ホーム > サービス>工作実習

実習・講習を受講したい

工作実習

工作実習とは

工作実習とは、工作機械の利用法を習得しその後も機械工作を利用することが多い学生を対象としてナノマテリアルテクノロジーセンター工作室が開催する少人数制の実習です。

工作実習の特徴

・作業毎に理解度チェックを行い、その場で復習を行います。
・製作したい題材を用いた実践的な教育を行い理解度を深めます。
・利用者毎のマンツーマン教育により製作能力が身につくまで教育を実施します。※
開催日程 機械使用の必要が生じた際に、スタッフと相談の上、決定
時間・場所 2~3時間程度、工作室にて実施。
実習内容 安全に関する講習と工作機械の使用法
対象機械 旋盤・フライス盤・ワイヤー放電加工機・ボール盤・コンダリングマシン・帯鋸盤
持参物 筆記用具・安全手帳
※利用機械の希望者が複数名になる場合、日程を調整し同時に行う場合があります。

工作実習の詳細

工作実習の具体的な講義内容は、以下のシラバスをダウンロードしてご参照ください。

工作実習シラバス(PDF??KB)

利用法を学んでいない工作機械について

利用法を学んでいない工作機械は使用できません。工作実習を申し込むか依頼工作にて対応します。
お問合せ