1/23 研究科セミナー (東京大学: 加藤 隆史 氏)

 

マテリアルサイエンス研究科講義棟1階 M1・2講義室 15:30-17:30

「ソフトマテリアルの設計・構造制御と機能化」

東京大学・工学系研究科 化学生命工学専攻 教授 加藤 隆史 氏

講演要旨
液晶やゲル・機能性高分子などのソフトマテリアルは、分子が集合・配列することにより機能を発揮する。光・電子・イオン・環境機能を発現するソフトマテリアルについて、講演者のグループの取り組みについて主に紹介する。特に、ナノメータスケールからマクロスケールまでの分子の配列制御が重要であり、これらと分子設計や機能発現の関連についても述べる。

講演者略歴
昭和58年3月  東京大学工学部合成化学科卒業
昭和63年3月  東京大学大学院工学系研究科合成化学専門課程 博士課程修了・学位取得(工学博士)
昭和63年4月  米国コーネル大学化学科・博士研究員
平成元年4月    東京大学工学部合成化学科・助手
平成3年4月    東京大学生産技術研究所・講師
平成5年7月    東京大学生産技術研究所・助教授
平成8年7月    東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻・助教授
平成12年5月  東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻・教授
平成24年4月  科学技術振興機構 さきがけ 「分子技術と新機能創出」研究総括(兼任)

担当教員 マテリアルサイエンス研究科 准教授 金子 達雄(内線:1631)

セミナー第15回.pdf

×