成果報告


ナノプラット利用の成果報告(平成24年度~平成28年度)

「ナノテクノロジープラットフォーム」は文部科学省が国の事業として行うものであるため、利用の成果は公開が原則になっています。利用報告書は、編集不可・コピー不可・印刷不可となっております。

※ 公開猶予期間が終了した利用報告書は、公開されております。

タイトル  実施期間  掲載件数
 平成24年度 利用報告書  2012/7/1 - 2013/3/31  19
 平成25年度 利用報告書  2013/4/1 - 2014/3/31  52
 平成26年度 利用報告書  2014/4/1 - 2015/3/31  64
 平成27年度 利用報告書  2015/4/1 - 2016/3/31  49
 平成28年度 利用報告書  2016/4/1 - 2017/3/31  56

利用報告書提出 

 当事業では、「北陸先端科学技術大学院大学 分子・物質合成プラットフォーム利用内規」に従い、利用内容に対する報告書(利用報告書)の提出及び公開が必須となっております。年度末、当事務局より利用報告書( A4サイズ1ページ程度のword文章)の作成をメールで依頼します。 (※1課題番号につき、利用報告書(A4用紙1枚程度)の作成をお願いします。)

 年度を跨ぎ、半年・年間パスをご購入された方で、年度末(3月31日)までに日数を消化されていない場合についても利用報告書の提出は必要です。 但し、消化せずに残った日数については、次年度(4月初)から契約終了日まで持ち越すことができます。その場合は、次年度(4月初)から契約終了日まで期間に利用した日数分について、改めて報告書の提出が必要です。


利用報告書 書式のダウンロード User's report

JAPANESE

利用報告書

ENGLISH

利用報告書

公開猶予申請書兼承認書 書式のダウンロード Application form for the respite the release

当事業では,研究成果は原則『公開』ですが、特許出願や論文投稿などの理由で利用者が公開の延期を希望する場合は、成果の公開を最長2年間延期できます。公開の猶予の申請を希望する場合は、公開猶予申請書兼承認書をダウンロ-ドし、必要事項を記入し、添付して、JAIST PF運営委員会事務局宛て nano-net@jaist.ac.jp までご提出お願いします。


JAPANESE/ENGLISH

公開猶予申請書兼承認書

成果の外部への公表 書式のダウンロード Outputs related to experiment 

成果の外部への公表

利用報告書内に記載した5.論文・学会発表、6.関連特許についての詳細を,『成果の外部への発表』の該当する項目に記載し、添付して、JAIST PF運営委員会事務局宛て nano-net@jaist.ac.jp までご提出お願いします。

Page Top ▲