2/22 AIST-JAIST熱電セミナー

熱電変換技術とは,固体素子を用いて熱エネルギーと電気エネルギーを相互に変換する技術です.この技術は,既にペルチェ冷却へ広く応用され,さらに「熱電発電」という持続可能エネルギーの一つとして注目を集めています.熱電変換技術の応用と新しい熱電変換材料の開発を目的として,産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門熱電変換グループと,北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 小矢野研究室は表記の共同研究を続けています.

このAIST-JAIST熱電セミナーでは,本共同研究の成果を中心に最新の研究成果を紹介いたします.事前申し込みは不要です.ぜひ皆様ご来聴ください.

 

日時: 2013222日(金) 13:0016:20

場所: 北陸先端科学技術大学院大学 M1.2講義室

  

プログラム

13:00-13:10 開会挨拶
小原 春彦(AIST エネルギー技術研究部門 副部門長)

13:10-13:40 層状硫化物熱の電子輸送現象
小矢野 幹夫(JAIST マテリアルサイエンス研究科,グリーンデバイス研究センター 准教授)

13:40-14:10 熱電発電実用化シナリオ ― 硫化物熱電材料の実用化を目指して
山本 淳(AIST エネルギー技術研究部門 熱電変換グループ長,燃料電池システムグループ長)

14:10-14:20 (休憩 10分)

 

14:20-14:35 TS2 (T: Ti, Cr) 層を有する層状硫化物の熱電特性
國井 勝(AIST エネルギー技術研究部門 熱電変換グループ テクニカルスタッフ)

14:35-14:50 Novel Oxides and Layered Sulfides for High Temperature Power Generation
Jood PriyankaAIST エネルギー技術研究部門 熱電変換グループ 特別研究員)

14:50-15:05 低い熱伝導率を示す硫化鉱物ボーナイトの熱電物性
西村 太輔(JAIST マテリアルサイエンス研究科 博士前期課程)

15:05-15:15 (休憩 10分)

 

15:15-15:45 カルコゲナイド熱電材料 ― 高効率化と低環境負荷化の試み ―
太田 道広(AIST エネルギー技術研究部門 熱電変換グループ研究員)

15:45-16:15 熱電鉱物の発掘と構造・熱電物性の研究
末國 晃一郎(JAIST マテリアルサイエンス研究科 助教,AIST 外来研究員)

16:15-16:20 閉会挨拶
小矢野幹夫

×