北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building I 4F
TEL:0761-51-1720
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

神田 陽治 (コウダ ヨウジ) 教授
知識科学系、知識マネジメント領域

■学位

東京大学理学士(1981)、東京大学工学修士(1983)、東京大学工学博士(1986)

■職歴

富士通株式会社副研究員(1986)、株式会社富士通研究所主任研究員(1999)、同主管研究員(2002)、富士通株式会社FI特命PJ員(2007)、株式会社富士通総研フィールド・イノベータ(2008)、富士通株式会社フィールド・イノベータ(2009)、北陸先端科学技術大学院大学教授(2011)

■専門分野

インターネットサービス、サービス科学、ビジネスイノベーション

■研究テーマのキーワード

「サービスを科学する」

■研究課題

サービス記述のフレームワーク
消費者の観点からは単純に見えるサービスも、提供者内部では複雑な業務プロセスが動いています。このことは、消費者から提供者内部まで、サービス全体を記述すべきことを意味します。数理モデル、エージェントシステム、サービスブループリント、システムダイナミクス等を基礎に、サービス全体を記述するフレームワークを開発します。サービス全体がうまく記述できれば、サービス改善ための予測やシミュレーションが行えるようになります。

ビデオを活用したオフィスワーク向け実地調査手法の研究開発
(1)オフィスワーク向けの実地調査手法を確立します。「行動観察ツール」を作成しています。ビデオを活用することで、観察される側の負担を減らします。作業者のPC(パソコン)画面に映る帳票の解析を行って、現場の映像をシーン分割・ペアリングし、類似の複数シーンを同時再生することで、気づきを促す仕組みを特徴とします。(2)実際に業務を行っているオフィスを選び、実地調査を行います。実地調査の前半で現場をビデオで撮影し、実地調査の後半でワークショップを実施します。ワークショップでは、現場の映像を見てもらうことで、観察される側からも気づきを引き出します。(3)行動観察ツールで得られる、観察対象者やPC画面のシーン分割された映像から得られる集計情報を用いて数理モデルを作り、それを基に「オフィスでの働き方」を客観的に捉える指標を開発します。さらに開発した指標を組み込んで、行動観察ツールを高度化します。

シェアリングのサービス価値の解明とサービステクノロジーの開発
(1)シェアリング・サービスの成功要因を見極め、効用が高いシェアリングを実現するためのサービステクノロジーを開発します。「シェアリング・サービス」は、全消費(all-consuming)から協同消費(collaborative consumption; 共有・貸借・譲渡・交換・奉仕など)へ向かう、サービス開発の新しい潮流。(2) シェアリング・サービスが受け入れられているのは、人間が社会的動物として持っている性質(認めてもらいたい、助けてあげたい、もったいない、など)をうまく利用することで、新しいサービス価値を生み出すことに成功しているからではないのか?(3) シェアリング・サービスのサービス価値を解明することで、効用が高いシェアリングを実現するためのサービステクノロジーを開発します。

シェアリングサービスの顧客価値はどこから生まれるのか?
シェアリングサービスは,独占して消費し尽くしてしまう態度から,共同消費する態度への大きな潮流である.ところで,シェアリングサービスには顧客から見て,お得とか環境にやさしいといった利益がある一方で,悪くすれば犯罪に巻き込まれるリスクもある.人間は元来リスク回避的であることを考えると,人々はシェアリングサービスを選ばないのが自然と思える.ではなぜ,人々はシェアリングサービスを選ぶようになったのか.我々は,成功しているシェアリングサービスプロバイダーは,大規模な投資を行い,顧客に代わって顧客のリスクを減ずる策を,意図して実装しているからだと考える.実際,カーシェアの大手の米Zipcar社へのインタビューから,利用マナーが悪い顧客を選別し,排除していく仕組みを構築していることがわかった.これにより「利用マナーが良い利用者とカーシェアできる」という使用価値を,Zipcarは作り出した

ソーシャルイノベーションにおける、ソーシャルバリューの創出の研究
ソーシャルイノベーション、ソーシャルエンタープライズ、社会起業家に注目し、ソーシャルバリュー創出の研究を行う。ソーシャルイノベーションが生み出す価値とは、BOP(base of the pyramid)国と先進国の間の“温度差”から生まれるのではないか、と考えている
イスラム文化圏における、非経済的なサービス価値の分析研究
イスラム文化の価値観の下にあるサービスの価値の分析を行う。イスラム金融の分析から始める。イスラム金融では、経済的利益(利子)は禁止されており、非経済的価値を顧客に提供している。

■研究業績

◇著書

  • BookTitle: "Serviceology for Designing the Future: Selected and Edited Papers of the 2nd International Conference on Serviceology", Title: "Exploration of Service System and Value Co-creation Mechanism in Islamic Banking in Pakistan",Amna Javed, Youji Kohda, Hisashi Masuda,Springer Japan,2016,pp.37-50
  • Strategic Relationships: A Service Science Perspectiv (Chapter 1) in Handbook of Research on Strategic Alliances and Value Co-Creation in the Service Industry,Md. Abul Kalam Siddike, Youji Kohda, Haluk Demirkan, Jim Spohrer,IGI Global,2017/1/6,1-21
  • 知識科学的方法論の全学展開によるイノベーション創出人材の育成, 『価値創出をになう人材の育成(横幹〈知の統合〉シリーズ)』 第5章,神田陽治、西中美和,東京電機大学出版局,2016,55-65

全件表示

◇発表論文

  • Knowledge and Perception about Food Adulteration Problem among School Children in Bangladesh,Iffat Tasnim Haque, Youji Kohda,The 10th European Public Health Conference,2017/11/01
  • Comparative Study between Bangladesh and Japan: A Knowledge Based Approach of Women Empowerment and Leadership Transformation,Nilima Haque Ruma, Youji Kohda,KICSS 2017: The 12th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems,2017/11/09
  • Conceptualizing the Sharing Relationship Framework on Applicants and Employers in Current E-recruitment Process of Bangladesh,Sultana Nayeema, Youji Kohda,KICSS 2017: The 12th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems,2017/11/09

全件表示

◇講演発表

  • Value co-creation through interactions among self-organized members,Miwa Nishinaka, Kunio Shirahada, and Yoji Koda,IRSSM-8, Yonsei University, Seoul, South Korea.
  • “Entanglement” of Knowledge Science and Service Science: a personal perspective,Youji Kohda,JAIST International Symposium on Knowledge Science,金沢,2016/03/14
  • 北陸先端科学技術大学院大学おけるイノベーション創出人材の育成の試み,神田陽治,第7回横幹連合コンファレンス,横浜,2016/11/20

全件表示

■担当講義

キャリア基礎開発,知識科学概論,次世代知識科学特論,知識科学概論(E),インターネットサービスシステム論,情報産業サービス化論,キャリア開発基礎(E)

■学外活動

◇所属学会

  • 電気学会,2012-
  • サービス学会,2012-
  • 電子情報通信学会,1984-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • Asian Conference on Information Systems 2013 (ACIS2013),Honorary Co-Chair:Norihisa Komoda (Osaka University, Japan)Somnuk Tangtermsirikul (SIIT, Thailand)General Co-Chair:Yoji Kohda (JAIST, Japan)Pansak Siriruchatapong (NECTEC, Thailand)Program Co-Chair:Kiyota Hashimoto (Osaka Prefecture University)Thanaruk Theeramunkong (SIIT, Thailand),October 31 - November 2, 2013,Phuket, Thailand

◇審議会等への参画状況

  • サービス学会,出版委員会委員,平成26年4月1日〜平成30年3月31日
  • サービス学会,代議員,平成26年4月1日〜平成30年3月31日
  • 日本ソフトウェア科学会,学会誌編集委員,平成26年4月1日〜平成30年3月31日

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • サービス学会,代議員,2014/04/01 -
  • 日本ソフトウェア科学会,編集委員会委員,2014/04/01 -
  • サービス学会,出版委員会委員(マガジン担当),2014/04/01 -

■賞等

  • 情報処理学会学術奨励賞,情報処理学会,1985