベントのお知らせ]


「表面分析セミナー(@金沢会場&東京会場)」を開催します。 


主催:文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム 微細構造解析プラットフォーム 国立研究開発法人科学技術振興機構


本セミナーでは、試料の表面に関する多彩で有益な情報を得るための各種分析技術やそれらの応用事例をご紹介します。 ご紹介する装置・設備は文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業の共用装置となっており、日本全国の大学・研究機関にて、どなたでも利用することが出来ます。 今回は金沢東京の二か所で開催します。お近くの会場へ是非お越しください!


お申し込み手続き:

下記のお申し込みフォームボタンから必要事項をご入力下さい。

申込フォーム


《金沢会場 》



日時:2015年12月14日(月) 13:00~17:00
場所:JAIST(北陸先端科学技術大学院大学)金沢駅前オフィス
参加費:無料
定員:30名


プログラム

  1. 「光電子分光法(XPS)による表面分析の基礎と応用事例」 (島津製作所・吉田能英)
  2. 「ナノテクプラットフォームでの支援事例紹介」 (村上達也・JAIST)
  3. 「黒鉛の酸化剥離による機能性二次元ナノカーボンの創成」 (岡山大学・仁科勇太)
  4. 「レーザー光を用いた非破壊測定 ~ラマン散乱分光から何がわかるか~」 (小矢野幹夫・JAIST)
  5. 「リチウム電池用有機硫黄ポリマー正極材料の開発と解析」 (株式会社ポリチオン・上町裕史)
  6. 「水を取り込むと構造化する燃料電池膜の研究」 (長尾祐樹・JAIST)
  7. 「有機薄膜太陽電池の評価事例」 (酒井平祐・JAIST)
  8. 「シリコン系太陽電池の基礎と最近の動向」 (大平圭介・JAIST)

※ チラシはこちらからダウンロードして下さい。pdf


《東京会場》


日時:2015年12月17日(木)10:30~17:00
場所:科学技術振興機構 東京本部別館1階ホール
参加費:無料
定員:100名



プログラム

  1. 「光電子分光法(XPS)による表面分析の基礎と応用事例」 (島津製作所・吉田能英)
  2. 「ナノテクプラットフォームでの支援事例紹介」 (村上達也・JAIST)
  3. 「二次イオン質量分析法(SIMS)の基礎と応用事例」 (三輪司郎・アメテック(株))
  4. 「SIMSによる高分解能元素イメージング」 (竹内美由紀・東京大)
  5. 「水を取り込むと構造化する燃料電池膜の研究」 (長尾祐樹・JAIST)
  6. 「有機薄膜太陽電池の評価事例」 (酒井平祐・JAIST)
  7. 「光電子収量分光を用いたπ共役系分子集合体の表面分析」 (山本俊介・東北大)



※ チラシはこちらからダウンロードして下さい。pdf



 お問い合わせ先: 
分子科学研究所 分子・物質合成プラットフォーム(井上)
TEL:0564-55-7431 Email:nanoplat@ims.ac.jp


2015.10.14
[お知らせ]

【お知らせ】
北陸発の産学官連携マッチングイベント Matching HUB kanazawa 2015 Autumn 
テクニカルセッションのプログラム紹介

日時:11月16日(月) 16:00~18:00 ANAクラウンプラザホテル3F
タイトル:「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業:JAISTの取り組み」
会場:瑞雲

■ JAIST ナノテクノロジープラットフォーム 大木進野 「JAISTのプラットフォーム事業の概要」
■ JAIST 大坂一生、日産化学工業株式会社 「スパッタリング金属蒸着法を活用したイメージングMSによる分布解析例の紹介」
■ 株式会社エリオニクス 「イオンシャワー製膜装置の使用事例について」
■ 金沢大学 理工研究域 瀬戸章文、東秀憲 「レーザー法による複合ナノ粒子の創成」
■ 近畿大学 理工学部理学科化学コース 大久保貴志 「光電子分光装置を用いた無機・有機複合型半導体材料の設計と応用」
■ 科学技術振興機構 産学官連携マネージャー 松山豊 「ナノテクノロジープラットフォーム試行的利用と中堅中小の利用事例」

全国25の大学・公的機関の設備・装置を外部の方に有料公開する制度をご紹介するとともに、JAISTにおいて展開されている本事業の成果事例を利用者の皆様にご講演いただきます。また利用料金のサポート制度もご紹介します。

皆さまのご来場心より お待ちしております

     利用装置    



上記プログラムに関する問合せは、Emailにてご連絡ください。
Email:nano-net@jaist.ac.jp
担当者:産学連携研究員 ナノテクノロジープラットフォーム事業 コーディネータ 谷口

2015.10.14
[お知らせ]

【お知らせ】北陸発の産学官連携マッチングイベント Matching HUB kanazawa 2015 Autumn のパンフレットが完成いたしました。

パンフレットは、こちらからダウンロードしてください。pdf

2015.9.07
[お知らせ]

【お知らせ】GFIS搭載微細加工機が追加登録されました。

研究支援に提供する設備に、GFIS搭載微細加工機が追加登録されました。10月1日以降、この機器をお使いいただけるようになります 。

※詳しくは、 下記URLをご覧ください
http://www.jaist.ac.jp/news/press/2014/-1-0000001-mm-0001m.html

  電界電離ガスイオン源搭載集束イオンビーム装置・GFIS-FIB (株式会社日立ハイテクサイエンス製 MR-GFIS ) 

※↑クリックで設備・装置一覧のページに飛びます


【お申込みに関して】

利用案内をご一読の上、「依頼測定・設備利用】お申込みフォームよりお申込手続きをお願いします。メール 受信後1~2週間以内に受諾の可否をご連絡いたします。返信がない場合は通信障害の可能性 がありますので、お手数ですがもう一度送信していただくか、お電話にてお問い合わせ下さい。

  • 尚、担当者への事前相談を希望される場合は、お申込みフォーム内『担当者への事前相談』の項目の「希望」を選択してください。
  • お申し込みいただきました情報につきましては、事務局からご希望の機器の担当者に伝達します。

    後日、担当者より折り返しご 連絡させていただきます。

 

2015.7.29
[お知らせ]

【イベント情報】
===================================
11/16(月)17(火) 北陸発の産学官連携マッチングイベント
   「Matching HUB Kanazawa 2015 Autumn」開催決定!
===================================
【パネル展示募集】
===================================
パネル展示(11月17日のみ)申込み受付開始のご案内
===================================
北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)では、産学官連携総合推進センターを中心に、『産・学・官・金』の連携活動を通して、北陸地域の新産業創出を目指しています。本年度のマッチングイベントの秋開催が決定しました。
ただ今、パネル展示企業・大学を募集しております(8月31日まで)。
16日(月)午後のテクニカルセッションのひとつとして、JAISTナノテクノロジープラットフォームも参加を予定しています。

〔開催概要(予定)〕

■ 主 催 :国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学 産学官連携総合推進センター

■ 日 時 :平成27年11月16日(月)~ 17日(火)
                       10:00〜   ※両日とも
  
■ 場 所 :ANAクラウンプラザホテル金沢3F(石川県金沢市昭和町16-3)
       石川県立音楽堂交流ホール   (石川県金沢市昭和町20-1) 

■ テーマ :北陸地域の活性化を目指した新産業創出と人材育成

■ 内 容 :≪11月16日(月)≫
          ・特別公演(1)
           法政大学 法学部 教授  萩谷  順 氏
                        (ジャーナリスト・TVコメンテーター)

          ・特別公演(2)
           文部科学省 科学技術・学術政策局
           産業連携・地域支援課長   坂本 修一 氏

          ・テクニカルセッション
           北陸地域の大学と企業がテーマを決めて開催するセッションです。

       ≪11月17日(火)≫
          ・企業、大学によるパネル展示 (250ブース)

          ・1分間プレゼンテーション
           毎回好評の出展企業や大学が1分間という短い時間で
           技術や研究シーズをアピールします。

          ・イベントやセミナー
           協賛機関や企業・大学による各種のイベントやセミナー

          ・交流会(立食形式)
           参加者同士の交流を目的に立食形式で開催します。

■ パネル展示募集について:
      ◇今回は250ブース募集いたします。
       前回の166ブースから拡大し今回は250ブースを用意します。    

      ◇多彩な企業の出展を歓迎いたします。
       出展に際し、業種・企業規模は問いません。           
      
      本イベントでは多彩な業種や規模の企業はもちろん、
      大学や公的機関、金融機関にもご参加頂くことで、
      多角的なマッチングの機会を創ります。
      さらに、各企業や大学など地域における人材育成にも繋げていきます。
     
      ◇前回の出展者一覧はこちらからご覧ください。         
      http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/news/?p=104

      ◇ブース出展料   10,000円/ブース
      (ブース仕様)
      ・長机 (W1800×D600×H700)1本
      ・丸椅子 1脚
      ・社名板

      ◇◆◆申込締切◆◆◇
      平成27年 8月31日(月)まで。

      ◇◆◆申し込み◆◆◇
      下記URLをクリックして、必要事項を入力後、送信してください。
     企業・団体;http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/panelform-kigyo.html

     大学;http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/panelform-daigaku.html

      お申し込み後、受付完了メールが自動送信されます。 
      また、後日担当者よりその後の手続きについてご連絡させていただきます。

■問合せ先:国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学 産学官連携総合推進センター
      Matching HUB 事務局  担当:中黒、中田、部谷、前園
      E-mail: matching@jaist.ac.jp TEL: 0761-51-1070
      ※JAIST-net問合せフォームからも可能です。
       https://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/contact/index.html

■ホームページ:http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/index.html

以上、ご案内いたします。

2015.7.01
[お知らせ]

【お知らせ】ナノマテリアルテクノロジーコース(実習付教育コース)開催

北陸先端科学技術大学院大学 ナノマテリアルテクノロジーセンターには、地域の研究者や異分野の学生がJAISTの設備を知る機会として、興味・関心のある科目を選んで学べる「ナノマテリアルテクノロジーコース(実習付教育コース)」があります。ナノテクノロジーの研究動向の解説、先端機器を用いたデバイス加工や分析の実習コースを含む計8科目を半年間(4科目x3か月x2期)で開講します。ただ今、平成27年度2の1期生(10月開講) を募集中です。


以下の画像をクリックするとpdfファイル が表示されます。 

2015.6.17
[お知らせ]

【お知らせ】

村田英幸教授(北陸先端科学技術大学院大学)が、平成26年度に本事業で支援した成果が、Nature Photonics 9, 403 (2015)に掲載されました。

2015.5.22
[お知らせ]

【お知らせ】

平成27年度研究設備の『試行的利用事業』課題募集中


全国の先端的ナノテクノロジー研究設備の外部共用を進める「ナノテクノロジープラットフォーム」では、その利用機会拡大のため、対象設備の試行的利用事業を行っています。アイデア(課題)をお持ちの研究者・技術者の提案を歓迎します。


採択された応募者に対して、ナノテクプラットフォーム事業に登録されている共用設備の試行的利用に伴い必要となる経費(利用料、旅費、その他利用に当たって必要となる消耗品等)について支援します。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://nanonet.go.jp/shikou/h27/

2015.3.16
[開催報告]

【ナノテクノロジープラットフォーム公開講座開催報告】


2015年3月13日(金)、北陸先端科学技術大学大学ナノマテリアルテクノロジーセンターにおいて、公開講座「材料の構造解析のためのTEMの基礎と実習」を開催いたしました。北陸地域の民間企業から研究者・技術者の計4名が参加されました。


ナノテクノロジープラットフォーム事業 実施責任者の大木進野教授の挨拶の後、マテリアルサイエンス研究科 大島義文准教授とナノマテリアルテクノロジーセンター 技術サービス部 東嶺孝一技術職員により、透過型電子顕微鏡の原理ついて、講義が行われました。


また実習では、参加者が直接装置を操作をし、正しい観察手法や正しいデータ解析方法などを学びました。

最後に、実施責任者の 大木教授から、参加者一人一人に修了証書が手渡され、閉会の挨拶により、終了致しました。


参加者からは、「実習がとてもわかりやすかった」 「TEMでどのようなことが可能かイメージしやすく大変わかりやすかった」という感想を頂きました。


最後になりましたが、この度の公開講座にご参加くださいました参加者の皆様に感謝を申し上げます。


講義風景

講義風景

実習風景

 

2015.2.24
[開催報告]
【開催報告】


 2015年2月23日(月)北陸地域全体の活性化を目指したマッ チングイベント「Matching HUB Kanazawa 2015」を開催しました。


 イベントは、午前・午後の二部構成で行われました。 午前は、北陸地域企業への提案に関する特別講演が開かれ、午後からは、会場を「ANAクラウンプラザホテル金沢」に移し、150を超える企業・大学によるパネル展示、1分間プレゼンテーション、北陸地域の大学が主催する11テーマの分科会が開催されました。

 4階・白鷲の間で開催された『ナノテクノロジープラットフォーム事業』の分科会には、関係者も含め、
20名を超える方にお越しいただきました。


 今回のプログラムの講演は、下記に上げる6つのテーマ

□ 講演1 「JAISTのナノテクプラットフォーム」

□ 講演2 「質量分析装置による支援事例について」

□ 講演3 「透過電子顕微鏡の試料作製法と観察事例の紹介」

□ 講演4 「EPMAで見える金属組織」

□ 講演5 「光電子分光装置と薄膜作製装置を利用した支援事例」

□ 講演6 「中部地区の他機関の活動紹介と試行的利用について」
を上げての開催となりました。

講演1 
大木進野
PF実施責任者
講演2
宮里朗夫 
技術サービス部職員
講演3
東嶺孝一
技術サービス部職員


 各講演の支援事例の紹介では、来場者はメモをとり、真剣に耳を傾けていました。講演後も、積極的に名刺交換する場面が見受けられ、大盛況のうちに幕を閉じまし た。


 今後も継続的な活動を進めていくことで、産業振興と地域活性化の一助となるべく努力していく所存です。 ご来場ありがとうございました。

2015.2.16
[イベント情報]

 平成26年度 ナノテクノロジープラットフォーム公開講座 

材料の構造解析のためのTEMの基礎と実習


ナノテクノロジープラットフォーム事業では、広く地域社会に開かれた事業として生涯学習を支援するため、企業や公的機関の研究者を対象に3月13日(金)に公開講座を開講いたします。

 只今、受講者募集中です。

以下の画像をクリックするとpdfファイル が表示されます。 

チラシをダウンロードして、 裏面の申込用紙必要事項をご記入の上、 FAX: 0761-51-1919 宛に送信してください 。

  

2015.2.2
[受賞]

文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム「平成25年度利用6大成果賞」受賞のお知らせ

この度、石川県立大学の森正之先生の課題が、文部科学省平成25年度「秀でた利用6大成果」として、選ばれました。
全機関で2,500件を越える実施課題の中から選出されました。

**********************************************************************************

㊧森先生と成果発表のポスター ㊨賞状


2015.1.30
[イベント]

2015年3月5日(木)、6日(金)の2日間、名古屋大学工学研究科中央棟(ES総合館) ESホール にて、分子・物質合成プラットフォーム 平成26年度シンポジウムが開催されます。
詳しい情報は、下記URLをご覧下さい。
URL:
http://mms-platform.com/archives/2581

一般向け、参加申し込みフォームはこちらです。

URL:http://mms-platform.com/contact/eventform/


ダウンロードできます。
チラシpdfプログラムpdf

2015.2.9
[分科会のご案内]

終了

分科会(2部) 午後4時30分~

場所:ANAクラウンプラザホテル金沢 4F 白鷲の間


<<<文科省ナノテクプラットフォーム事業分科会のご案内>>>
~~~JAISTの装置・設備を使ってみませんか?~~~


 2015年2月23日(月)いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD)では、 北陸先端科学技術大学院大学とともに、北陸地域全体の活性化を目指したマッ チングイベント「Matching HUB Kanazawa 2015」を開催します。

■イベントパンフレット(デジタル版)はこちらをご覧ください。 ↓↓↓ http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/img/MH_A4.pdf


 午後からは、会場を「ANAクラウンプラザホテル金沢」に移し、北陸地域大学が主催する11テーマの分科会を開催。 4階、白鷲の間では、16:30分より、『ナノテクノロジープラットフォーム事業』の分科会を開催します。昨年度にも増し 盛りだくさんの内容となっています。


■分科会プログラム一覧はこちらをご覧ください。
 http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/news/
 ※ナノテクノロジープラットフォーム事業 分科会については、ページの中ごろにありますので、スクロールダウンしてください。_


---------【プログラム】----------

講演1「JAISTのナノテクプラットフォーム」

大木進野 (JAIST ナノマテリアルテクノロジーセンター 教授)

講演2 「質量分析装置による支援事例について」

宮里朗夫 (JAIST 技術サービス部)

講演3 「透過電子顕微鏡の試料作製法と観察事例の紹介」

東嶺孝一 (JAIST 技術サービス部)

講演4「EPMAで見える金属組織」

能登屋治 (JAIST 技術サービス部)

講演5「光電子分光装置と薄膜作製装置を利用した支援事例」

村上達也 (JAIST 技術サービス部)

講演6「中部地区の他機関の活動紹介と試行的利用について」

松山豊 (JST・ナノテクノロジープラットフォーム事業担当産学官連携推進マネージャー)

総合討論


 ご興味・ご関心のある方であれば、どなたでも参加できます。 参加は無料ですので、多数のご来場をお待ちしています。

2014.12.09
[イベント] 終了

平成27年1月28日~30日、東京ビッグサイト東ホール&会議棟にて、「nano tech 2015 第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」が開催されます。

展示会期間中、nano week 2015として、1月30日(金)10:00~17:00)(予定会議棟1階「レセプションAB」にて、「第13回ナノテクノロジー総合シンポジウム JAPAN NANO」が同時開催されます。

「nano tech 2015 第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」についての詳しい情報は、下記URLをご覧下さい。
URL:
http://www.nanotechexpo.jp/main/outline.html

「展示会ご招待状」をお持ちの方は無料にて入場いただけます。招待状をご用意しておりますので、必要な方は下記事務局まで、お問い合わせください。

--------------
北陸先端科学技術大学院大学
ナノマテリアルテクノロジーセンター内
ナノマテリアルテクノロジー事務局
0761-51-1449
---------------

2014.12.05
[イベント]

平成27年2月23日、石川県立音楽堂コンサートホール、ANAクラウンプラザホテル金沢にて、北陸地域の産学連携・産産連携のマッチングイベント「北陸メッセに向けて」を開催します。

このイベントは、行政・支援機関や金融機関等(=産学官金)との広域的・継続的な連携スキームおよびネットワークの拡大・発展を目指す活動の一環として実施されるもので、北陸地域の各大学の参画による大学間の連携、北陸経済連合会などの経済団体、北陸地域の銀行の協力も仰ぎ、広い分野・業種の産学連携活...動を推進し、北陸地域からの新しい産業育成や技術展開に繋げることを目指します。

「北陸メッセに向けて」についての詳しい情報は、下記URLをご覧下さい。
URL:http://www.jaist.ac.jp/ricenter/jaist-net/hokurikumesse/index.html

l


多数の皆様のご参加をお待ちしております。

2014.7.04
[ニュース]

2014年7月2日、ナノテクジャパンWebサイト発行の「ナノテクWebマガジン(NanotechJapan Bulletin Vol.7, No.3)<第24回>」に本事業で支援した成果が、掲載されました。

 有用タンパク質を合成する新技術の開発とその応用...
 石川県立大学 森 正之
 北陸先端科学技術大学院大学 梅津 喜崇,大木 進野

NanotechJapan Bulletin Vol.7, No.3は
http://nanonet.mext.go.jp/magazine/1122.html
より、ご覧いただけます。
上記のURLは、記事一覧ページです。記事タイトルをクリックすると、その記事が別ウィンドウで表示されるようになっています。

どうぞご覧下さい。

2014.4.11
[ニュース]
森正之准教授(石川県立大学)の研究課題を、本事業で支援した成果が、2014411日(米国時間)に米国科学誌「Science」で掲載されました。

利用機器は、NMRとMSです。


(論文名)Central Cell Derived Peptides Regulate Early Embryo Patterning in

Flowering Plants”

(著者名)Liliana M. Costa1,*,  Eleanor Marshall2,*,  Mesfin Tesfaye3,†,  Kevin

 A. T. Silverstein3,‡,  Masashi Mori4,  Yoshitaka Umetsu5,  Sophie L. Otterbach2,  Ranjith Papareddy2, Hugh G. Dickinson1,  Kim Boutiller6,  Kathryn A. VandenBosch3,§,  Shinya Ohki5, José F. Gutierrez-Marcos2,||


同成果は、2014411日に北陸中日新聞、読売新聞、北國新聞、日刊工業新聞、423日に毎日新聞にも掲載されました。

■関係URL
http://www.sciencemag.org/content/344/6180/168.abstract
http://www.jaist.ac.jp/news/press/2014/post-401.html
2014.02.04
【イベント情報】終了
 マッチングセミナー開催 (2014年2月26日) 

JASITグリーンデバイス研究センターと、いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD)主催のマッチングセミナーを,2014年2月26日(水)に,ホテル日航金沢で開催します。北陸地域(富山県、石川県、福井県)の産学連携・産産連携のマッチングイベントで、文部科学省ナノテクノロジープラットフォームセンターにも共催をいただいております。出展企業・大学による1分間プレゼン、パネル展示、講演、分科会など多彩なイベントを予定しております。詳しくはチラシとi-BIRDのHPをご覧ください。JAISTのナノテクプラットフォーム事業にご興味のある方は是非下記、分科会①の会場にお越しください。

【分科会①会場(橘の間)】 16:00~18:00
文部化学省 ナノテクノロジープラットフォーム事業(120分)
~ものづくりにおける課題の解決を共用先端機器でサポート~JAIST(教授)大木進野

■出展機関はこちらから(i-BIRDのHP)
http://www.smrj.go.jp/incubation/i-bird/seminar/085027.html
■申込方法:
氏名、会社名、住所、所属、役職、連絡先(TEL、E-mail)、
参加イベント、分科会を申込用E-mailまでお知らせください。
【申込用E-mail】 matching@jaist.ac.jp
■チラシは、下の画像をクリックしてください。


2013.11.13
【イベント情報】
終了

 平成25年度 ナノテクノロジープラットフォーム公開講座 
         材料の構造解析のためのNMRとMSの基礎と実習


ナノテクノロジープラットフォーム事業では、広く地域社会に開かれた事業として生涯学習を支援するため、企業や公的機関の研究者を対象に12月10日〔火〕、12月11日〔水〕の2日間にわたり公開講座を開講いたします。...

 只今、受講者募集中です。(詳細は公開講座ちらしをご覧ください。)

画面上をクリックしてダウンロードしてください。

FAX専用用紙

画面上をクリックしてダウンロードしてください。

公開講座ちらし


2013.10.30
【イベント情報】
終了
---しんきんビジネスフェア「北陸ビジネス街道2013」に出展します。---
11月8日(金)に石川県産業展示館4号館で開催されるしんきんビジネスフェア「北陸ビジネス街道2013」に本学ブースを出展し、ナノテクプラットフォーム事業のご説明を致します。ぜひお立ち寄りください。
しんきんビジネスフェア「北陸ビジネス街道2013」に関する内容はこちらのウェブサイトをご覧ください。 http://www.hokuriku-bkaidoh.jp/



2013.10.29
【イベント情報】
終了
-----「第9回 FITネット商談会」に出展します。-----
11月6日(水)に富山産業展示館テクノホールで開催される「第9回 FITネット商談会」に本学ブースを出展し、ナノテクプラットフォーム事業のご説明を致します。ぜひお立ち寄りください。
「FITネット商談会」に関する内容はFITネット商談会のウェブサイト http://www.fit-net.jp/9th/ をご覧ください。

2013.10.24
【開催報告】
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム平成25年度成果報告会開催報告

 2013年10月17日(木)、東工大蔵前会館1階くらまえホール、ロイアルブルーホールで、平成25年度成果報告会が開催されました。
 ブログラム第Ⅱ部、ポスター発表では、本学マテリアルサイエンス研究科・小矢野幹夫准教授が株式会社「北熱」様を支援した成果を発表しました。また、本学の学生の宮川あずささん(山口研究室)が、NNIN(National Nanotechnology Infrastructure Network)研修プログラムに参加してミシガン大学で研究した成果を発表しました。
ポスター発表タイトル及び写真等はフェィスブックに掲載してあります。どうぞご覧ください。↓
URL:https://www.facebook.com/JAISTnanoplat

2013.09.25
【イベント情報】終了
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム平成25年度成果報告会開催案内

2013年10月17日(木)、東工大蔵前会館1階くらまえホール、ロイアルブルーホールで、平成25年度成果報告会を開催いたします。成果報告会は本プラットフォームの参画25機関で行われた傑出した施設利用成果と実用面での展開、ならびに参加機関の役割と機器の共用利用がもたらす様々な効果を多くの方々に紹介する場です。本事業にご興味のある方や、研究機関の装置を活用してどのようなことができるかお知りになりたい方は、ぜひお越しください。
~~~~~~  記 ~~~~~~
・ 開催日時:2013年10月17日(木)
・ 開催場所:東工大蔵前会館1階くらまえホール、ロイアルブルーホール
・ 詳細は(開催内容・ポスター発表プログラム・プログラム概要等)こちらをご覧下さい↓

□ URL: http://nanonet.mext.go.jp/seika/2013/


2013.08.07
【お知らせ】
ナノテクノロジープラットフォーム事業のパンフレットを刷新しました。

『J support』と総称して、本学が学外向けに実施している「技術サービス制度(成果非公開の自主事業)」と「ナノテクノロジープラットフォーム事業(成果公開)」のサービス業務全体をコンパクトに、わかりやすく紹介しています。


こちらから、ダウンロードして下さい。

2013.05.30
【お知らせ】
平成24年度成果報告書を掲載いたしました。
2013.05.20
【お知らせ】
終了

もう少し期間を延長して、引き続き研究員(パートタイム職員)を再募集することとなりました。

職務内容は、「ナノテクノロジープラットフォーム事業(分子・物質合成プラットフォーム)平成24年度から10年(予定)」http://www.jaist.ac.jp/NanoPlat/ のコーディネート業務です。企業や他大学からの支援申し込みにつながる訪問・広報活動を中心に、関連する業務もサポートして頂きます。

募集内容の詳細についてはこちらからご覧になれます。pdf

2013.02.21
【お知らせ】
月刊北國 『アクタス』 3月号(2/20日発売)にナノテクプラットフォームの広告が掲載されました  
広告掲載の詳細についてはこちらからご覧になれます。pdf

2013.01.09
【イベント】
終了
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム 第11回ナノテクノロジー総合シンポジウム JAPAN NANO 2013

・開催日時 2013年2月1日(金)
・開催場所 東京ビックサイト会議棟

今回の「ナノテクノロジー総合シンポジウム」では、環境に調和したエネルギー・資源の確保に向けた挑戦的な技   術開発へのナノテクノロジーの多面的取り組み等に的を絞って最新の研究開発の進歩について展望します。

詳細はこちらをご覧ください。↓
URL:http://nanonet.mext.go.jp/japannano/2013/

ナノテクノロジー総合シンポジウム

2013.01.09
【イベント】
終了
JAIST 交流フォーラム 参加:無料
マテリアルサイエンス研究科 ナノマテリアルテクノロジーセンター

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)では、地元企業の皆様方との交流を図ることを目的として、下記 のとおり、JAIST交流フォーラムを開催いたします。このイベントに参加いただける企業を募ります。  
~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~  
・日時:平成25年2月15日(金)  
・場所:金沢勤労者プラザ404、405研修室  
※イベントの詳細については、チラシpdfをご覧ください。

2013.01.09
【イベント】
終了
平成24年度分子・物質合成プラットフォーム成果報告会
2013年3月13日(水)、14日(木)の2日間、岡崎コンファレンスセンターで、平成24年度分子・物質合成プラットフォーム成果報告会を開催いたします。成果報告会は本プラットフォームの全国11の機関で行われた成果を多くの方々に紹介する場です。本事業にご興味のある方や、研究機関の装置を活用してどのようなことができるかお知りになりたい方は、ぜひお越しください。
詳細につきましては決まり次第、ホームページ上でお知らせします。
~~~~~~  記 ~~~~~~
・ 開催日時:2013年3月13日(水)、14日(木)
・開催場所:岡崎コンファレンスセンター
・参考URL: http://nanoims.ims.ac.jp/
2012.11.27 ナノテクノロジープラットフォーム 平成24年度研究設備の試行的利用課題募集開始
全国の先端的ナノテクノロジー研究設備の外部共用を進める「ナノテクノロジープラットフォーム」では、その利用機会拡大のため、対象設備の試行的利用事業を行うことになりました。活用できるアイデア(課題)をお持ちの研究者・技術者の応募を歓迎します。採択された応募者は装置利用の技術支援を受けることができ、使用にあたって必要となる諸費用を負担することなく、最先端のナノテクノロジー設備を利用できます。特に新規ユーザーについては、連携推進マネージャーがご相談に応じますので、お気軽に問い合わせください。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012.11.13 2012年11月13日(火)発行の日本経済新聞(朝刊)に、「ナノテクプラットフォーム事業」の記事が掲載されました。
・発行:2012年11月13日(火)
・媒体名:日本経済新聞 朝刊 
・掲載面:15面 
・タイトル:ナノテク設備 企業に解放
2012.11.13
【イベント】
(終了)
「北陸産業活性化フォーラム」には、ナノテクプラットフォーム事業も出展いたします。

●北陸産業活性化フォーラム 参加・出展無料

「北陸産業活性化フォーラム」は、北陸で活動している4研究会「NPO法人北陸ライフケアクラスター研究会」「北陸マイクロナノプロセス研究会」「ほくりく先端複合材研究会」「ほくりく環境・バイオマス研究会」および北陸の企業活性化のために企画したイベントです。

異分野連携交流会を行い、研究・技術交流や情報交換の場を通じて、従来とは異なる新しい視点や新たな組み合わせの企業間連携のための出会いの場となることを目的としております。

基調講演とともに、ポスターセッションを兼ねた交流会を開催します。

皆様のご参加をお持ちしております。

【基調講演】
「企業連携によるスマートシティと北陸産業振興」
イーソリューションズ株式会社 代表取締役 佐々木 経世 氏

◎日時:平成24年12月7日(金) 14:00~17:00
                 14:00~ 挨拶
                 14:10~ 基調講演
                 15:30~ 異分野連携交流会

◎会場:金沢都ホテル 7階 〔鳳凰の間〕 JR金沢駅東口より徒歩2分
 URL:http://www.miyakohotels.ne.jp/kanazawa/access/index.html/

お申し込み・お問い合わせ:一般財団法人北陸産業活性化センター
              TEL:076-264-3001 FAX:076-263-3900

              ※ ナノテクプラットフォーム事業に関しては、下記までお願いします。               ----------記----------
              国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学
              ナノマテリアルテクノロジーセンター 
               分子・物質合成プラットフォーム事務局
              URL:http://www.jaist.ac.jp/NanoPlat/ 
               E-mail:nano-net@jaist.ac.jp               
               TEL:0761-51-1461 FAX:0761-51-1455

◎主催:一般財団法人北陸産業活性化センター
 共催:NPO法人北陸ライフケアクラスター研究会、北陸マイクロナノプロセス研究会、
    ほくりく先端複合材研究会、ほくりく環境・バイオマス研究会
 後援:中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局、北陸経済連合会

◎ちらし:詳しくはこちらpdfをご覧ください。
2012.11.02
(終了)
11月7日に福井県産業会館で開催される「第8回 FITネット商談会」に本学ブースを出展し、ナノテクプラットフォーム事業のご説明を致します。ぜひお立ち寄りください。
「FITネット商談会」に関する内容はFITネット商談会のウェブサイト http://www.fit-net.jp/8th/ をご覧ください。
2012.10.29 北陸先端科学技術大学院大学 ナノテクノロジープラットフォームメールマガジ【第一号】を発行しました。
※メールマガジンのご購読をご希望の場合は、「メールマガジン」よりご登録お願いいたします。
2012.10.10 2012年10月04日(木)発行の北国新聞(朝刊)に、北陸先端科学技術大学院大学で3日(水)に「大学最先端設備の共用化事業」キックオフシンポジウムの記事が掲載されました。
・ 発行:2012年10月04日(木)
・媒体名:北国新聞 朝刊 
・掲載面:16面 地方社会
・タイトル:『大学設備の地域共用化でシンポ 先端大』
2012.10.04 キックオフシンポジウム終了いたしました。 当日の模様については後日お知らせいたします
2012.9.23
(終了)
キックオフシンポジウム参加申込締切延長のお知らせ
キックオフシンポジウムの参加申込締切が10月1日(月)まで延長されましたのでお知らせいたします。 多数のご参加をお待ち申し上げます。
2012.8.31
【イベント】
(終了)
10月3日(水)に「大学の最先端設備の共用化事業」キックオフシンポジウムを開催いたします。
・日時:10月03日(水)14:00~17:15 (開場:13:30~)
・場所:北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科 講義棟1F 小ホール
・プログラム:※詳しくはこちらpdfをご覧ください
2012.8.27 更新しました。
2012.8.08 更新しました。
2012.8.03 2012年8月03日(金)発行の読売新聞(朝刊)に、北陸先端科学技術大学院大学は、分子科学研究所などと共同で応募した文部科学省 「ナノテクノロジープラットフォーム」事業に採択されたと発表した記事が掲載されました。
・発行:2012年8月03日(金)
・媒体名:読売新聞 朝刊
・掲載面:32面
・タイトル:『北陸先端大 ナノテク拠点』 文部科学省採択 分子・物質合成分野
2012.7.30 更新しました。
2012.7.25 更新しました。
2012.7.20 2012年7月14日(土)発行の北国新聞(朝刊)に、北陸先端科学技術大学院大学が、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業を開始した記事が掲載されました。
・発行:2012年7月14日(土)
・媒体名:北国新聞 朝刊 
・掲載面:28面 地方社会
・タイトル:『先端大のナノテク研究設備 他大学などに安価で提供』
2012.7.20 2012年7月14日(土)発行の北陸中日新聞(朝刊)に、北陸先端科学技術大学院大学が、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業に採択された記事が掲載されました。
・発行:2012年7月14日(土)
・媒体名:北陸中日新聞 朝刊 
・掲載面:16面 石川
・タイトル:『ナノテク設備を共有 文科省事業採択電子顕微鏡など 学外も研究に使用』
2012.7.13 研究員(パート研究員)募集のお知らせ 終了いたしました。
現在、当事業では、研究員(パート研究員)の募集をおこなっております。
2012.7.10 更新しました。
2012.7.09 更新しました。
2012.7.04 更新しました。
2012.7.02 ナノテクプラットフォーム分子・物質合成ホームページを公開しました。

Page Top ▲