menu

個人用Webサイトの公開とアドレス

学内ユーザは本学webサーバ上に以下のようなURLの個人用Webサイトを作成/公開することができます. 

URL例: www.jaist.ac.jp/~USERNAME

ユーザ登録

本学のWebサーバを利用してWebサイトを公開するには,ユーザ登録が必要です.

こちらからユーザ登録を行ってください.

ファイルのアップロード

www.jaist.ac.jpでWebページを公開するには, 作成したコンテンツ(HTMLファイル,画像ファイル等)を www.jaist.ac.jpにアップロードする必要があります.

アップロード先は以下になります.

  • サーバ名:www.jaist.ac.jp
  • ユーザ名:自分のUserID
  • パスワード:日頃お使いのパスワードを入力(2009/11末のサーバリプレース後、ldapと同期しております。)
  • コンテンツ設置パス: /home/USERNAME/public_html (~/public_html/とも記述可)

例えば、/home/USERNAME/public_html/sample.html のように置かれたファイルは、 以下のURLで公開されます.

 

www.jaist.ac.jp/~USERNAME/sample.html

ファイルのアップロード

ファイルをアップロードする具体的な方法は以下をご覧ください.

  • PCを利用する

    ファイル転送用ソフトウェアをご利用いただくのが簡単です.
    Fetch (Mac)、 WinSCP (Win)、 FFFTP (Win)、 等いろいろなソフトウェアがあります.

    設定方法等はソフトウェアによって多少違いますので、 使用するソフトウェアのドキュメントや WEBの検索等でご確認ください。

  • ワークステーションを利用する
    • コンテンツの動作チェック
      emacs等のエディタを使用してHTMLファイルを作成したら、まず ~/public_html/ 以下に置くのがよいでしょう。ここに置かれたものは http://www2.jaist.ac.jp/~ユーザ名/ で確認できます。 確認して、これでO.K.と思ったら、作成したHTMLファイル等を www.jaist.ac.jp へアップロードします。

    • アップロード
      • ftp , scp :
        www.jaist.ac.jp の所定のディレクトリに転送してください. パスワードはwww.jaist.ac.jp 用に上記フォームから登録したものです.
      • rsync:
        上記ftp,scpでは転送するファイルが多い場合に不便です.ここでは rsync を用いてアップロードする方法を説明します。

      1. ワークステーションの ~/public_html/index.html を www.jaist.ac.jp の ~/public_html に転送する場合

        rsync -e ssh -av ~/public_html/index.html www:~/public_html

        実行時にパスワードの入力を求められたら www.jaist.ac.jp用のパスワードを入力します。

      2. ワークステーションの ~/public_html 以下の内容を www.jaist.ac.jpの ~/public_html 以下に転送する場合

        rsync -e ssh -av ~/public_html www:~/

        「転送元のディレクトリ」「転送先のホスト:親ディレクトリ」の順に指定します。

      3. 2.の状況で、ワークステーション側のファイルより、 www.jaist.ac.jpに存在するファイルの方が新しい場合には転送しない場合

        rsync -e ssh -auv ~/public_html www:~/

      4. 2.の状況で、www.jaist.ac.jp のファイルのうち、ワークステーション側に存在しないものを削除する場合 (www.jaist.ac.jp側にある、CGIのデータファイル等を誤って消さないように注意してください)

        rsync -e ssh -auv --delete ~/public_html www:~/

なお,www.jaist.ac.jpにログインして,直接ファイルを編集することも可能です.

CGIのご利用

perl(5.8.7)がご利用いただけます.

  • Perlパス:/usr/local/bin/perl
  • 設置位置:ご自分のWebディレクトリ以下にcgi-binディレクトリを作成し,perlスクリプトを設置してください.
    例:/home/s0910000/public_html/cgi-bin)