ホーム > サービス>依頼工作

機械工作を依頼したい

依頼工作

依頼工作

 依頼工作とは依頼者に対してナノマテリアルテクノロジーセンター工作室が部品や装置の設計・製作を代行するサービスです。
その他、外注時に必要な機械製図の指導や作図代行、電子基盤の設計・製作、アプリケーションソフトウェアの開発、真空部品のアニーリングを行うことが可能です。
依頼工作申請時間 平日9:30-12:00,13:00-17:00の間で工作室職員が在室している時(※1)
申請手続きの場所 技術サービス部レセプションルーム(工作棟2F C5-20)
※1  事前に電話(内線1470)もしくはメールmachineshop@にて在室の確認お勧めします。

工作依頼時の注意事項

■可能な限り工作依頼前にご相談ください(update:2016/12/03)

最適な工作を行うには、適した材料やサイズを決定しなくてはなりません。材料の選定で不安がある方は、ご依頼される前に、工作室までご連絡をお願い致します。

■材料選定の目安(update:2016/12/03)

JAIST工作室へご依頼いただく案件で使用される材料は、大きく分けるとアルミニウム、ステンレス、銅に分けられます。最近、工作品の用途に対して提供される材料の性質が適していないことが多い為、下記に工作品の用途と材料選定の目安を作製しました。また、これ以外の材料を使用する場合も気軽に工作室までご連絡ください。

用途:貫通穴・ネジ穴・板の切断
材料:アルミニウム(A2011,A2017,A2024,A7075)・ステンレス(SUS304,SUS430)・銅(タフピッチ銅) など

用途:板の曲げ加工
材料:アルミニウム(A5052)・ステンレス(SUS304,SUS430)・銅(タフピッチ銅) など

用途:耐食性が問われる金属材料
材料:アルミニウム(A1070,A1050,A1100,A5056)・ステンレス(SUS316,SUS316L) など

用途:磁性
着磁性を求める場合:SUS430,非磁性を求める場合:SUS304・アルミニウム材料全般 など

用途:耐熱性
耐熱性が低い順から、銅、アルミニウム全般、ステンレスとなります。他の材料の耐熱性はご自身で調べるか工作室までお問い合わせください。

依頼工作の申請方法

 依頼工作の具体的な申請方法は 、依頼工作ルールをダウンロードし利用方法を確認してください。
申請においては依頼の仕様を添付する必要があります。仕様書(機械製図)は依頼者独自の製図法ではなく、JIS製図法に準じたものとさせていただきます。JIS製図法に準ずるかどうかの基準は、「実際の製図と設計に必要な知識」の最後のページに添付されている図面程度が描けるかどうかが、おおよその目安となります。

製図の知識に不安がある方はまず、テクニカルウェブサービスの各種製図法をダウンロードし学習した上で、作図を行ってください。間違いがあったとしても、作図したものを提出していただければ、打ち合わせ時に添削をしながら設計詳細を詰めていくことができます。

また、機械製図を作図する為に必要な輪郭、表題欄、中心マークが記載済みの書式を下記からダウンロードが可能ですので、依頼工作を申し込む際にご活用ください。
依頼工作ルール具体的な依頼工作のルールに記載しています。工作の依頼時には必ずご確認ください。 ダウンロード
工作依頼書工作を依頼するときに提出する書式です。工作の依頼時には必ず必要事項を記入の上、提出してください。 ダウンロード
工作依頼書記入例具体的な工作依頼書の記入例を紹介します。記入方法がわからない場合、参考にしてください。 ダウンロード
製図フォーマット例機械製図を作図する際に必要な輪郭、表題欄、中心マークが記載されているフォーマット例です。 ダウンロード
お問合せ