6/15 研究科セミナー(国際基督教大学・岡野健 教授)

マテリアルサイエンス研究科セミナー(第1回)

日  時:平成24年6月15日(金)15時10分~16時40分
開催場所:知識科学研究科棟 中講義室
講演題目:気相成長ダイヤモンドからの電界電子放出とその応用
講 演 者:国際基督教大学物質科学デパートメント 教授 岡野 健 氏 

講演要旨: 1979 年にダイヤモンドの電子親和力が負であることが報告されて以来、ダイヤモンドは低電圧で 駆動可能な冷陰極材料として注目されてきた。特に 1996 年、Okano らにより高濃度窒素添加ダ イヤモンド薄膜から 0.5V/um という低いしきい値での電子放出が報告され、さらに 2009 年、 Yamaguchi らによって放出される電子が伝導帯に起因したものであることが確認されて以来、負 の電子親和力を有効に利用した電子源としての期待が高まっている。本研究では、その一例とし て、高濃度窒素添加ダイヤモンドを陰極として用い、アモルファスセレンを光導伝膜(陽極)として用 いた光検出器の試作を行った。現状でも、可視光から紫外光までの広帯域にわたる検出が可能で あるが、究極的には、X 線領域までカバー出来る検出器の開発を目指している。 

MSセミナー(3.16).pdf

×