6/12 研究科セミナー (大阪大学: 森島 圭祐 氏)


マテリアルサイエンス研究科4棟8階 中セミナー室 16:00-18:00

「生命機械融合ウェットロボティクスの創製」

大阪大学大学院工学研究科 教授 森島 圭祐 氏

講演要旨
 本研究室では、筋細胞を駆動源として、細胞を用いた柔らかいマイクロアクチュエータを実現できると考え、これまでデバイスの設計及び基礎実験、原理検証を行ってきた。細胞そのものを材料とする、力学的機能と化学的機能を持ち合わせた新規なバイオアクチュエータであり、基礎実験により、化学エネルギーだけで動作するメカノバイオニックシステムの開発に成功している。また、長期間動作可能な心筋細胞駆動型のマイクロポンプや外部環境に対してロバストで室温での動作が可能なバイオクチュエータを世界に先駆けて試作し、生体組織と融合した生命機械システムの機能創製を実証してきた。本研究は、生物の最小単位である細胞というパーツを用いて、微小機械及び細胞組織を結びつけ、生体組織や細胞の機能を持ったRegenerativeな微小機械システムを再構築するという全く新しい概念に基づいて、デバイス設計を行うバイオメカトロニクス融合とバイオマニュファクチャリングの試みについて紹介する。

講演者略歴
1993年  3月 名古屋大学    工学部卒
1995年  3月 名古屋大学大学院 工学研究科修士課程修了
1998年  3月 名古屋大学大学院 工学研究科博士課程修了
1998年  3月 博士(工学)の学位取得(名古屋大学)
1997年  4月 日本学術振興会 特別研究員
1998年  6月 スタンフォード大学 理学部化学科 博士研究員(米国)
2001年 11月(財)神奈川科学技術アカデミー 常勤研究員
2005年  3月 東京農工大学大学院 工学府機械システム工学専攻 助教授
2007年  4月 東京農工大学大学院 生物システム応用科学府 准教授
2010年  4月 東京農工大学大学院 工学研究院 准教授
2011年 10月 大阪大学大学院 工学研究科機械工学専攻 教授(現在に至る)

担当教員 マテリアルサイエンス研究科 准教授 平塚 祐一(内線:1660)

2015セミナー第1回.pdf

×