北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系物質化学領域 松村和明研究室 Weblog

松村和明研究室HOMEへ戻る > Weblog TOP

Mark論文表紙掲載(selected as a journal cover)

修了生のEsha Dasさんの論文が、雑誌のカバーイラストに
選ばれました!
雑誌の表紙です。

分子内にプラスとマイナスの電荷を持った両性電解質高分子
である、カルボキシル化ポリリジンが、水溶液中で液-液相分離を
起こすことを報告し、その挙動が、高分子濃度、分子の疎水性、
溶液の塩濃度などのより制御可能であることを示しました。
また、架橋を加えてハイドロゲルとすることで、温度応答性の
体積相転移も起こる事を示しました。
今回の温度応答性は、LCSTとよばれる、温度を上げると相分離が起こる
挙動であり、水分子の脱水和が関係しているため、一般的には
親水性と疎水性のバランスが重要です。今回は、さらに電荷による
静電的相互作用も大きく関与している興味深い挙動が見られました。
写真は、高分子水溶液が相分離を起こして、液滴(コアセルベート)
となっているところの顕微鏡写真です。今回はかなり基礎的な
内容ですが、表紙に選んで頂けて喜ばしく思っています。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Markタイ出張

先日、タイに出張してきました。
今回は、本学がデュアルプログラムを締結している
タマサート大学とチュラロンコン大学を訪問し、学生募集のための
研究科紹介を行うことが目的です。
どちらの大学でも多くの学生さんが、興味を持って話を聞いて
くれました。
当研究室にもこれまで3人の学生(Phinさん、Punnidaさん、Arm君)
がこのプログラムを通して参加してくれています。
是非今後もやる気あふれる学生さんが、沢山参加してくれることを
大いに期待しています。

説明の様子です
タマサート大でJAISTの紹介をしています。

チュラロンコンのみんなと
チュラロンコン大の先生方、学生さんと食事をしました。
Punnidaさんも元気です。

山口研と合同の同窓会です
今回同行した山口先生の研究室の卒業生が集まってくれました。
うちからは、PhinさんとPunnidaさんが来てくれました。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Event | comments (0) | trackbacks (0)

Markトランクルーム(学生単身寮)

石川は雪が降りそうで降らないここ最近です。
あられは何度か見ているので、もうすぐな気がするのですが...

今日は松村先生とほとんどの学生が学会に行ったため
とても静かな研究室でした。

去年まで北陸バイマテは、先生以外学生は日帰りだったんですが
今年はみんな泊まりで行ってて寂しいです。
今頃、新潟でおいしいお酒でも楽しんでいるころでしょうか。
冬は熱燗で日本酒飲みたいですねー。弱いんですが、好きです。


さて、居残り組の私は、雪が降っても大丈夫な冬物衣服を
トランクルームから自室に移動させたので、トランクルームのことを書きたいと思います。


JAISTにはいくつか寮の種類があって(参考公式ページ)、私は学生単身寮に住んでいます。
多分、日本人学生の大半は、JAISTに来たら私と同じように学生単身寮に住むことになるかと思います。
(最近はどうも近隣アパートに住む人も増えてきているようなので、一概には言えませんが...)

寮は安いし研究室に近く、とても便利なのですが
いかんせん狭いのが難点です...
(あと階段しかないので上層階になると大きい荷物があるときはちょっと大変。。)

そこで、私のように荷物の多い学生が助けられているのが、トランクルームです。
各階にあり、季節外の衣服などを置いておくことができます。
JAISTの公式ページを探したら、学内専用ページでしたが

"居室に入りきらない荷物、定期的・季節的にしか使わない物(扇風機、暖房器具、スキー・スノーボードなど)または不要になった物を一時的に保管しておくことができます。"

とありました。
中はこんな感じで棚が置いてあり、各自荷物に許可書を貼り付けて保管しています。
時期やその時同じフロアに住んでいるメンバーによって、混んでるときも空いてるときもある印象です。


トランクルームの写真です


事務室の空いている時間ならいつでも鍵を借りて出し入れできます。

ずいぶんと昔に、初めて大学の見学に来たときは
この広さの部屋でどうやって生活すればいいのだろう
と絶望しましたが、案外何とかなるものです。


お風呂も共用ですが一般家庭にあるようなお風呂で、しっかり足も延ばせて
(私の実家のお風呂より広いです...)
石川の気候に合わせてか、洗濯機だけでなく乾燥機も無料で完備されているので
各自の部屋でお湯さえ出れば、もっとお勧めできるんですが...


JAISTに入学予定の皆さま、節約したい方は特に
独身寮も候補に考えてみられるといいかもです!


ちなみに、スタッドレスタイヤはまた別に預けられる倉庫があるようですが
そちらは使っていないので詳細不明です。。



JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (1) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.11

松村研の卒業生のEsha Dasさんの論文が
Journal of Polymer Science PartA Polmyer Chemistry
に受理されました。
Tunable phase-separation behavior of thermoresponsive
polyampholytes through molecular design


journal coverです
GAです

カルボキシル基を導入したポリリジンが、温度依存性の液液相分離
挙動を示すことを報告しました。この相分離は、ポリマー濃度、塩濃度、
疎水性の側鎖に大きく依存したLSCT挙動を示しました。
つまり、温度を上げると濃い濃度相と薄い濃度相に相分離するのですが、
そのポリマー間の相互作用が静電的相互作用である点が興味深い所です。
PNIPAMなどのようにLCSTを示すポリマーは多数報告されていますが、
両性電解質高分子が、その分子内および分子間での静電的相互作用
により相分離を示すことはあまり報告されていません。
この論文では、さらにこの高分子をゲル化させることで温度応答性の
ゲルへの応用も示しました。
卒業から3年目と時間がかかってしまいましたが、ようやくデータが
日の目を見ることとなってほっとしました。


JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark予備審査

先日、阪口の博士学位論文予備審査会がありました。
朝10時~12時までみっちり2時間、非公開で行われます。

非公開なので、先生方5人と私1人、このような小さい教室でした。

予備審の写真です



どのような内容だったかはさておき...



JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (0) | trackbacks (0)

MarkArm君 M2(2016.10-)

この10月からタイのチュラロンコン大学とのデュアルプログラムで
入学したArm君(Nathapong Pangkom君)です。

1年と短い間ですが、頑張りましょう!

Arm君です
M2 Nathapong Pangkom
Thermo-responsibility of polyampholytes and
preparation of their micro-hydrogel

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Members | comments (0) | trackbacks (0)

MarkMonikaが高分子学会北陸支部研究発表会で優秀発表賞受賞

D3のMonikaさんが、11/12-13に福井大学で行われた
第65回高分子学会北陸支部研究発表会において、
優秀発表賞を受賞しました。
Congratulation, Monika!

発表内容は、複数の両親媒性のブロックポリペプチドミセルから
なる混合ミセルハイドロゲルに封入した複数の薬物の徐放挙動を
独立に制御できる、デュアルドラッグデリバリーシステムの
開発に関するものです。
pHなどの外部刺激や架橋剤濃度、組成により、放出する薬物の
スイッチングも可能な新しいシステムを提唱しています。

Monikaの写真です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
News | comments (0) | trackbacks (0)

Mark中間発表でした。

毎年、5月頃に行われている修士の中間発表会ですが
今年は、就職活動の兼ね合い(?)で松村研のM2は、二人とも秋の発表となりました。

9月卒業(?)のOkuma君も一緒に、松村研からは三人が発表を行っていたので
私も様子を見に行ってきました。


Okuma君です

Okuma君は日本語は全く話せませんが、母語の中国語以外にカナダに住んでいたとかで英語はばっちりなので、ポスターはもちろん英語です。


国京君です


国京君も、先日のインドに行った経験を活かして、英語でポスターを作ったようです。


私が会場に行った時間が遅かったので、田中君と国京君の二人は自分の発表に一段落ついたところだったのか
他の研究室の方の発表を聞いていました。
勉強熱心ですね。


M2の二人です



3月卒業の二人は、これからあっというまに修論を書いて卒業の時期です。
私も今年卒業できるように、終わらせなければいけないものがいっぱいです。。



JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (0) | trackbacks (0)

Mark北陸マッチングHUB金沢

11/1-2と金沢で行われた北陸マッチングハブに参加してきました。
1600人の参加者があったとのことです。
私もパネルブースを出展しました。
いくつか、研究の話題で企業とディスカッションできたので
まあ成果有りと言うことで良かったです。

特別講演のジャパネットたかた元社長の話がすばらしかったです。
内容はともかく、講演の進め方、話のもって行き方、
話す姿勢、視線どれもプロのもので、えらいものを見てしまった
という感想です。何しろ、1時間、全くつっかえないのです。
あーとか、えーととか、無駄な間が一切無い。ちょっと衝撃を受けました。
時間もぴったり無駄なく終える。
本人も言ってましたが、相当の練習のたまものでしょう。
生放送で如何に無駄なく伝えるか、を徹底的に追求した結果であろうと
思います。世の中には色々な達人がいるものです。
講義に役立てるためには、だいぶ修行が必要そうです。


JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Event | comments (0) | trackbacks (0)

Markソバージュ先生講演会

マテリアルサイエンス系セミナーで、2016年ノーベル化学賞を受賞さた
Jean-Pierre Sauvage先生がJAISTに来られました。

ニュースを見てみると、ソバージュ先生は24日から2週間ほど金沢市を中心に日本に滞在されているようです。


講演はFrom Interlocking Compounds to Molecular Machine Prototypes
と言うタイトルで、一時間ほど話されていました。
分野が全く違うこともあって、阪口には難しい部分もありましたが
聞き取れた部分だけでも、面白かったです。
ホットな話題を直接先生が講演されているのを聞くことができ、良い経験になりました。

ソバージュ先生の講演の様子です


講演終了後、各研究室を先生が訪問されるということで
ドクターの学生はポスター発表の準備をして待っていたのですが
時間がおしていたようで、ロビンだけ発表することになりました。
発表したロビンは、ソバージュ先生からコメントもいだいていたようで
松村先生も交えて、色々議論していました。
さすが、ポスドクですね。
先生もロビンも、力の入れ方が違うように感じました。


ソバージュ先生との集合写真です

最後に、先生と研究室メンバーで集合写真を撮りました。
趙君はせっかく研究室にいたのに、実験中で呼んでもらえなかったので
あとから撮った写真を合成しました。



JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (0) | trackbacks (0)
SEARCH

CALENDAR
<< February 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER


あなたのレビュー!

page top