北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
総合実験棟Multidisciplinary Research Center 2F
TEL:0761-51-1621
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

山口 政之 (ヤマグチ マサユキ) 教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

■学位

京都大学工学修士(1989),京都大学工学博士(1999)

■職歴

東ソー株式会社四日市研究所研究員(1989-1999), 北陸先端科学技術大学院大学受託研究員(1995-1996), 東ソー株式会社四日市研究所主任研究員(1999-2005), Polymer Processing Institute, Visiting Scientist(2000-2002), 大阪市立大学工学部非常勤講師(2002-2006)

■専門分野

高分子物性、レオロジー、高分子成形加工

■研究テーマのキーワード

レオロジー、高分子複合材料、高分子成形加工、バイオマス系高分子、自己修復材料

■研究課題

レオロジー制御による熱可塑性樹脂の加工性改質
ポリマーブレンドなどの技術により熱可塑性樹脂の成形加工性を向上する
バイオマス系プラスチックの高機能・高性能化
低環境負荷材料として今後の需要が増加すると考えられているバイオマス系プラスチック材料の高性能化・高機能化を行う
副資材による高分子材料への機能付与
添加剤やナノ粒子などの副資材の添加により新しい機能を付与する
自己修復性高分子材料の設計
分子鎖のトポロジー相互作用を利用した新しいタイプの自己修復性高分子を設計する

■研究業績

◇著書

  • "押出成形加工の理解に必要となるレオロジー特性の基礎","押出成形の条件設定とトラブル対策",,山口政之,,第1章 1節, pp.3-10, 技術情報協会, 2018
  • "分子運動を利用した自己修復性高分子材料の設計","次世代のポリマー・高分子開発,新しい用途展開と将来展望",,山口 政之,第2章 2節, pp.69-80, 技術情報協会, 2019
  • "Self-repairing property of a polymer solid with enhanced segmental motion" in "Self-Healing Composite Materials",,M. Yamaguchi,Chap. 12, Eds. A. Khan, M. Jawaid, R. Shiju, A. M. A. Asiri, Elsevier, Amsterdam, 2019.

全件表示

◇発表論文

  • Effect of acetylation site on orientation birefringence of cellulose triacetate,S. Nobukawa, Y. Enomoto-Rogers, H. Shimada, T. Iwata, M. Yamaguchi,Cellulose, DOI: 10.1007/s10570-015-0730-z,22,5,3003-3012,2015
  • Selective Localization of Carbon Nanotubes in PC/PET Blends,R. Wiwattananukul, S. Nobukawa, M. Yamaguchi,Polym. Comp., (2017). DOI: 10.1002/pc.23672,38,6,1103-1111,2015
  • Orientation birefringence of cross-linked rubber containing low-mass compound,A. Kiyama, S. Nobukawa, M. Yamaguchi,AIP Conf. Proc.,1664,030004 (1-5),2015

全件表示

◇講演発表

  • Unique Material Design of Polymer Blends with Aid of Flow Field,M. Yamaguchi, T. Sako   ,The First International Conference of Polymeric and Organic Materials in Yamagata University (IPOMY), Yonezawa, Yamagata, Japan, Jan. 24-26, 2019.,山形大学,2019/1/24-26
  • 押出成形の制御とレオロジー,山口政之   ,情報機構, 2月度セミナー,東京,2019/2/22
  • Enhancement of Mechanical Toughness for Poly(lactic acid),M. Yamaguchi, T. Huang   ,Biopolymers 2019, Baltimore, USA, March 4-6, 2019.,ボルチモア,2019/3/4-6

全件表示

■担当講義

物質デザイン・創出特論(E),高分子化学特論II,ナノ材料分析論(実習付)

■学外活動

◇所属学会

  • Society of Plastic Engineering,Board member of applied rheology division (2016-),2014-
  • 日本ゴム協会,2011-
  • 日本化学会,2006-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • 3rd International Workshop on Polymer Engineering and Processing,M. Yamaguchi and T. Kaneko (JAIST),2011/11/21,JAIST
  • 4th International Workshop on Polymer Engineering and Processing,Masayuki Yamaguchi, JAIST,2012/3/15,JAIST
  • JAIST International Symposium on Nano Technology 2010,責任者 マテリアルサイエンス研究科 山口政之,2010/09/30,石川県ハイテク交流センター

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • SpringerPlus,Editorial Board Member,from Jan. 2016
  • COI研究推進機構運営委員会,委員,2016年度
  • International Union of Pure and Applied Chemistry,国内委員,2008年12月―2016年12月

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 日本レオロジー学会,第67回レオロジー討論会 オーガナイザー,2019/10/16 - 2019/10/18
  • Polymer Science and Composite Materials Conference,Organizing committee member,2020/02/26 - 2020/02/28
  • 日本レオロジー学会,第66回レオロジー討論会 オーガナイザー,2018/10/17 - 2018/10/19

全件表示

■賞等

  • 功労者表彰,プラスチック成形加工学会,2018
  • Best Paper Award, SPE Engineering Properties and Structure Division,Society of Plastics Engineering,2016
  • 総説賞,マテリアルライフ学会,2015

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 熱可塑性炭素繊維複合材料のレオロジー、成形加工
  • 化粧品・食品のレオロジー
  • 高分子用機能性添加剤の開発