北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 所属別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building II 3F
TEL:0761-51-1661
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

高村 禅 (タカムラ ユズル) 教授
マテリアルサイエンス系、生命機能工学領域

■学位

東京大学学士(1990), 東京大学修士(1992),東京大学博士(工学)(1995)

■職歴

日本学術振興会 特別研究員(1993), 文部省宇宙科学研究所 助手(1996)、東京大学 大学院工学系研究科 助手(1999), 科学技術振興機構 戦略的創造推進事業「さきがけ」 領域研究者(兼任、2003-2007)

■専門分野

微細加工、微小流体力学、バイオチップ、マイクロプラズマ

■研究テーマのキーワード

DNA解析、電気浸透流ポンプ、ナノ流路、小型元素分析

■研究課題

微細加工を駆使した高機能バイオチップ創製
電子線リソグラフィー等を用いて作成した人工ナノ構造と生体高分子の相互作用による新しい微小流体デバイスの開発を行っている。特に電場と圧力場を用いたDNAトラップは、DNAチップの前処理や濃縮に使えると期待されている。
リニア-ステッピングアクチュエータを用いた集積化バイオケミカルチップの開発
バイオチップの高機能化を目指して、チップ上での微小流体の正確なハンドリング法の開発を行っている。特に、電気浸透流やその応用であるリニア-ステッピングアクチュエータを利用した研究を進めている。
液体電極プラズマを用いた超小型元素分析装置の開発
中央部を狭くした微小流路中に液体試料を導入し両端より電圧を印加すると流路中でプラズマが発生する。これは液体を電極としたプラズマなので液体電極プラズマと呼ぶ。このスペクトルより高感度に元素分析を行う手法の開発を行っている。

■研究業績

◇著書

  • 超小型元素分析装置の開発、ぶんせき, 第1号,山本保、高村禅,日本分析化学会,2009,32-36
  • Nanomaterial-based electrochemical biosensors for medical applications,Kagan Kerman, Masato Saito, Shohei Yamamura, Yuzuru Takamura, Eiichi Tamiya,TrAC Trends in Analytical Chemistry, 27(7),2008,585-592
  • 電気浸透流、「ナノバイオ大辞典」,高村禅,テクノシステム,2007,341-347

全件表示

◇発表論文

  • Lift-off process for fine-patterned PZT film using metal oxide as a sacrificial layer,Phan Trong Tue, Tatsuya Shimoda and Yuzuru Takamura,Jounal of aamicromechanics and Microengineering,27,1,014004,2016
  • DEP-On-Go for Simultaneous Sensing of Multiple Heavy Metals Pollutants in Environmental Samples,Madhu Biyani, Radhika Biyani, Tomoko Tsushihashi, Yuzuru Takamura, Hiromi Ushijima, Eiichi Tamiya and Manish Biyani,Sensors,17,1,45,2017
  • Electrodeposited gold nanoparticles modified screen printed carbon electrode for enzyme-free glucose sensor application,Nguyen Xuan Viet and Yuzuru Takamura,VNU Journal of Science: Natural Sciences and Technology,32,4,83-89,2016

全件表示

◇講演発表

  • 微小流体デバイスを用いた一細胞配列、破砕技術に基づく個別細胞解析,高村禅,第8回日本再生医療学会総会,東京国際フォーラム,2009.3.5-6
  • マイクロ流体デバイスによる細胞と 生体分子のハンドリング,高村禅、野間慶一、富澤祐一,第89日本化学会春季年会講演,日本大学理工学部船橋キャンパス,2009.3.27-30
  • Modern Analyitical Technology for Mobile Use Employing Microfabricated Structures,Yuzuru Takamura,BIT Life Sciences'1st Annual World Congress of iBio-2008,中国、杭州,2008.5.18-21

全件表示

■担当講義

バイオ機能・組織化特論(E),ナノバイオテクノロジー論(実習付),先端生体機能特論(E),生体材料分析特論

■学外活動

◇所属学会

  • 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2003-
  • 米国鉱物金属材料学会,1997-1999
  • 日本マイクログラビティー応用学会,1996-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • 22nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference ,Section Sub Head,Waseda Univ., Prof., Shuichi Shoji,Nov. 16-19, 2009,Sheraton Sapporo Hotel
  • International Symposium on Microchemistry and Microsystems,北陸先端科学技術大学院大学・准教授・高村禅,Nov. 7-9, 2009,Kanazawa Excell Hotel Tokyu Hotel
  • Nanotechnology 2008,Program Comittee member,JAIST, Prof., Shoji Yamada,Oct 23-25,Ishikawa High-Tech Conference center

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • 財団法人富山県新世紀産業機構,知的クラスター創製事業「とやま医薬バイオクラスター」研究開発推進委員会委員,2004年5月18日〜2005年3月31日
  • 富山県,富山県バイオ推進戦略会議専門委員,2004年11月5日〜2004年3月31日

◇その他の国際・国内貢献等

  • 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,理事,2012/05/18 - 2013/03/31
  • マイクロプロセスとナノテクノロジ国際会議,プログラム委員,2011/10/24 - 2011/10/27
  • 第29回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,論文委員,2012/04/01 - 2012/10/31

全件表示

■賞等

  • 文部科学大臣表彰科学技術賞,文部科学省 平成26年度科学技術分野,20144
  • 文部科学大臣発明奨励賞,発明協会中部地方発明表彰,201010
  • 21th CHEMINAS 奨励賞,21th CHEMINAS,20106

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 環境計測機器の開発
  • マイクロマシン技術をつかったセンサー等の開発