山口 政之 研究室

山口 政之 教授

物質化学領域
山口研究室 山口 政之 教授

レオロジーを駆使した、
先端高分子材料の創製

私たちの研究室は、レオロジーによる新規材料の創製に取り組んでいます。レオロジーとは物質の変形や流動を探索する分野であり、その対象は、プラスチック、繊維、ゴム、塗料などのポリマー材料、食品、化粧品など広範囲に及びます。私たちの主な研究を以下に紹介します。

分子配向制御による高性能ポリマー

高分子材料の高性能化をテーマに、分子配向の制御について研究しています。高分子材料は、流動プロセスを経て成形体に加工されますが、流動場では抵抗を少なくするために分子鎖は流動方向に配向します。
これに対し、私たちは、流動方向と垂直方向に分子を配向させる技術を開発しました。本技術で得られる材料はユニークな特性を有します。とくに、延伸方向によって数多くのミクロボイドを形成することから、微多孔質フィルムへの応用が期待できます。
また、この技術を利用することで、表面と内部で分子の配向方向が直交する「ベニヤ板構造」の成形体を得ることにも成功しています。この材料は強度向上のみならず、破損後の形状も制御可能になることから、安全性を要する分野での使用に適しています。
このほか、不透明な結晶性高分子を高透明にする方法、ポリ乳酸の耐熱性や耐破壊靭性を飛躍的に向上させる技術も確立しています。

低分子化合物による高性能・高機能化

高分子化合物と低分子液体の混合による新規機能性材料の創出にも取り組んでいます。液体には長距離秩序がなく、分子個々の異方性をバルク材料では発現させることができません。私たちは、高分子化合物中に低分子液体を分散させ、高分子の配向によって液体分子を配向させることで、液体分子の異方性を利用する技術を確立しました。液体分子は無尽蔵にあり、新材料への応用も無限です。私たちは、本技術により3Dディスプレイや有機ELディスプレイに必要な光学フィルムを設計しています。
さらに、ポリマー分子鎖の隙間を低分子液体で埋めることにより、剛性の向上と熱膨張の抑制を実現した透明プラスチックの設計や、圧力を受けても画像が乱れない液晶ディスプレイ用フィルムへの応用を進めています。また、非相溶なポリマーブレンドを用い、異種ポリマー間を低分子液体やナノ粒子が移動する現象についても基礎研究と応用提案を行っています。

山口研究室は…

最後に、山口研究室の特徴をいくつか紹介しましょう。
私たちの研究は、企業ニーズに比較的近い研究を手がけることが可能なため、多くの企業と共同研究を行っています。これに参加する学生も多く、彼らは社会と接触する機会に恵まれ、おのずと社会性を身に付けていきます。就職についても、面接練習や研究概要の書き方など、就活への手厚いサポートに努めています。
また、学生には積極的に国際学会へのデビューを奨めています。これまでに、10人以上の学生が国際学会の賞を受けています。そのうちの約半数が日本人の修士課程学生です。
学生たちが学業だけでなく、学生生活を謳歌しているのも、本研究室の個性でしょう。夏は近隣の観光地、冬はスキーに1泊旅行に出かけるのが恒例となっており、和気藹々とした時間を楽しみます。
レオロジーは様々な分野出身の方が参画できる領域です。興味を持たれた方は、ぜひ、研究室を訪ねてみてください。

金子研究室の紹介

地球環境を守り、社会の多分野で役立つ、高性能エコマテリアルを創出する

×