北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building IV 6F
TEL:0761-51-1570
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

高村 由起子 (タカムラ ユキコ) 准教授
マテリアルサイエンス系、応用物理学領域

■学位

東京大学学士(工学)(1993),東京大学修士(工学)(1995),東京大学博士(工学)(1998)

■職歴

日本学術振興会 特別研究員(DC1)(1995-1998)
日本学術振興会 特別研究員(PD)(1998-2001)
マックスプランクプラズマ物理研究所材料研究部門 客員研究員(1999-2000)
日本学術振興会 リサーチ・アソシエイト(2001-2002)
東北大学金属材料研究所 助手(2002-2006)
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 講師(2006-2011)
北陸先端科学技術大学院大学先端融合領域研究院 兼務教員(2007-2011)
東北大学原子分子材料科学高等研究機構 連携准教授(2009-2017)
東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 客員研究員(2009)
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 准教授(2011-2016)
北陸先端科学技術大学院大学シミュレーション科学研究センター 兼務教員(2015-2016)
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス系 准教授(2016-)
金沢大学大学院自然科学研究科 非常勤講師(2016-2017)

■専門分野

薄膜成長、表面界面工学

■研究テーマのキーワード

薄膜、超高真空、気相成長、エピタキシー、窒化物、ホウ化物、走査プローブ顕微鏡、シリセン

■研究業績

◇発表論文

  • Nanomechanical Properties of Epitaxial Silicene Revealed by Noncontact Atomic Force Microscopy,M. Nogami, A. Fleurence, Y. Yamada-Takamura, and M. Tomitori,Advanced Materials Interfaces 1801278 (2018), in press.
  • Atomistic Study of GaSe/Ge(111) Interface Formed through van der Waals Epitaxy,T. Yonezawa, T. Murakami, K. Higashimine, A. Fleurence, Y. Oshima, and Y. Yamada-Takamura,Surface and Interface Analysis 1-5 (2018).
  • 2次元材料の電子状態解析ーシリセン研究における実験と計算の協奏,高村(山田)由起子、尾崎泰助,応用物理 第86巻 488-492 (2017).

全件表示

◇講演発表

  • Band engineering in silicene-Ge alloy,A. Fleurence, Y. Awatani, F. Wiggers, T. Yonezawa, S. Wallace, C. Huet, and Y. Yamada-Takamura,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai, Japan,2018.10.23
  • Influence of strain at GaSe/Ge(111) interface formed through van der Waals epitaxy,T. Yonezawa, H. Nitta, T. Murakami, K. Higashimine, A. Fleurence, Y. Oshima, and Y. Yamada-Takamura,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai, Japan,2018.10.23
  • First-principles Calculations of Strained Honeycomb GaSe Layer on Substrates (poster presentation),H. Nitta, T. Yonezawa, Y. Yamada-Takamura, and T. Ozaki,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai, Japan,2018.10.22

全件表示

■担当講義

固体・表面電子構造特論(E),固体物理学特論

■学外活動

◇所属学会

  • 応用物理学会,薄膜・表面物理分科会企画担当幹事,2017-2018
  • 応用物理学会,和文機関誌「応用物理」編集委員,2011-2012
  • アメリカ物理学会,2003-

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • 日本学術振興会,科学研究費委員会専門委員,2016/12/01 - 2017/11/30
  • 文部科学省,科学研究費補助金における評価に関する委員会の評価者,2015/12/08 - 2016/12/07
  • 日本学術振興会,特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員,2014/08/01 - 2015/07/31

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • Science and Technology of Advanced Materials (STAM) 誌,編集委員, 2015-
  • 子どもマイスター賞実行委員会(能美市教育委員会),『子どもマイスター賞』審査委員、2008-2018

■賞等

  • 第46回原田研究奨励賞,財団法人本多記念会,200607
  • Poster Award, IFCAM Workshop on Surface and Interface Science,200701
  • Best Poster Award, 3rd Materials Science School for Young Scientists,200608