北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building II 4F
TEL:0761-51-1670
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

濱田 勉 (ハマダ ツトム) 准教授
マテリアルサイエンス系、生命機能工学領域

■学位

大阪大学理学士(2001),京都大学修士(理学)(2003),京都大学博士(理学)(2006)

■職歴

日本学術振興会特別研究員 (2004-2006)
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 助教 (2006-2011)
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 准教授 (2011-現在)
名古屋大学大学院工学研究科 非常勤講師 (2013)
金沢大学大学院自然科学研究科 非常勤講師 (2014)
首都大学東京大学院理工学研究科 非常勤講師 (2014)

■専門分野

ソフトマターの物理、生物物理、人工細胞膜

■研究テーマのキーワード

ソフトマター、人工細胞膜、ベシクル、リポソーム、相分離、コロイド

■研究課題

人工の細胞「膜」を自在に操る
両親媒性ソフトマターである脂質分子は、自己集合して膜を形成します。脂質膜は、2次元膜面内での相分離や、3次元空間でのベシクル変形などの多様な物理現象を示し、その構造は弾性エネルギーにより支配されます。 生体細胞は、この脂質膜を器・界面として利用しています。ミトコンドリア・小胞体のような複雑な構造体を形成したり、膜の融合・分裂などのダイナミックな動きが物質輸送を行っています。また、脂質膜小胞は、ドラッグデリバリーや化粧品などの材料としての応用開発も進められています。 私たちは、人工的に作製したマイクロメートルサイズの膜小胞(人工細胞膜、リポソーム、脂質ベシクル等と呼ばれる)を用いた実験により、膜の新奇現象を発見し、膜の新たな可能性を表現することを目的に研究を進めています。これまでに様々な膜の形や動きを創り出し、物理化学的な解析を使って、膜の世界を探求してきました。

■研究業績

◇著書

  • 材料表面の親水・親油の評価と制御設計第8章 非平衡界面での諸現象第6節 人工細胞の設計,執行航希,鈴木由衣,?田勉,株式会社テクノシステム,2016,507-514
  • Self-organization of Nanoparticle-Membrane Systems: Reconstitution of Cell Migration,Ken H. Nagai, Tsutomu Hamada,Bottom-Up Self-Organization in Supramolecular Soft Matter,Springer,2015/7,Chapter 11
  • Metabolic syndrome and neurological disordersLipids, Cholesterol, and Oxidized Cholesterol in Alzheimer Amyloid Beta-Mediated Neurotoxicity,Mun'delanji C. Vestergaard, Masamune Morita, Tsutomu Hamada, and Masahiro Takagi,Wiley,2013/12,163-178

全件表示

◇発表論文

  • Ag/FeCo/Ag Core/Shell/Shell Magnetic Nanoparticles with Plasmonic Imaging Capability,Takahashi M, Mohan P, Nakade A, Higashimine K, Mott D, Hamada T, Matsumura K, Taguchi T, Maenosono S,Langmuir,31,2228-2236,2015
  • Size-dependent partitioning of nano/micro-particles mediated by membrane lateral heterogeneity,Tsutomu Hamada, Masamune Morita, Makiyo Miyakawa, Ryoko Sugimoto, Mun'delanji C. Vestergaard, Masahiro Takagi,J. Am. Chem. Soc.,134,13990−13996,2012
  • Membrane disc and sphere: controllable mesoscopic structures for the capture and release of a targeted object,Tsutomu Hamada, Ryoko Sugimoto, Mun’delanji Vestergaard, Takeshi Nagasaki, and Masahiro Takagi,J. Am. Chem. Soc.,132,10528-10532,2010

全件表示

◇講演発表

  • Physical approach to artificial cells,?田勉,International Symposium on Bioscience and Biotechnology in JAIST, ISHIKAWA High-Tech Exchange Center,2016/03/18
  • 細胞サイズ空間で創発する膜とコロイドの動的カップリング,?田勉,第67回コロイドおよび界面化学討論会,北海道教育大学 旭川校,2016/09/22-24
  • Physical design of artificial cell membranes,Tsutomu Hamada,分子研研究会 「超機能分子の創成:合成、計測、数理が織りなす社会実装分子の戦略的設計と開発」,岡山コンファレンスセンター,2016/06/27-28

全件表示

■担当講義

生体機能材料特論,先端生体機能特論

■学外活動

◇所属学会

  • ソフトマター研究会,2011-
  • 日本生物物理学会,2003-
  • 日本物理学会,領域運営委員(2012/4〜2013/3、領域12 ソフトマター物理),2002-

■賞等

  • 第8回日本物理学会若手奨励賞,日本物理学会