北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building 掘2F
TEL:0761-51-1736
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

林 幸雄 (ハヤシ ユキオ) 教授
知識科学系、ヒューマンライフデザイン領域

■学位

豊橋技術科学大学工学士(1985),豊橋技術科学大学工学修士(1987),京都大学博士(工学)(1995)

■職歴

富士ゼロックス(株)システム技術研究所(1987),(株)ATR視聴覚機構研究所(1991)および(株)ATR人間情報通信研究所(1993)に出向研究員,富士ゼロックス(株)システムコミュニケーション研究所(1994)に復帰,同研究所副主任研究員(1995)

■専門分野

ネットワーク科学、アドホック通信、コミュニティ分析、自己組織化、数理工学

■研究テーマのキーワード

スケールフリー、スモールワールド、社会ネットワークサービス、無線通信システム

■研究課題

ネットワークWeb生態系
WWWにおけるリンク構造の特徴解析とその活用に関する研究.
ネットワーク自己組織学習メカニズムの解明
ネットワーク上のコミュニティからの推奨情報の獲得や流通に関する研究.
発見的探索と可視化
発見的な情報探索や知的創造の支援に関する研究 .
複雑ネットワーク科学
複雑ネットワーク科学におけるアプローチから、無線通信網や社会コミュニケーションのための、ネットワークの自己組織化、故障耐性、効率的な分散設計法などを探る。

■研究業績

◇著書

  • ネットワーク科学の道具箱・第4章 ネットワークの自己組織化と頑健性,林 幸雄,近代科学社,2007/Dec
  • 林幸雄・9章 情報ネットワークとレジリエンス,電子情報通信学会監修、村田正幸・成瀬誠編著,コロナ社,2015,139-153
  • Rethinking of Communication Requests, Routing, and Navigation Hierarchy on Complex Networks -for a Biologically Inspired Efficient Search on a Geographical Space-, Chapter 4,Yukio Hayashi( In "Networks -Emerging Topics in Computer Science,", ISBN 978-1-922227-02-7, Arshin Rezazadeh, Ladan Momeni, and Igor Bilogrevic (Eds)),iConcept Press(http://www.iconceptpress.com/books/networks--emerging-topics-in-computer-science/),2012,67-88

全件表示

◇発表論文

  • Spatially self-organized resilient networks by a distributed cooperative mechanism,Yukio Hayashi,Phusica A, Elsevier,457,255-269,2016/4/6
  • Recoverable DTN Routing based on a Relay of Cyclic Message-Ferries on a MSQ Network,Yukio Hayash,IEEE xplore, The 3rd Workshop on the FoCAS(Fundamentals of Collective Adaptive Systems) at The 9th IEEE International Conference on SASO(Self-Adaptive and Self-Organizing systems),2015//
  • Combinatorial and approximative analyses in a spatially random division process,Yukio Hayashi, Takayuki Komaki, Yusuke Ide, Takuya Machida, and Norio Konno,Physica A,329,9,2212-2225,2013/3/1

全件表示

◇講演発表

  • ネットワーク科学最前線2017 -インフルエンサーと機械学習からの接近-,林 幸雄,第14回ネットワーク生態学シンポジウム, チュートリアル講演,北陸先端大(石川・能美市),2017/8/20-21
  • 情報ネットワーク科学シリーズ全体と第1巻の話 -レジリエントなネットワークの新設計法を含め-,林 幸雄,電子情報通信学会ソサエティ大会 企画セッション  BI-3 情報ネットワーク科学に関する最新学術動向 依頼招待講演,北海道大学,2016/9/21
  • A self-organized design of efficient and strong robust communication networks,Yukio Hayashi,Satellite event in Netsci2011, Networks of Networks: Systemic Risk and Infrastructural Interdependencies,Budapest, Hunguary,June 7

全件表示

■担当講義

イノベーションデザイン論,ネットワークサービス・イノベーション論

■学外活動

◇審議会等への参画状況

  • 科学技術振興財団,さきがけ「知の創生と情報社会」領域アドバイザー,2008-2015

◇その他の国際・国内貢献等

  • The 9th Asia-pacific Complex Systems Conference,Program Committee,2009/11/04 - 2009/11/07
  • 情報処理学会,ネットワーク生態学研究グループ(新設) 主査
  • 情報処理学会,論文誌シニア編集委員

全件表示

■賞等

  • IARIA BEST PAPER AWARD, International Conference on Adaptive and Self-adaptive Systems and Applications,,IARIA(http://www.iaria.org/conferences2012/awardsADAPTIVE12/adaptive2012_a3.pdf),2012

■共同研究等希望テーマ

  • ネットワーク生態系における地域コミュニティの協調促進
  • 自律分散システム(分散型電力供給等)
  • 広域分散コンピューティングの実装実験