menu

はじめに

仮想デスクトップ環境(Windows)とは、基盤センターが提供するWindowsの仮想デスクトップ環境です。まるで手元にあるパソコンのように、Windowsのデスクトップ環境がご利用いただけます。

仮想デスクトップ環境は、センターが配布するシンクライアント端末や個人のPC,、タブレットなどから、いつでも自由に利用できます。バージョンは、Windows 7 もしくは 8 を選択して利用できます。

この仮想デスクトップ環境は、基盤センターによって集中管理されており、自動的にバックアップも保存されています。また、研究に便利なアプリケーションがプリインストールされています。

ぜひご活用ください。

仮想デスクトップ環境の利用ガイド

ここでは、基盤センターが提供するWindows仮想デスクトップ環境の利用方法を簡単にご説明します。

シンクライアントのほか,お手元のPCやMac, iOSやAndroid等からVMWare Horizon View Clientを利用して接続できます。

1. シンクライアントから接続する

シンクライアントの電源を入れ,起動します.起動後は,図のデスクトップ画面が表示されます.

接続先サーバとして“ts-portal.jaist.ac.jp”が表示されていますのでそれを選択して下さい.

接続先サーバを選択すると,ログイン画面が表示されます.

JAISTでご利用のユーザ名(s + 学籍番号など)とパスワードを入力し,ログインしてください.ド

メインは“AD”のままです.

ログインが完了すると,利用可能なOSが表示されます.

図はその一例です.

利用する環境を選択すると,デスクトップが表示されます

これで接続は完了です.


※ 下記のような画面が表示されずに「システムを使用する資格を付与されていません。」というメッセージが表示された場合は,情報社会基盤研究センター(E-mail: isc-query@jaist.ac.jp)までご連絡下さい.(ただし、事務職員で事務系TSを利用している方は除く.2014/11)

ログインが完了すると、図のようにデスクトップ環境が表示されます。

2. その他の端末から接続する


JAISTクラウドデスクトップは,シンクライアント以外にもMac, Linux, iPad, Androidなど様々なデバイスから利用が可能です.ここでは,その接続方法と準備についてを説明します.

2-a. Horizon View Clientのインストール

 

接続アプリケーションであるHorizon View ClientをVMware社のダウンロードサイトからダウンロードし、インストールしてください.

* インストーラが見つからない場合は検索窓にHorizon View Clientと入力してください
⋆ ダウンロードできない場合には左上に表示される国をアメリカ(United States)に変更してから再度上記URLにアクセスしてみてください。

2-b. 接続のための設定をする

インストールされた"VMware Horizon View Client"を起動し、接続サーバとして”ts-portal.jaist.ac.jp”を追加してください.

1.プログラムを起動する

2.接続先サーバのアドレスを入力する.

3.ユーザ認証を行う.

ここで入力するユーザ名とパスワードは,JAISTのネットワークサービス(Webメールサービス)と共通のものです.

4.利用するデスクトップ環境を選択してください

3. 作業を終了するときには

スタートメニューから,シャットダウンもしくはログオフを選択してください.ビューワが終了されます.

その後,VMWare Horizon View Clientを切断してください.