本文へジャンプ

安全な社会を支えるセキュリティ技術とセキュリティ人材

宮地研究室 MIYAJI Laboratory
教授:宮地 充子(Miyaji Atsuko)

E-mail:miyajijaist.ac.jp
[研究分野]
暗号基盤研究/セキュリティプロトコル/セキュリティモデリング
[キーワード]
サイバーセキュリティ、暗号、セキュアIoT機器、プライバシー、セキュリティ評価基準

研究を始めるのに必要な知識・能力

離散数学、ネットワーク、プログラミング、確率・統計のどれかを有すること。

この研究で身につく能力

修士課程・博士課程 ①暗号理論からセキュアクラウド、ビッグデータ等のセキュアアプリケーション実現に必要な知識。②セキュア情報システム、セキュアソフト・ハードの安全性・性能・リスクを分析できる能力。③日・英二か国語のコミュニケーション能力。④文書作成能力。⑤多国籍コミュニティでの渉外能力。⑥問題解決能力。⑦情報セキュリティ研究者・技術者としてリーダシップを発揮できる能力。⑧情報セキュリティに関わる新規課題を発見できる能力。

【就職先企業・職種】 メーカー、ICT分野など

研究内容

近年の社会の電子化の進展につれて、多様な応用システムが実現されています。電子カルテ、SNS、ツイッター等が電子化社会の新しい一形態です。これらが安全安心に運用されるには、情報セキュリティ技術は不可欠です。宮地研究室は、当初より情報セキュリティ技術の研究を進めており、特に核となる秘匿、完全性、可用性技術の研究と、その応用としてソフトウェアやセンサーネットワークのセキュリティ、プライバシー、セキュリティ評価基準の研究等を行っています。主な研究テーマは、暗号基盤研究、セキュリティプロトコル、セキュリティモデリングの3つであり、研究室のメンバが3チームに分かれ互いに関与しながら、幅広く最先端の研究を行っています。

1.暗号基盤研究

セキュリティに幅広く利用される暗号方式の研究や、すでに実用化中、あるいは標準化段階にあるセキュリティ技術の評価を行います。共通鍵暗号、公開鍵暗号、次世代公開鍵暗号(量子暗号)の理論安全性解析、消費電力等を利用した実用安全性解析への耐性手法の提案や効率的な暗号の構築など。

2.セキュリティプロトコル

社会システムの電子化におけるセキュリティの問題を暗号基盤研究等を応用し解決すると共に、構築したプロトコルにより従来にない高機能化やe‐ビジネスのブレークスルーを図ります。電子オークション、プライバシー保護、匿名署名システムなどの構築など。

3.セキュリティモデリング

ソフトウエア、ネットワークのセキュリティホールをモデル化し、そのモデルの安全性・効率性の評価を行います。耐タンパソフトウエア、DOS 攻撃に対するトレースバック、RFIDやセンサーネットワークのセキュリティ、車載システムの研究など。

主な研究業績

  1. 2014年 論文(4件) 国際会議(14件) 招待講演(4件) 国内学会(13件) 受賞(4件), “New Linear Correlations related to State Information of RC4 PRGA”, FSE 2015.
  2. 2013年 論文(3件) 国際会議(3件) 招待講演(4件) 国内学会(5件), “A fully-secure RFID authentication protocol from exact LPN assumption”, IEEE TrustCom’13.
  3. 2012年 学術論文(3件) 国際会議(6件) 招待講演(3件) 国内学会(5件) 受賞(2件), “How to Enhance the Security on the Least Signi cant Bit”, CANS 2012.

使用装置

学内のスーパーコンピュータ(Cray XC30)
学内のスーパーコンピュータ(SGI AltixUV1000)
ProLiant ML310e Gen8 v2
OptiPlex 9020(2JKTC02)
Z800(FF825AV) 他多数

研究室の指導方針

情報セキュリティ技術の基盤研究機関として、最新の研究成果と優れた研究開発者の輩出が運営方針です。研究で、理論研究のみならず実用化をターゲットにした企業との共同研究も行い、シーズ指向とニーズ指向の双方向から情報セキュリティ技術の発展に貢献します。人材育成では、セキュリティ全般の知識と、問題解決能力、プレゼンテーション能力を育成します。研究活動の活性化のために、企業や大学で活躍されている研究者を招いて外部講演会を開催し、ホットな話題の学生への提供により、見聞を広め、講演者を囲んだ懇親会では著名な方との交流を深めます。社会との接触の機会を増やすために、宮地研が主体のセキュリティ研究会の開催も行います。

[研究室HP] URL:http://grampus.jaist.ac.jp/miyaji-lab/index-jp.html

ページの先頭へもどる