アクティビティ Activity

平成28年度春季グループ副テーマ研究(教員提案型)報告会

平成28年度春季グループ副テーマ研究(教員提案型)報告会

教員が夏休み前に提示した7つのテーマに取り組んだ学生チームの研究・活動の報告会を開催しました。

今回のグループ副テーマ研究(教員提案型)は、学生諸君のイノベーション創出能力を高めることを念頭に置いてテーマ選定し、活動の進め方を指示しました。特に「探索的調査」に重点を置き、事前のワークショップなどを通じて伝えるとともに、その方法を学んでもらいました。つまり、与えられた課題に取り組むのではなく、大きな漠然とした問題意識の中で、何を取り組むべき課題とすべきなのか(課題となりうるのか)を社会を探索して見つけ出し、チーム内の合意形成をしていくことが、これからの社会をより良いものへ変革するリーダーシップをとるために必須だからです。 
※リーダーシップとは、いわゆるリーダーにとって必要な能力や性質だけを指すものではありません。

今回提示したテーマのほとんどは、いま日本社会が抱えている大問題です。
こうした問題に対しても臆さず取り組んだことは評価に値します。マスコミや誰かが主張する解決策へ盲目的・自動的に飛びつくのではなく、自分の頭と身体を使って調査し(一部批判的に)考えることによって、チームが納得できる課題の策定と解決策が得られます。

こうした過程を経て出されたチームの結論は、他者の観点にさらされることで、より強靭な内容に洗練されます。それがこの報告会の場です。したがって、報告会で得られた参加者からの意見や評価は、各チームの成果を更に高めるための貴重な情報です。学生の皆さんは、この場で得た情報を各チームで議論し、活動を内省する機会を持ってください。今後の主テーマ研究活動や、もちろん修了後の活動に生きてくると思います。

 


L1.jpgL2.jpgL3.jpg