支援の概要

支援業務内容

以下の支援業務を行います。

分子・物質合成の支援

クリーンルームやドラフト等の設備を備えた化学実験室を所有しない企業・他大学の研究者・技術者を支援するため、JAISTの設備を公開して実験をサポートします。

試料の性状評価の支援・解析

専門知識と経験を持つ教員と技術職員が対応いたします。
ご利用いただける設備と装置の詳細は、こちらの設備・装置一覧のページをご覧ください。

ナノマテリアルテクノロジープログラムの開講

実習付講義であるプログラム専門科目のうち1科目2単位以上、授業科目のうち1科目2単位以上を含む、計4科目8単位以上を修得した者に対して、修了証書を発行します。

公開講座の開催

企業や公的機関の研究者向けに年1回(2-3日間)の公開講座を開催します。年度ごとに、NMR、質量分析、TEMなどのテーマを設け基礎と実習を学びます。

自主事業

包括契約・成果非公開の「JAIST独自の自主事業」があります。

支援フロー図

支援課題の選定の手順は以下のとおりです。

支援フロー図

  • 本学にない装置での支援をご希望の場合は、プラットフォーム内の他機関をご紹介いたします。
  • 守秘が必要な場合等は、有償の技術サービス(自主事業)を紹介する場合もございます。

Page Top ▲