北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科 松村和明研究室 Weblog

松村和明研究室HOMEへ戻る > Weblog TOP

Mark論文情報2016.7 Part2

京都大学、京都工芸繊維大学との共同研究の成果が
Cell Transplantation誌に受理されました。

表紙の写真です

我々が開発した、カルボキシル化ポリリジンを用いたガラス化法で
ヒトのES細胞を効率よく凍結出来ました。
今回の報告はアプリケーションに関するものですが、自分たち
の開発したものが役に立っているということは、とてもうれしい
ことで励みになります。
ヒトのES細胞の実験は大変で、許可された専用の施設でしか
取り扱うことができません。今回は京都大学の再生医科学研究所
で実験を行いました。
実験が終了すると、速やかにES細胞は返還しないといけません。
困ったことに、論文の査読で追加実験を要求されても出来ません
でした。
なんとかそれでも受理して頂けたので良かったです。
この論文もアクセプトまで半年以上かかってしまいました。


JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.7

D3のSana Ahmedさんの論文がNanoscale誌に受理されました。

Enhanced Protein Internalization and Efficient Endosomal Escape Using Polyampholyte-Modified Liposomes and Freeze Concentration

論文のGAです。

細胞質内へのタンパク質の送達手法の提案です。溶液を凍らせた際に
氷晶が溶質を排除しながら成長していくため、残存溶液中の溶質の
濃度が高まるという、凍結濃縮という現象があります。ジュースを
凍らせると、透明な氷の部分と濃い溶液の部分に分かれるあれです。
細胞は、氷の結晶を避けて残存溶液部分に存在します。
従って、細胞は濃縮された相に存在するため、そこに必要なタンパク
質も濃縮されるため、細胞膜付近に集積します。タンパク質を、
細胞膜と親和性の高いキャリアと複合しておくことで、解凍後の細胞
の能動な取り込みを促進することで、送達効率を高めることに成功し
ました。
さらに、両性電解質高分子を固定化しておくことで、エンドソームか
らの脱出も起こり、取り込んだタンパクが消化されずに細胞質内にき
ちんと送達出来る事を示しました。今後は遺伝子導入などにも利用
出来ると期待されます。

今回の論文は提出してから採択が決定するまで、8ヶ月もかかり
ました。私の経験上最も苦労した論文の一つです。
論文を雑誌に提出すると、まず編集者が査読に回す価値がある
かどうかを判断し、ここで落とされる場合があります。査読に
回った場合、査読は複数の同業の研究者が行いますが、やはり
ここで落とされる場合と、修正を依頼される場合があります。
文句なしに受理ということは滅多にありません。

今回は追加実験と、Introductionを含めて大幅な書き直しを
要求されました。いつもこの修正と査読者への回答というのは
神経を使う大変な作業ですが、今回は修正のおかげで自分でも
内容がだいぶ良くなったように感じました。
よい査読というのは論文の質を高めてくれるのですね。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark卒業生が遊びに来てくれました

先日、貴重な平日の休みを使って
今年の3月に卒業した寺井君が、研究室に遊びに来てくれました。

彼は石川県出身で、地元の企業に就職したので
JAISTまで遊びに来るのも、そんなに遠くないようです。


この日は、ちょうど研究室ではゼミの日だったので、ゼミにも参加していました。
就職してから、ほとんど英語を使う機会がないそうで
久しぶりにこんなに英語を聞いたと言っていました。


晩御飯は、ちょうどそこにいたメンバーで、回転ずしに行ってきました。

寺井君です


これからも、ちょこちょこ遊びに来てくれるそうなので
社会人の話を聞かせてもらうのを、楽しみにしています。




JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (0) | trackbacks (0)

Mark氷室饅頭

河本さんが研究室に氷室饅頭を持ってきてくれました。

氷室饅頭です

石川ではこの時期になるとスーパーでもよく見かけるようになる、とても有名な和菓子ですが
県外ではほとんど見かけることは無いと思います。


wikipediaより説明を引用すると
氷室饅頭(ひむろまんじゅう)は、石川県に古くから伝わる和菓子。毎年7月1日の初夏に食べられる縁起菓子である。
江戸時代、加賀藩前田家は、毎年7月1日(旧暦6月1日)になると氷室の雪氷を幕府に献上していた。加賀藩5代目藩主、前田綱紀の時代になると、金沢の菓子屋の道願屋彦兵衛の考案で饅頭が作られ、道中の無事を祈り神社に供えられた。この出来事が氷室饅頭の起源と伝えられる。
明治時代になっても、7月1日は氷室開きの日(氷室の日)とされ、無病息災を願って饅頭を食べる習慣が残った。

とのことです。
この時期にJAISTに来る機会があれば、ぜひ和菓子屋さん(か、スーパー)に寄って
探してみてください♪



JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (0) | trackbacks (0)

MarkRobin 学位授与式

D3のRobin Rajan君の博士学位授与式が6/24に行われました。

Robin君の学位授与式です。

Robin君は2011年にインドのデリー大学からデュアル学生として
やってきました。合成高分子で初の細胞凍結保護作用を報告するなど
精力的に研究を進めてくれました。
2013年のJ Biomater Sci Polym Edに載った論文は雑誌の
ホームページによるとMost read articlesの第6位になっています。
論文は読まれて引用されることが重要です。
これからも頑張って良い仕事を続けてくれることを祈っています。

帽子がちょっと大きかったようですね。

Congratulations!

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Event | comments (0) | trackbacks (0)

MarkWBC2016 in Montreal

ロゴです

4年に1回オリンピックイヤーに開催される
World Biomaterials Congress 2016
に参加してきました。今回は学生4人
(Robin, Sakaguchi, Sana, Monika)をつれての参加で、
発表件数は8件、私も口頭発表しました。
カナダのモントリオールで5/17-22の日程で開かれました。
4年に1回の世界大会という事もあって、世界中から著名な
研究者が多数集まり、大変規模の大きな学会でした。
興味深い発表も多数あり、勉強になりました。
Lunch and Learningという、有名な教授を
囲んで食事をしながら研究に関してDiscussionするという
緊張感にあふれたセッションにも参加しました。


食事中です
ちょうどMcGill大でポスドクをしていた海老谷研出身の
Dr. Hemant(右前)と会ってきました。


風景です

モントリオールは北米のパリと呼ばれるだけあって、街並みが
ヨーロッパみたいで美しい所でした。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.5.

松村研の論文がACS Biomaterials Science & Engineering誌に
掲載受理されました。
カルボキシル化ポリリジンの氷晶形成抑制効果を利用した、
細胞シートの新しい凍結手法の提案です。
2012年度に採択されたキヤノン財団の研究成果の一つです。
ようやく論文になりました。研究補助員の河本さんが中心となって
実験をしてくれました。
お疲れ様でした。


論文の図です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報

D3のRobin Rajan君の論文が、ACSのBiomacromoleculesに掲載受理
されました。
両性電解質高分子と双性イオン高分子の凍結保護作用を比較し、
そのメカニズムの一部をを明らかにしました。
凍結時の氷晶の形成抑制が重要であるだけでなく、
細胞膜との親和性が高い高分子ほど凍結時のダメージを
軽減できる事がわかりました。また、疎水性部位を導入することで
より細胞膜と親和性を向上させる事が可能で、氷晶の形成抑制効果も
高まることがわかりました。
この研究により、さらに高効率の凍結保護剤の分子設計につながる
ことが期待出来ます。

論文の図です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark花見をしました

研究室のメンバーで、自分でお弁当を持ち寄って
おひるごはんの時間に花見をしました。

参加できたメンバーが少し少な目でしたですが
それでも、日本・インド・タイ・中国と
各国一人以上集まりました。


花見の写真です




JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Others | comments (0) | trackbacks (0)

Markメンバー紹介 2015年10月入学2

M1 Okuma Koyo
Cell internalization process of Nanoparticle via freeze concentration.

Okuma君の写真です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Members | comments (0) | trackbacks (0)
SEARCH

CALENDAR
<< July 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHER


あなたのレビュー!

page top