【研究室について】

 質量分析

化学・生物・薬学・医学分野において、高感度かつ高速処理が可能である
質量分析法は広く用いられています。

イオン化法

分子の質量を分析するためには、分子をイオン化する必要があります。
現在万能なイオン化法はなく、試料に適したイオン化法の選択が必要です。

研究について 

本研究室では、質量分析のためのイオン化法についての研究、複雑な
混合成分の分離手法とその構造解析法の研究を行っています。

【研究内容の詳細】

 ・ イオン化法の開発と基礎研究
 ・ 複雑な混合成分の分離手法
 ・ 生体分子の構造解析法


    top2.JPG - 92,521BYTES