8/5 研究科セミナー (産業技術総合研究所: 植村 聖 氏)


8/5 研究科セミナー (産業技術総合研究所: 植村 )

 

マテリアルサイエンス研究科48階 中セミナー室 1330 - 1500

 

「印刷デバイスの作製技術とその応用」

 

産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター 主任研究員 植村

 

講演要旨

安全・安心社会の実現に向けて、人々は様々な場所で環境に溶け込んだ情報端末やセンサ等と無意識に情報のやり取りを行えるようなアンビエントな情報ネットワークシステムの構築が期待されている。そのような用途の観点から、このヒューマンインターフェースとしてはこれまでの固くて脆いデバイスから、自由形状で柔軟性のあるデバイスへとシフトしていく必要がある。このような大量、且つ多種多様なフレキシブルデバイスの製造を可能にするには印刷プロセスの適応が有望である。そこで本講演ではフレキブル基板上での印刷法によるデバイスの作製技術と、その応用例として圧力センサ等のフレキシブルデバイスの開発について紹介する。

 

講演者略歴

1996年 千葉大学工学部卒業

2001年 千葉大学大学院博士後期課程修了

2001年 産業技術総合研究所特別研究員

2003年 産業技術総合研究所入所

受賞歴等:

2005年 AM-LCDベストペーパー賞

2006年 ICSMベストポスター賞

2006年 応用物理学会講演奨励賞

2010年 文部科学大臣表彰科学技術賞

2014年 IDW ベストペーパー賞     等を受賞。

 

担当教員  マテリアルサイエンス研究科 教授 村田 英幸(内線:1531)



第6回ポスター.pdf

×