menu

各種サーバ利用時のユーザーのデータ

各ユーザのデータは情報社会基盤研究センターで運用しているファイルサーバに保存されます。

高速、大容量、高信頼性のNFS,CIFSサーバ上に保存されていますので、下記のメリットがあります。

  • 内蔵ハードディスクドライブに保存した場合と違い、ハードウェアの障害でデータを失う可能性が低いです。
  • 定期的にバックアップを取っており、ユーザ自身が面倒なバックアップ作業を行う必要がありません。また、ユーザが誤ってデータを消してしまった場合にそのバックアップから復旧することも可能です。
  • どのRedhatワークステーションやWindows仮想デスクトップからもホームディレクトリのデータにアクセスできるので、学内に設置しているどの端末でも利用することが可能です。
  • Linux,Windowsそれぞれのホームディレクトリが同一のファイルサーバ上にあり、それぞれのデータへのアクセスが容易です。

 

JAISTクラウドデスクトップ(Windows)を使用する際は、ファイルの保存先をCドライブ(C:\Users\ユーザ名\Desktop等)にせず、普通にデスクトップやドキュメントフォルダに置くようにしてください。そうしないと正しくファイルサーバにデータが保存されず、ファイルが消失してしまう場合があります。

「ホームディレクトリ」とは?

ホームディレクトリはRedhatワークステーション,Windows仮想デスクトップを利用した時にユーザの様々なデータが保存されるディレクトリ(フォルダ)の事です。
本学では以下のディレクトリをホームとしてファイルサーバ上に格納しています。

Unix:~username

Windows:デスクトップ,マイドキュメント

以下に,WindowsPCからホームディレクトリにアクセスする例を紹介します.

ホームディレクトリにアクセスするとできること

個人のPCなどから、ファイルサーバにある自分のホームディレクトリにアクセスすることができます。

アクセスすると、学内の各種サーバで利用しているファイルなどにアクセスができます。

仮想デスクトップ環境のマイドキュメントやデスクトップに保存されているファイルにもアクセスできます。

ホームディレクトリにアクセスする方法

1.最初に自分のホームディレクトリのパスを確認します。

  Windows仮想デスクトップにログインします。

  デスクトップにあるフォルダもしくはファイルを選択、右クリックし、「プロパティ」を開きます。 
  全般タブの「場所」に書かれている部分がアクセス先のpathになります。 

  例えば、「\\tmpusers\testusers\sentan24\.windows\Desktop」だった場合、

  • Windowsから見たUNIX上のホームディレクトリは、"\\tmpusers\testusers\sentan24"

  • Windows上のディレクトリは、"\\tmpusers\testusrs\sentan24\.windows"

  になります。

2. ファイルサーバに接続します。ここからの手順は、WindowsとMacで異なります。


(Windows環境の場合)

個人用PC等の端末から、先ほどのフォルダ(この場合はマイ ドキュメント)を開きます。

そしてエクスプローラを開き、アドレスバーに先ほどのパスを入力して下さい。

資格情報の入力画面が出たら、ユーザ名とパスワードを入力して下さい。ユーザ名は

”AD\ユーザ名”

になります。ユーザ認証が済めば、アクセス先のフォルダ内が表示されます。

(Mac OS環境の場合)

 

Finderのメニューから、"移動" -> "サーバへ接続" を 開き、サーバアドレスの部分に、 先ほどのパスを入力して接続して下さい。

<例> smb://tmpusers/tmpusers/sentan24/Desktop 
    (または、smb://tmpusers.jaist.ac.jp/tmpusers/sentan24/Desktop)

 

ユーザ名、パスワードを聞かれた場合は、


ユーザ名:ad\ユーザ名

パスワード:パスワード(メールサービス、Windowsサービス等の利用時のもの)

 

を入力してください。