ヘリウム液化室

Helium Liquefaction Room


(室温に戻ってしまった)ベッセルの予冷方法


  1. ベッセル内部を 窒素ガスで 半日程 ブローし 乾燥させる。
  2. 液体窒素を 30L 程(=汲入れ時間にして約5分)汲入れる。
  3. 安全弁のみ開けて3日置く。
  4. 別の窒素用デュワーへ液体窒素を移充填し 抜きとる(トランスファー用のチューブは、ベッセルの底から 1mm 程度のところまで挿入して下さい=完全に抜取るため)。
  5. 時をおかず、ベッセルを汲入れできるようセッティングする。
  6. ベッセルを 約2時間 真空引きする。
  7. ベッセルの全ての弁を閉じ、(液体ヘリウム貯槽の)トランスファー・チューブの弁を少しずつ開けて 真空を破り、ベッセル内部をヘリウムガスで 若干 陽圧(>大気圧)にする。
  8. (汲入れの際の)蒸発ガスを回収できるようセッティングして 液体ヘリウムを 約30L 汲み入れた後、1日置く。
  9. 明くる日、液体ヘリウムを満タンにして、実験室に持ち帰る。