北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 所属別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
サービスサイエンス研究センター Research Center for Service Science 6F
TEL:0761-51-1631
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

金子 達雄 (カネコ タツオ) 教授
マテリアルサイエンス系、環境・エネルギー領域

■学位

東京工業大学工学士(1993),東京工業大学修士(工学)(1995),東京工業大学博士(工学)(1998)

■職歴

北海道大学助手(1997),鹿児島大学助手(2001),大阪大学助手(2004)

■専門分野

高分子化学、ソフトマタ、環境材料学

■研究テーマのキーワード

エンジニアリングプラスチック、バイオマス、光化学、多糖類、アミノ酸、液晶、ゲル

■研究課題

環境適応型・高性能プラスチックの開発
天然物を用いた高分子鎖の革新的ナノデザイン

■研究業績

◇著書

  • Novel Route to Biopolyamides, Microbial Applications Vol.2 Biomedicine, Agriculture and Industry, Part III, Microbe-Derived Itaconic Acid,Md. A. Ali, T. Kaneko,2017,279-289
  • 高耐熱・高機能バイオプラスチックの開発 バイオプラスチック技術の開発動向と市場展開 第5章,金子達雄,シーエムシー・リサーチ ,2015,129-152
  • Polyamide Synthesis, Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials (K. Mullen, C. Pugh, and S. Kobayashi Eds),Md. A. Ali, T. Kaneko,,Springer-Verlag, 2015, pp1750-1762.

全件表示

◇発表論文

  • Tough and Porous Hydrogels Preapred by Simple Lyopgilization of LC gels,S. Sornkamnerd, M. K. Okajima, T. Kaneko,ACS Omega in press.,2,5304-5314,2017
  • Switchable release nano-reservoirs for co-delivery of drugs via a facile micelle-hydrogel composite.,Patel M., Kaneko T., Matsumura K,J. Mater. Chem. B.,5,3488-3497,2017
  • Bacterial fermentation platform for producing artificial aromatic amines, S. Masuo, S. Zhou, T. Kaneko, N. Takaya,Sci. Rep., 6,25764-25773,2016

全件表示

◇講演発表

  • New phase of bio-based polymers containing “N”,Tatsuo Kaneko,ICBP2017,Yuan Ze University,2017/5/16
  • High-performance Biopolymers Derived from Aromatic Microbial Chemicals,Tatsuo Kaneko1, Seiji Tateyama1, Naoki Takaya,IPC2016,Fukuoka International Congress Center,2016/12/15
  • Exotic amino acids for new-phase bioplastics,Tatsuo Kaneko, Seiji Tateyama, Naoki Takaya,12th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XII) ,Hunan Agricultural University,2016/10/16

全件表示

■担当講義

高分子化学特論機な子設計特論

■学外活動

◇所属学会

  • サクラン研究会,副会長,2011-
  • 高分子ゲル研究会ゲルワークショップin岡山,運営委員長,2011-2011
  • 高分子討論会,organizer,2007-2007

全件表示

◇国際会議主催状況

  • The 4th International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2017),北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 環境・エネルギー領域 金子達雄,2017/9/26,JAIST
  • The 3rd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2016),JAIST, Prof, Tatsuo Kaneko,2016/3/4-5,石川ハイテク交流センター
  • The 1st International Symposium of Energy & Environment in JAIST (I SEE JAIST 2016),JAIST, Assoc.Prof, Tatsuo Kaneko,2016/2/26-29,石川ハイテク交流センター

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 第24回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,実行委員長,2016/12/08 -
  • 平成25年度北陸地区講演会と研究発表会,世話人(実行委員長は別に設定されていたが、実質上の中心人物),2013/11/22 -

■賞等

  • 第9回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2017」,ドイツ商工会議所,2017
  • 最優秀発表賞,アメリカ化学会,2016
  • 科研費第一次審査表彰,学術振興会,2015

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 新規天然物の材料化