北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 所属別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
情報研究棟IS Building II 2F
TEL:0761-51-1699 内1306
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

井口 寧 (イノグチ ヤスシ) 教授
情報科学系、セキュリティ・ネットワーク領域

■学位

東北大学工学士(1991),北陸先端科学技術大学院大学修士(情報科学)(1994),北陸先端科学技術大学院大学博士(情報科学)(1997)

■職歴

2008/4/1-2009/3/31南フロリダ大学 上級客員研究員

■専門分野

計算機システム,並列処理,超並列システム

■研究テーマのキーワード

超並列,計算機システム,リコンフィギャラブルシステム,e-ラーニング

■研究課題

WSIスタックの放熱に関する研究
WSIスタックは、一枚のウェーハ上に多数プロセッサ等を配置するWSI(Wafer Scale Integration)を複数枚積み重ねて構成される、高い集積度を有する3次元実装方式である。WSIスタックは、ウェーハ上に発生する欠陥の回避と同時に、スタックの中心部の放熱が大きな問題となる。欠陥の回避と冷却の問題について、プロセッサ配置や熱伝導のシミュレーションにより研究を行う。
超並列計算機の相互結合網に関する研究
惑星規模の大気シミュレーションなどの大規模科学技術計算は従来スーパーコンピュータで行われてきたが、より大規模な計算を行うために数百万のプロセッシング要素から構成される超並列システムの実現が期待されている。このような超並列計算機の相互結合網には、高い通信性能とともに、実装性、拡張性及び耐故障性などに優れていることが求められる。科学技術計算に適した構造を有するトーラス結合網を再帰的に重ね合せた相互結合網について、ルーティングや実装の問題を中心に研究を行う。
並列システムのプロセッサ間通信方式に関する研究
並列処理の効率を左右する重要な要因であるプロセッサ間通信性能を向上させるために、入出力が同時に実行可能なマルチポートメモリをネットワークインターフェースに用いた通信方式について、試作システムを構築し、通信効率を実験的に調べる。
リコンフィギャラブルシステムによる超細粒度並列処理
VLSI内の論理回路は,各部分回路が独立に動作し,本質的に並列動作を行なっている.そこで,ソフトウェア・アルゴリズムに内在する演算子をそれぞれ独立した演算器としてVLSI上の論理回路上に展開できれば,究極の超細粒度並列処理が可能となる.本研究では,ソフトウェアから演算子レベルの並列性を抽出してハードウェア記述言語に変換し,アルゴリズムを並列演算回路として論理回路上に直接展開・実行する技術を解明する.
発話を重視した日本語e-Learningシステム
世界各地に分散して居住する日本語学習者のための,インターネットを利用した日本語学習システムを開発する.本研究では,特に遠隔地で学習が難しい「発話」に焦点をあて,三次元動画像伝送技術を積極的に日本語教育に取り入れることにより,学習効率の高いe-Learningシステムを開発する.更に発話単位で途切れのない伝送技術を開発し,対話教授を実現することにより学習者のモチベーションを高く保つ学習システムを目指す.

■研究業績

◇著書

  • Computational Science and Its Applications -- ICCSA 2013, Lecture Notes in Computer Science, Hierarchical Tori Connected Mesh Network,M.M. Hafizur Rahman, Asadullah Shah, Masaru Fukushi and Yasushi Inoguchi,Springer-Verlag Berlin Heidelberg,2013,197-210
  • , Hierarchical Interconnection Networks for Massively Parallel Computer Systems,M.M. Hafizur Rahman and Yasushi Inoguchi,LAMBERT,2011
  • Lecture Notes in Computer Science, Session 6A: Grid Scheduling and Algorithms II, Dynamic Task Scheduling Algorithm for Grid Computing System,Yuanyuan Zhang, Yasushi Inoguchi and Hong Shen,Springer,2005,578-583

全件表示

◇発表論文

  • FPGAによる電子指紋検索の高速化事例,井口 寧, 福田 真啓,DAシンポジウム, 特別セッション: リコンフィギャラブルシステム〜デバイス・設計環境・応用事例の最前線〜, セッションオーガナイザー, 103-108,Aug. 30-Sep. 1, 2017
  • Probabilistic Strategies Based on Staged LSH for Speedup of Audio Fingerprint Searching with Ten Million Scale Database,Masahiro Fukuda and Yasushi Inoguchi,International Symposium on Highly Efficient Accelerators and Reconfigurable Technologies (HEART), 6 pages in CD-ROM,June 7, 2017
  • A new power efficient high performance interconnection network for many-core processors,Faiz Al Faisal, M.M. Hafizur Rahmana and Yasushi Inoguchi,Journal of Parallel and Distributed Computing, Elsevier,101, 92-102,Mar., 2017

全件表示

◇講演発表

  • FPGAによる電子指紋検索の高速化事例,井口 寧, 福田 真啓,DAシンポジウム, 特別セッション: リコンフィギャラブルシステム〜デバイス・設計環境・応用事例の最前線〜, セッションオーガナイザー,石川県 山代温泉,Aug. 30-Sep. 1, 2017
  • Probabilistic Strategies Based on Staged LSH for Speedup of Audio Fingerprint Searching with Ten Million Scale Database,Masahiro Fukuda and Yasushi Inoguchi,International Symposium on Highly Efficient Accelerators and Reconfigurable Technologies (HEART),Bochum, DE,June 7, 2017
  • A compression method for storage formats of sparse matrix in solving the large scale linear systems,Tomoki Kawamura, Yoneda Kazunori, Takashi Yamazaki, Takashi Iwamura, Masahiro Watanabe and Yasushi Inoguchi,In 19th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM) held in conjunction with 31rd IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS),Orlando, FL, USA,Mar. 29, 2017

全件表示

■担当講義

並列処理,計算機アーキテクチャ特論

■学外活動

◇所属学会

  • 電子情報通信学会,ソサイエティ論文誌編集委員会 常任査読委員,2014-2014
  • サイエンティフィックシステム研究会,ファイルシステム利用技術ワーキンググループ担当幹事,2014-2014
  • サイエンティフィックシステム研究会,幹事,2014-2015

全件表示

◇国際会議主催状況

  • IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips (COOL Chips) XVIII,I am a member of Program Committee開催責任者所属・職・氏名: Tohoku Univ., Prof. H. Kobayashi,April 13-15, 2015.,Yokohama, Japan
  • IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips (COOL Chips) XVII,Program Committee,Aprl 14 - 16, 2014,Yokohama JAPAN
  • 17th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM 2014),I am a member of Program Committee開催責任者所属・職・氏名: Oscar H. Ibarra, University of California, Santa Barbara,May 25, 2015,Hyderabad, INDIA

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 福井大学,非常勤講師「知能システム工学特別講義」、1単位、8コマ,2017/09/07 - 2017/09/27
  • 石川県警察本部, 石川県コンピュータネットワークセキュリティ協議会専門部会員,2014/04/01 - 2018/03/31
  • SC16 (International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis),展示発表,2016/11/14 - 2016/11/17

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 並列数値シミュレーション
  • 超並列処理
  • 計算機アーキテクチャ