本文へジャンプ

次世代スーパーコンピュータの基礎技術を
研究します

井口研究室 INOGUCHI Laboratory
教授:井口 寧(Inoguchi Yasushi)

E-mail:inoguchijaist.ac.jp
[研究分野]
超並列システム
[キーワード]
超並列アーキテクチャ、超並列処理、リコンフィギャラブルシステム、スーパーコンピュータ

研究を始めるのに必要な知識・能力

C 言語、VHDL など、どれか一つ得意なプログラミング言語があると望ましい。しかしながら、必須と言えるスキルは特にありません。新しいプログラミング言語や技術にチャレンジしても良いですし、自分の得意分野を踏まえて研究テーマを選んでも構いません。およそ半数くらいの学生さんは配属後に勉強し書けるようになっています。

この研究で身につく能力

設定する研究テーマにより、次の複数のスキルのうち一つ以上の能力が身につくと期待しています。

  1. 超並列システムの設計法 相互結合網やルーティングなど、次世代超高性能システムに必須な基礎知識
  2. 超並列システムの利用法 MPIやOpenMPなど超並列システムを効率良く利用するための利用技術
  3. GPUコンピューティングの基礎技術 GPGPUの利用法や高効率化手法など
  4. 論理回路設計法 FPGAやASICなどの回路設計スキルやその流れなどを習得します。
  5. 可視化手法 三次元可視化装置の利用方法やプログラミング方法など

【就職先企業・職種】 総合電機メーカー本社、大手通信関連企業、石川発祥の情報系中堅企業、クラウドベンチャー など

研究内容


作成した専用ASICの演算要素回路とチップレイアウト

我々の研究室では、主に超並列を中心に研究を行なっています。超並列とは、多数のプロセッシング要素を高速な相互結合網で結合し、大幅な処理の高速化を目指すシステムです。超並列研究にはさまざまな階層があり、LSI チップ内の演算器レベルの並列化、マイクロプロセッサ(CPU) を多数結合する超並列システム、広域に分散したサーバやワークステーションをソフトウェア的に巨大な仮想計算機として提供するGRID などが含まれ、これら超並列システムの構築手法や利用技術について幅広く研究を行なっています。

現在推進中のプロジェクト

1)「電力の地産地消を実現する電力スケジューリングの解明」
本提案では、再生可能エネルギーを電力として効率的に利用するため必要となる、超分散化された発電拠点や負荷機器の運転スケジューリングの問題に対し、グリッドやクラウドなど分散型計算機システムのタスクスケジューリング手法を電力制御に適用し、地域内での発電と消費をバランスさせるための、マイクログリッド向けの能動的な制御スキームを解明する。
2)「高精細音空間コンテンツのための主観的最適化音空間ディスプレイの研究開発」
専用ASIC によるアクセラレーションによるリアルタイム音響シミュレーションの可能性を探る。加減シフト演算のみの簡素な演算で音響をシミュ
レートできるDHM 法を各格子点で計算する専用ASIC を構築し、シミュレーションブロックとして結合することで任意の音空間シミュレーションを行う。
3)「ギガ帯域インターネットにおける電子指紋の超高速・高精度検出と超高速検索」
本研究では、インターネットに流通するmp3などの音楽ファイルをギガ帯域でリアルタイムに検出し、楽曲を特定・ライセンシングするために必要な、ハードウェア・サポートによる超高速電子指紋検出技術 およびその関連技術について研究する。

配属希望者へのメッセージ

本研究室では次の様な皆さんを歓迎します。

  • 次世代計算機システムのあり方を研究したい方( 超並列はその一手段)
  • 物理や音響などのシミュレーション手段として超並列システムやFPGAを極めたい方
  • 化学や物理など、非情報系の学部ながら、計算機システムに興味を持った方

当研究室は出身学部は問いません。 研究室配属後に、関連する講義を取るなど、必要な知識を身に付けて下さい。並列プログラムを書くのであれば、通常MPI ツールキットやOpenMP、CUDA プログラミングなど、FPGA 関連の研究であれば、VHDL やVerilogHDL の知識が必要になりますが、半数くらいの学生さんは配属時には全く初めてでも、配属後に勉強し書けるようになっています。
研究テーマの選び方は、研究室で行なっているプロジェクトに参加する方法、自分自身でテーマを選ぶ方法、どちらでも構いません。研究室で実施しているプロジェクトであれば、機材や予算、先輩の成果などを利用することができます。学部での勉強など、自分のバックグラウンドを活かして自分自身で研究テーマを設定することも可能です。

主な研究業績

  1. 荒木 光一,佐藤 幸紀,井口 寧,“FPGA ベース組み込み向けHW 開発における低消費電力指向の自動ハードウェアチューニング”,信学論 D, Vol. J98-D, No. 1, pp.182-192, Jan., 2015
  2. F.A. Faisal, M.M. Hafizur Rahman and Y. Inoguchi, “Dynamic Communication Performance of TTN with Uniform and Non-uniform
    Traffic Patterns Using Virtual Cut-Through Flow Control”,The 3rd Int. Conf. on Advanced Computer Science Applications and Technologies, IEEE, pp. 133-138, Amman, Jordan, Dec.,2014
  3. T. Yiyu et al., “Design and Implementation of a Two-dimensional Sound Field Solver Based on the Digital Huygens’Model” , Microprocessors and Microsystems, Elsevier, Vol. 38, No. 3, pp. 216-225, May., 2014

使用装置

超並列システム Cray XC30
GPU クラスタ
三次元可視化装置 CAVE
論理回路設計システム、回路デバッガ、ロジックアナライザ

研究室の指導方針

「プロフェッショナル」として通用する人材育成
自ら目標を設定し、解決のための道筋を構築し、提案し遂行し、一つの目標を完成させる力を身につけていただきたいと考えます。
今はスーパーコンピュータはもとより、PCやスマホでもマルチコア時代です。当研究室で身につけた並列処理技術や思考法を存分に活かし、社会に出たあと、様々な分野で新しいシステムの設計や開発、アプリケーションの開発などで主導的に活躍できる人材を育成することを目指します。

[研究室HP] URL:http://ino-www.jaist.ac.jp

ページの先頭へもどる