ホーム > 工作室について>共通工作機械の紹介

共通工作機械設備の紹介

工作室は複数の共通工作機械や工具等を技術職員が維持管理しています。ここでは主に利用される共通工作機械を紹介します。

NC工作機械

数値制御(Numerical Control)によって機械を操作する工作機械です。複雑形状や同精度の再現性を求められる場合などはプログラミングによって加工指令を与えることが可能です。

ワイヤー放電加工機

NCフライス盤

NC旋盤

汎用工作機械

一般的な回転切削加工や平面切削加工はこれらの汎用工作機械を用いて加工を行います。

旋盤

コレット旋盤

フライス盤

穴あけ加工

一般的な穴開け加工を行います。蒸着マスクやスリットタイプのマスクをはじめとする穴が必要な加工では必ず使用する工作機械で、最も使用頻度が高い機械です。

ボール盤

小型ボール盤

材料取り機械

製品を加工する際、大きな材料から切り出す作業が必要になります。材料の切り出しは、材料の無駄を減らす他、加工時間の短縮にも繋がります。

高速切断機

シャー

帯鋸盤

仕上げ作業機械

材料仕上げや先端をある程度鋭利にする等、多目的に用いることができます。

グラインダー

ベルトサンダー

溶接・曲げ

材料の溶接、曲げ作業を行うことができます。

ベンダー

スポットウェルダー

TIG溶接機

真空に関する機器

これらの機器以外にもクイックカップリングや変換フランジ等も常備しています。アニーリングは依頼工作で受付けています。

Heリークディテクター

 

アニーリングチャンバー

 
お問合せ