7/31 研究科セミナー (東京工業大学: 安藤 慎治 氏)

 

マテリアルサイエンス研究科4棟8階 中セミナー室 15:30-17:30

「ポリイミドの電子状態・光学物性制御と高蛍光性ポリイミドの材料設計」

東京工業大学大学院理工学研究科 物質科学専攻 教授 安藤 慎治 氏

講演要旨
 ポリイミド(PI)は、有機ポリマー中で最高レベルの機械的・熱的・化学的・電気的性質を示すスーパーエンプラであり、航空宇宙、電気電子(半導体)、気体分離、電線・光ファイバ被覆などの分野で広く利用され、最近はマイクロレンズやフレキシブルディスプレィの透明基板など、耐熱性光学材料としての応用も注目されている。演者らはこれまで含フッ素PIを中心とした光学用PIの各種光学物性(光透過性、屈折率、複屈折、熱光学係数など)を制御するとともに、それらと分子構造・凝集状態・配向状態との関係を解明してきた。また最近はPIの電子状態を制御することで、紫外線照射により可視域の広い波長域で高効率の蛍光発光を示す「高蛍光性ポリイミド」を開発している。講演ではこれまでの研究経緯を紹介するともに、ポリイミドの分子設計・材料設計の考え方について概説する。

講演者略歴
昭和61年3月 東京工業大学理工学研究科 高分子工学専攻 修士課程修了
平成元年3月 東京工業大学理工学研究科 高分子工学専攻 博士課程修了
平成元年4月 日本電信電話株式会社(NTT)入社後、境界領域研究所主任研究員
平成7年7月 東京工業大学理工学研究科 高分子工学専攻 高分子機能解析講座 助教授
平成10年4月~11年2月 英国ダーラム(Durham)大学化学科客員研究員
平成11年3月 東京工業大学理工学研究科 有機・高分子物質専攻ソフトマテリアル構造講座 助教授(改組による)
平成18年8月 東京工業大学理工学研究科 物質科学専攻 物質設計講座 教授 (現職)
平成24年4月 東京工業大学工学部 副工学部長
平成26年4月 東京工業大学大学院理工学研究科 副工学系長(評価・安全担当)(現職)

担当教員 マテリアルサイエンス研究科 准教授 金子 達雄(内線:1631)

2015セミナー第8回.pdf


×