北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building 掘7F
TEL:0761-51-1745
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

小坂 満隆 (コサカ ミチタカ) 教授
知識科学系、知識マネジメント領域

■学位

京都大学工学士(1975)、京都大学工学修士(1977)、京都大学工学博士(1984)

■職歴

(株)日立製作所システム開発研究所(1977)、同第1部主任研究員(1989)、同第5部部長(1995)、同所長(2001)、(株)日立製作所情報通信グループIDソリューション事業部 事業部長(2005)、(株)日立製作所電機グループ グループ長付(2007)

■専門分野

研究開発マネジメント、サービスイノベーション、システム工学と知識科学の融合、システム制御(推定理論)

■研究テーマのキーワード

サービスイノベーションのためのKOSA(knowledge science oriented systems approach)モデルの研究

■研究課題

サービスイノベーションの教育体系
サービスイノベーションという新しい教育分野の教育カリキュラムを,知識科学、情報科学、ビジネス科学、横断型科学技術の4つに基づいて開発する。新設のサービス経営コースのカリキュラム構成に反映する。

■研究業績

◇著書

  • 第3世代のサービスイノベーション,小坂満隆 編第3世代のサービスイノベーション研究会著,社会評論社,2017,307
  • Manufacturing Servitization in the Asia-Pacific,Wang, Jing, Kosaka, Michitaka, Xing, Ke,Springer,2016,414
  • サービス志向への変革,小坂 満隆,社会評論社,2012

全件表示

◇発表論文

  • Reciprocal Value Co-Creation in Care Services: A Case Study of L’Arche Kananoie,Tetsuya Muramoto, Michitaka Kosaka,Information Engineering Express International Institute of Applied Informatics,Vol.3,No.2,p.35, 10,2017
  • A Collaboration-Based Spiral Model for Curriculum Development of Older Adult Education: A View from Service Science Perspective,Jinfang Cai, Michitaka Kosaka,International Journal of Knowledge and Systems Science,8,2,p.27, 16,2017/2
  • 顧客サービス価値を考慮したB2B2C タイプ電子機器新商品企画プロセスの提案,坂野 弘幸, 小坂 満隆,電気学会論文誌C,Vol.137,No.2,P.379,8,2017/2

全件表示

◇講演発表

  • he process of maximizing the co-created service value based on the Service field concept,Shuang Xu, Michitaka Kosaka,The 4th Asian Conference on Information systems (ACIS2015),Penang,,October 15-17, 2015
  • サービス価値共創における設計事務所の役割について,西岡由紀子, 小坂満隆,第3回サービス学会全国大会,歌劇座(金沢),平成27年4月8日―9日
  • A Model of Idea Co-creation for Innovation,,Le Nguyen Dinh, Michitaka Kosaka,The 3rd Asian Conference on Information systems (ACIS2014),Nha Trang, Vietnam,Dec. 1-3, 2014

全件表示

■担当講義

地域活性化システム論,マーケティング論,研究開発マネジメント論,サービスイノベーション論,イノベーションデザイン論,システム科学方法論

■学外活動

◇所属学会

  • サービス学会,理事,2012-
  • 横断型基幹科学技術研究団体連合,理事,2010-
  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Member,2009-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • The 3rd Japan-China Joint Symposuim on Information Systems,Japan Advanced Institute of Science and TechnologySchool of Knowledge Science Professor, Michitaka Kosaka &Tsinghua University Professor, Zhisheng Niu,22-24 April, 2010,Tsinghua University

◇審議会等への参画状況

  • 北陸ライフケアシステム研究会,委員長,2015年度
  • 能美市九谷焼再生委員会,委員長,2011/11-2012/12
  • 日本MOT振興協会,諮問委員

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • The 4th Asian Conference on Information systems (ACIS2015),Honorary Chair,2015/10/15 - 2015/10/17
  • サービス学会,第3回サービス学会 国内大会,2015/04/08 - 2015/04/09
  • 科学技術振興機構研究開発戦略センタ,研究開発の俯瞰報告 システム科学 サービスシステム区分統括,2014/05/01 - 2015/03/31

■賞等

  • 電気学会フェロー,社団法人 電気学会,2011
  • 計測自動制御学会フェロー,計測自動制御学会,2010