menu

ユーザアカウントの申請について

このページでは,ユーザアカウントの申請についてご紹介しています.

ユーザアカウントは,JAISTへの短期滞在者,共同研究者,学生のどの場合も取り扱いが異なります.特に,ユーザアカウントの定期的な申請が必要な場合もありますので,よくご確認の上,申請をお願いします.

※共同研究者や卒業生等,本学に籍が無い場合 本学の教育研究活動に対する支障が無い範囲でご利用下さい.

 

短期滞在研究者の場合(客員研究員など)

アカウントの有効期間は,原則として研究者の滞在期間中に限られます.
延長を申請される場合は,延長期間を明記の上,受け入れ教員を通じて申請して下さい.
延長期間は,原則として1年以内としますが,更に延長が必要であれば延長の更新申請を毎年行なって下さい.
初期パスワードは後日紙でお渡し致しますので,初期パスワードを短期滞在研究者にお渡しした後,
すぐに変更するようにお願い致します.

 

派遣型共同研究者の場合

申請は,派遣研究者の所属,滞在期間を明記の上,研究協力課を通して行なって下さい.受け入れ教員が申請しても構いません.
初期パスワードは後日紙でお渡し致しますので,初期パスワードを受け取ったらすぐに変更するようにお願い致します.
アカウントの有効期間は,原則として共同研究の期間中に限られます.研究の遂行上,止むを得ない場合は延長を考慮致しますが,その際には,延長期間を明記の上,受け入れ教員を通じて申請して下さい.また,延長期間は原則として1年以内としますが,更に延長が必要であれば延長の更新申請を毎年行なって下さい.

 

分担型共同研究者の場合,およびその他の学外共同研究者の場合

分担型の共同研究や本学と共同研究契約を締結していない場合など,本学に籍がない学外の共同研究者の場合,原則としてアカウントは発行できません
しかしながら,研究の遂行上どうしても必要だと認められる場合に限り,権限を必要最小限に制限したアカウントを発行致しますので,アカウントが必要な理由,共同研究の相手方の所属,有効期間を明記の上,受け入れ教員が申請して下さい.事務局を通しても構いません.

アカウント発行の際の注意事項:
この場合,相手方共同研究者は学外に居ながら,本学情報環境のファイヤーウォールの中で通用するアカウントとなります.
セキュリティに十分注意を払うとともに,本学情報環境の利用ルールなどを責任を持って相手方共同研究者に周知するようお願い致します.
ファイヤーウォールの設定は学外からはできませんので,相手方研究者と相談し利用するプロトコル(S/Keyやsshなど)に応じて受け入れ教員が行なって下さい.

初期パスワードは後日紙でお渡し致しますので,初期パスワードを相手方にお渡しした後,すぐに変更するようにお願い致します.
また,相手方共同研究者が複数人の場合は,人数分のアカウントを発行しますので, 1つのアカウントを複数人で使い回すことは避けるようにお願いします.
アカウントの有効期間延長を申請される場合は,延長期間を明記の上受け入れ教員を通じて申請して下さい.有効期間や延長期間は,原則として1年以内としますが,更に延長が必要であれば毎年延長の更新申請を行なって下さい.

 

学生の場合

アカウントは教務係の依頼に基づき作成されます。
初期パスワードは紙でお渡し致しますので,初期パスワードを受け取ったらすぐに適切なパスワードに変更するようにお願い致します.
有効期間は,原則として在籍期間ですが,研究の継続性サポートのため,卒業後もしばらくの間利用できるようにしております.(卒業時期等にもよりますが,通常3ヶ月程度).この期間中に研究に必要なファイルの移管などを行なわれることを期待しますが,延長が必要な場合は, 延長期間を明記の上指導教員を通じて申請して下さい.延長期間は原則として1年以内としますが,更に延長が必要な場合は延長申請を毎年行なって下さい.申請が出されていない場合は,本学のセキュリティ保持のためアカウントを削除致します.  

 

教職員の場合

アカウントは人事係の依頼に基づき作成されます.
着任時に担当係(所属毎に異なる)から初期パスワードを紙でお渡し致しますので,初期パスワードを受け取ったらすぐに適切なパスワードに変更するようにお願い致します.着任以前に前もってアカウントが必要な場合も,人事係を通してご依頼下さいますよう,お願い致します.
有効期間は,原則として在任期間ですが,在任期間後アカウントの有効期間延長が必要な場合は,当センターまでご相談下さい.