menu

独自サーバを利用する場合の手続き

独自ドメインを利用する場合やWebサイトの用途の都合,提供しているライブラリバージョン等の技術上の理由から本学Webサーバの仕様がサイトの設計上に不都合な場合,ユーザ自身で別途Webサーバを構築してWebサービスを行うことも可能です.

このページでは,独自にWebサーバを用意される際に必要となる情報をご提供しています.

 

独自サーバの設置場所

研究室などの基盤センター以外の場所で学内にWebサーバを構築し,webサービスを実行することが可能です.

Webサービスを実行される際は,情報社会基盤研究センターへの申請およびサーバのセキュリティチェックが必要です.

独自サーバを用意した場合のアドレス

独自のWebサーバを用意された場合には,以下のようなURLが利用可能です.

 

(例)PROJECTNAMEというサブドメインを設定した場合

PROJECTNAME.jaist.ac.jp/index.html ......

独自サーバのご利用に必要な申請と手順


学内での独自Webサーバ運用に関する手続きは以下のような流れになります.

  1. ネットワーク接続申請書の提出
  2. Webサーバ構築
  3. 情報セキュリティポリシー適用除外申請書の提出(学外から学内へポートを開けるため.)
  4. 申請に基づいた審査(最短でも数日かかります)
  5. セキュリティチェック(センターの専用機を用いて,申請されたWebサーバに対するセキュリティチェックを行います.)

独自ドメインをご利用になる場合は・・・

以下のようなURLを利用したい場合は, ご自身でドメインを取得してDNSに登録する必要があります.

 

www.CONFERENCE-NAME.xxx/index.html