研究科概要

知識科学研究科は、 個人・組織・社会・自然の営みとしての「知識創造」という視点から、 人文学・社会科学・認知科学・情報科学・自然科学・システム科学分野の諸学問を再編・融合する教育研究体制を整備しながら「知識とは何か?」「知識はいかに創られるか?」を探求すると同時に、問題を発見・解決して新しい技術・組織・社会イノベーションを構想・実現する能力を持つ人材、すなわち2 1 世紀の「知識社会のパイオニア」を養成することを目標としています。この目標の実現に向けて、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の第3番目の研究科として「知識科学研究科」が設置され、平成10年4月に学生受入れを開始しました。

 

知識科学とは?

知識科学研究科は「知識」をテーマとして設立された世界で初めての研究・教育機関です。社会科学的観点から組織における知識の形成と伝達過程を研究したり、認知科学的視点からグループでの意思決定を調べてグループウェアなど知識創造を支援する情報システムを構築したり、複雑系や遺伝子情報の研究を通して知の本質を解明しようとしています。「知識」という新しい視点で、既存の学問領域に囚われることなく、自由に、あらゆる手段を使って様々な問題に取り組んでいます。これから社会が進んでいくべき方向を考える上で、「知識」が非常に重要なコンセプトであることは明らかでしょう。しかし、その一方で「知識とは何か」、「知識は何の役に立つのか」、「いかにして知識を創り出せるのか」といった重要な問題については、ほとんど何もわかっていません。このような状況を打破し、「知識」を中心に据えて未来を考えていく、それが我々の姿勢です。

 

研究科設置の背景
―知識社会のパイオニア養成―

21世紀は、「知識」が、生産、商品流通などの経済活動をはじめ、さまざまな社会的活動の中心となる時代、すなわち「知識社会」の時代であるといわれています。実際に、最近のインターネットの普及やバーチャルコーポレーションの登場、知的所有権への関心の高まりなどに見られるように、知識の生産やイノベーションに高い価値が与えられ、いわば「知識創造」を核とする社会システム全般の大変革が世界的に起きています。

一方、科学技術それ自体が、これまでの歴史の中でターニングポイントを迎えています。高度化した科学技術が、極端に細分化・専門化したため、現実社会で発生する大規模で複雑な問題への対応が難しくなっており、「徹底した要素への分割」を基本とする近代科学の限界が指摘されています。いまや、こうした閉塞状況を打ち破り、社会発展への道筋を示す新しいパラダイムの出現が待望されているのです。

このような時代にあって、近代科学的手法の限界を超えて「知識社会」のニーズに応える理論や技術の創造と新しいタイプの人材の養成が求められますが、残念ながらこうした教育・研究を本格的に行う組織はこれまでありませんでした。新しい時代はすでに始まっており、もはや一刻の猶予も許されません。

人類の存続とさらなる発展を目指すためには、人間の思考や感性・行動などを踏まえて理工系と人文社会系の「知」の再編と融合を図り、新しい知の体系「知識科学」を確立すること、また同時に、これを基盤として、理系・文系の枠を超えた幅広い知識、自由な発想と総合的判断力、深い洞察力やシステム思考の能力を有し、「知識創造」の担い手となる人材、すなわち「知識社会のパイオニア」を組織的に養成することがぜひ必要です。

以上のような時代背景と問題意識により、世界でも類を見ない「知識科学研究科」が生まれました。われわれは、「人間・社会・自然と科学技術との調和」を目指して、「知」の理論と実践がスパイラル状に発展していく新しい学問を構築したいと考えます。人類の未来を「知識創造」によって切り拓く志のある人々がこの研究科の門をたたくことを心より待っています。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena