高信頼ネットワークイノベーションセンター
Dependable Network Innovation Center

※2011年度(平成23年度)、インターネット研究センターから改称

概要

設置目的

高信頼かつ高機能な情報通信ネットワークシステムの研究開発および人材育成を通して社会に貢献する。

活動内容

社会インフラとしての地位を確立したインターネットに代表される各種情報通信ネットワークシステムの信頼性を高め、 安心で安全かつ高機能な情報通信ネットワークシステムの実現に関し、 その技術的な研究開発のみならず、 高度IT 化社会において要求される人材育成や社会システムのあり方に関する研究を実施する。

活動計画

基幹研究を、サイバー・フィジカルシステム、新世代ネットワークシステム、 サイバーセキュリティ、人材・社会戦略の4 分野に分け、 情報科学研究科の教員を中心に情報社会基盤研究センターおよび大学院教育イニシアティブセンターと協力して、 それぞれの分野の研究を実施する。 また、情報通信研究機構とは、 北陸 StarBED 技術センター およびJGN-Xプロジェクトの分野でさらに密接な協調活動を図る。

構成員

センター長 篠田 陽一 教授
基幹研究員 丹    康雄 教授
島田 淳一 特任教授
宮川    晋 客員教授
長    健二朗 客員教授
LIM, Azman Osman 准教授
知念 賢一 特任准教授
宇多    仁 助教
研 究 員 高野 祐輝
Nguyen Hoai Son
Latt Khin Thida
KIM, Junsoo
プロジェクト
研究員
三輪 信介
太田 悟史
BEURAN, Razvan Florin
宮地 利幸
中井    浩
牧野 義樹
小森 憲明
下口 宗裕
研究補助員 徳山 綾子

主要成果

  1. StarBED プロジェクトにより、従来は実証的に行うことが非現実的であった、 大規模で複雑なネットワークシステムの性能予測や評価を可能にする、 汎用インターネットシミュレータを開発した。 また、それらの技術をユビキタスネットワークシステムにも適用可能とした。 これにより以下の新しい技術を利用可能にした。
  2. JGN2 プロジェクトにおいて、 新世代ネットワーク時代に向けた新しいインターネットワーキング・アーキテクチャに関する基礎研究を推進すると同時に、 北陸地域の研究活動や利活用の促進に貢献した。

関連組織


Last modified: 2011/10/19.