カリキュラム

人間力・創出力イノベーション論

Innovation Theory and Methodology for Total Capability Development

JAISTの全ての学生を対象として、
イノベーション創出のための知識・技術・マインドを身に付けた、
産業界で渇望される人材を育成する教育システムを構築しています。
修了後に実社会で活躍できる、イノベーション創出のための知識・スキル・マインドを身に付けた人材を育成することをねらいとしています。

「人間力・創出力イノベーション論」は、
全学生が入学直後に受講する必修講義で、JAIST独自の知識科学的イノベーションデザイン教育の中核を成しています。
本必修講義は、イノベーション創出の知識・マインドを身に付ける講義部分と、
実践方法の基本を理解して体得するグループワーク演習部分から構成されています。
グループワーク演習では、知識科学の方法論の一つであるロードマッピングの演習を行います。
演習では、知識科学系・情報科学系・マテリアル科学系の区別や、日本人と留学生の区別を越えた混成チームで、コラボレーションを通してイノベーションを生み出す体験をします。
受講により、次のような知識・スキル・マインドを身に付けることができます。

 

シラバス Syllabus