北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building 掘6F
TEL:0761-51-1630
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

谷池 俊明 (タニイケ トシアキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

■学位

東京大学工学士(2001),東京大学修士(工学)(2003),東京大学博士(理学)(2006)

■職歴

シミュレーション科学研究センター准教授

■専門分野

計算科学, 触媒化学, 表面科学

■研究業績

◇著書

  • Ziegler-Natta触媒の構造性能相関,谷池 俊明, 寺野 稔,触媒学会,2017,48-57
  • TiCl3/MgCl2モデル触媒を用いたZiegler-Natta触媒の活性点の精密分析,和田 透, 高橋 彰吾, 谷池 俊明, 寺野 稔,次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.10,三恵社,2016,47-52
  • リアクターグラニュール技術によるポリプロピレンナノコンポジットの調製とその特性, ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術,谷池 俊明,寺野 稔,技術情報協会,2016,196-203

全件表示

◇発表論文

  • Influence of Functional Groups on Ethylene Polymerization Performance of Silsesquioxane-Supported Phillips-Type Catalyst,Ryuki Baba, Ashutosh Thakur, Patchanee Chammingkwan, Minoru Terano, Toshiaki Taniike,Dalton Transactions,accepted,2017
  • Chemiluminescence from recombinant spider silk under thermo-oxidative degradation,Koyuru Nakayama, Anh T. N. Dao, Kengo Takeuchi, Jun’ichi Shimokata, Toshiaki Taniike,Polymer Degradation and Stability,in press,2017
  • Influence of isotacticity and its distribution on degradation behavior of polypropylene,Patchanee Chammingkwan, Fumitaka Yamaguchi, Minoru Terano, Toshiaki Taniike,Polymer Degradation and Stability,143,253-258,2017

全件表示

◇講演発表

  • Ziegler-Nattaオレフィン重合に置ける構造性能相関,谷池 俊明,石油学会第60回年会(第66回研究発表会),東京,2017年5月23-24日
  • リアクターグラニュール技術を用いた新規ポリオレフィン系ナノコンポジットの開発,谷池 俊明,ポリマー材料フォーラム,能美,2016年11月14日
  • 多変量解析を用いたZiegler-Natta触媒の構造性能相関,谷池 俊明, 舟子 俊樹, 寺野 稔,第8回岩澤コンファレンス,名古屋,2016年12月5-6日

全件表示

■担当講義

材料形態特論

■学外活動

◇所属学会

  • 日本石油学会,2008-
  • マテリアルライフ学会,2007-
  • 高分子討論会,2006-

全件表示

■賞等

  • 日本化学会年会学生講演賞,日本化学会,2006
  • 研究奨励賞:分子カプセルを利用したポリプロピレン系材料の高安定化,マテリアルライフ学会,2010
  • Young Scientist Award, Establishment of Structure-Performance Relationship in Propylene Polymerization with Novel Core-Shell MgO/MgCl2/TiCl4 Catalyst,8thInterrnational colloquium on Heterogeneous Ziegler-Natta Catalysts,2012

全件表示