北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系物質化学領域 松村和明研究室 Weblog

松村和明研究室HOMEへ戻る > Weblog TOP

Mark論文情報2016.11

松村研の卒業生のEsha Dasさんの論文が
Journal of Polymer Science PartA Polmyer Chemistry
に受理されました。
Tunable phase-separation behavior of thermoresponsive
polyampholytes through molecular design


journal coverです
GAです

カルボキシル基を導入したポリリジンが、温度依存性の液液相分離
挙動を示すことを報告しました。この相分離は、ポリマー濃度、塩濃度、
疎水性の側鎖に大きく依存したLSCT挙動を示しました。
つまり、温度を上げると濃い濃度相と薄い濃度相に相分離するのですが、
そのポリマー間の相互作用が静電的相互作用である点が興味深い所です。
PNIPAMなどのようにLCSTを示すポリマーは多数報告されていますが、
両性電解質高分子が、その分子内および分子間での静電的相互作用
により相分離を示すことはあまり報告されていません。
この論文では、さらにこの高分子をゲル化させることで温度応答性の
ゲルへの応用も示しました。
卒業から3年目と時間がかかってしまいましたが、ようやくデータが
日の目を見ることとなってほっとしました。


JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/matsumura_kaz/
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Trackbacks

SEARCH

CALENDAR
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER


あなたのレビュー!

page top