北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building 掘3F
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

伊藤 泰信 (イトウ ヤスノブ) 准教授
知識科学系、知識マネジメント領域

■学位

九州大学 博士(比較社会文化) (2005)

■職歴

日本学術振興会特別研究員PD(2001-2003)、大分県立芸術文化短期大学専任講師(2003-2005)、英国ランカスター大学客員研究員(2011)、米国パロアルト研究所(PARC)客員研究員(2013)、英国ロンドン大学UCL客員研究員(2011-現在)

■専門分野

文化人類学(知識人類学)、知識社会学

■研究テーマのキーワード

教育人類学、科学技術の人類学、産業エスノグラフィ、医療エスノグラフィ

■研究課題

知識人類学の理論的彫琢、分野横断的研究実践
■知識人類学の彫琢: 現場の手触りにこだわりつつ、生活知から 学問も含む専門知──そこには人類学者自身の知も含まれる──にいたる、コミュニティや組織における様々な知を、身体・社会・歴史に埋め込まれたものとして捉え、その生成・伝達・創造のプロセスを探る「知識人類学」(知識の文化人類学)の彫琢がテーマです。 ■分野横断的研究実践(文化人類学で/を豊かにすること): 近年は、科学技術、医療、産業などの諸領域で分野横断的研究・エスノグラフィ研究を実践しています。一方で、他分野の研究や実務を、人類学の知見“で”豊かにできないかと試み、他方で、そうした他分野の研究者や実務者らとのやりとりを通じて文化人類学 “を”豊かな、他分野・実務に貢献する開かれた学にできないかというものです。

■研究業績

◇著書

  • 『先住民の知識人類学──ニュージーランド=マオリの知と社会に関するエスノグラフィ 』,伊藤泰信,世界思想社[科学研究費補助金:研究成果公開促進費助成による単著出版](第7回日本オセアニア学会賞 受賞著作:2008年3月),2007/2/28,xiii+405頁
  • 『ラボラトリー=スタディーズをひらくために──日本における実験系研究室を対象とした社会科学研究の試みと課題』,伊藤泰信(編),JAIST Press, 123頁, 2009.
  • 「正統的周辺参加(LPP)論──状況的認知論(状況論)の1つとして」,伊藤泰信,杉山公造ほか編『ナレッジサイエンス──知を再編する81のキーワード(改訂増補版)』近代科学社, pp.114-115.

全件表示

◇発表論文

  • 「医療者教育の文脈で人類学という学知の何が必要とされるのか」,伊藤泰信,『民博通信』,160,18-19,2018/03/30
  • "Improving Scientists' and Coordinators' Incentives for Service in Academia: The Ethnographic Analysis of Epistemic Cultures in a Japanese Public NMR Facility",Takashi ONODA and Yasunobu ITO,Organizational Cultures: An International Journal,17(3),27-41,2017
  • 「エスノグラフィを実践することの可能性──文化人類学の視角と方法論を実務に活かす」(特集/現場の実践に関わることの意味),伊藤泰信,『組織科学』,51(1),30-45,2017

全件表示

◇講演発表

  • 「概説──医療人類学とは」,伊藤泰信,第8回日本プライマリ・ケア連合学会プレコングレスワークショップ24 「医療人類学の知見をレンズに総合診療/家庭医療の実践を深める──大学の総合診療から僻地の地域医療まで」,高松シンボルタワー BBスクエア,2017/05/12
  • "Ethnography as a tool for identifying customers 'covert needs’? "(Future of Enterprise Anthropology: Fieldwork in business research, IUAES Commission on Enterprise Anthropology),ITO, Yasunobu,IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) Inter-Congress, Hotel Dubrovnik Palace, Dubrovnik, Croatia,2016/05/06
  • 「社会人・企業人教育と応答性──非人類学的エスノグラフィとの関係から考える」(分科会代表者:伊藤泰信「人類学教育と応答性──人類学者の再生産モデルを超えて」),伊藤泰信,日本文化人類学会第49回研究大会,大阪国際交流センター,2015/05/30

全件表示

■担当講義

社会科学方法論,次世代知識科学特論,ビジネスとエスノグラフィ,知識社会論

■学外活動

◇所属学会

  • 日本文化人類学会,第27期、第28期理事・評議員(2016-現在),2016-
  • International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES),member,2014-
  • European Association for Japanese Studies (EAJS),member,2011-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • Ethnographic Praxis in Industry Conference (EPIC) 2010, Tokyo,Member of the local committee (Public Relations),2010/08/29-9/1

◇審議会等への参画状況

  • 日本学術会議,連携会員(臨床医学委員会腫瘍分科会),2018年2月2日-2020年9月30日

◇その他の国際・国内貢献等

  • 京都大学 医学教育・国際化推進センター 講義「文化人類学と医学教育」(現場で働く指導医のための医学教育学プログラム),プログラム担当教員,2016/04/01 -
  • 大阪大学 超域イノベーション博士課程プログラム 講義「ビジネスエスノグラフィ」(超域展開力・フィールドワーク),講師,2015/12/03 - 2015/12/11
  • 石川県立看護大学 看護学部 人間科学領域 講義「医療人類学」,講師,2015/06/24 - 2018/03/31

全件表示

■賞等

  • 科学技術社会論・柿内賢信記念賞 実践賞,(科学技術社会論学会),2017
  • 専門社会調査士,(社会調査協会),2012
  • 第7回 日本オセアニア学会賞,(日本オセアニア学会),2008

■共同研究等希望テーマ

  • 実験系ラボのマネジメント、医療情報エスノグラフィ、ビジネスエスノグラフィ/デザインエスノグラフィ