10/10 研究科セミナー (大同大学: 堀尾 吉已 氏)

 

マテリアルサイエンス研究科4棟8階 中セミナー室 15:30-17:00

「反射電子回折法から得られる情報」

大同大学 工学部 電気電子工学科 (学科長)教授 堀尾 吉已 氏

講演要旨
反射電子回折法はそのエネルギー領域からLEED、MEED、RHEEDと分類されるが、いずれにおいても結晶試料表面の原子構造に関する知見を与える。しかしながら、回折図形からの構造情報の抽出にはまだ発展の余地があると考え、これまでエネルギーフィルタ型RHEEDやアストロドーム型RHEEDそして電界放射型MEED装置の開発を行ってきたので紹介する。幾つかのトピックスとして最近では回折強度の動力学的理論を用い、Si(001)2x1表面の非対称ダイマー構造の温度依存性について解析を行ったのでその結果を紹介する。また、Si(001)上に形成されるGeハットクラスタの形態についてRHEEDとLEEDを用いた解析を行い、STMの観察結果から解釈できることを示す。その他、入射電子が形成する結晶表面近傍の電子波動場を利用した構造解析にも挑戦しているのでこれらの内容についても紹介する。

講演者略歴
1983年3月 名古屋大学大学院工学研究科博士課程応用物理学専攻 満了
(1986年6月工学博士 名古屋大学)
1983年4月-1991年8月 愛知県立高等学校 教諭
1991年9月-1995年3月 名古屋大学工学部応用物理学科 助手
1995年4月-1997年3月 名古屋大学大学院工学研究科量子工学専攻 助手
1997年4月-2002年3月 大同工業大学工学部応用電子工学科 助教授
2002年4月-現在    大同大学工学部電気電子工学科 教授
(2009年4月 大同大学に改称)
(2013年10月~学科長)

担当教員  マテリアルサイエンス研究科 准教授 大島 義文 (内線:1500)

セミナー第9回.pdf

×