北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building IV 6F
TEL:0761-51-1571
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

水田 博 (ミズタ ヒロシ) 教授
マテリアルサイエンス系、環境・エネルギー領域

■学位

大阪大学理学士(1983), 大阪大学理学修士(1985), 大阪大学博士(工学)(1993)

■職歴

・株式会社日立製作所中央研究所(1985-2003) ・日立ケンブリッジ研究所所長(兼)主任研究員(1997-2003)・東京工業大学助教授(2003-2007)・連携教授(2007-2010)・静岡大学電子工学研究所客員教授(2009-2011)・英サザンプトン大学 Professor of Nanoelectronics(2007-)

■専門分野

ナノデバイス物理、ナノ電子機械システム(NEMS)、量子情報素子、アトムスケールデバイスシミュレーション

■研究テーマのキーワード

グラフェン、ナノエレクトロニクス、NEMS、量子コンピュータ、極限デバイス、第一原理計算

■研究業績

◇著書

  • Inter-band Current Enhancement by Dopant-Atoms in Low-Dimensional pn Tunnel Diodes,D. Moraru, M. Muruganathan, L.T. Anh, R. Nuryadi, H. Mizuta, M. Tabe,Springer International Publishing
  • NEMS技術とフォノンエンジニアリング(『マイクロ・ナノスケールの次世代熱制御技術 フォノンエンジニアリング』),水田博, マレク シュミット, 小川真一, マノハラン ムルガナタン,NTS出版
  • Plasma Etching of Graphene (Encyclopedia of Plasma Technology),J. Sun and H. Mizuta,Taylor & Francis

全件表示

◇発表論文

  • Quantized conductance operation near a single-atom point contact in a polymer-based atomic switch,K. Krishnan, M. Muruganathan, T. Tsuruoka, H. Mizuta, and M. Aono,Jpn. J. App. Phys.
  • Highly Reproducible and Regulated Conductance Quantization in a Polymer-Based Atomic Switch,K. Krishnan, M. Muruganathan, T. Tsuruoka, H. Mizuta, and M. Aono,Advanced Functional Materials,1605104
  • Study of dynamic contacts for graphene nano-electro-mechanical switches,W. Wang, M. Muruganathan, J. Kulothungan and H. Mizuta,Jpn. J. Appl. Phys.,56,04CK05

全件表示

◇講演発表

  • Sub-10-nm Pitch Nanopore Array in Graphene by Helium Ion Beam Milling for Heat Phonon engineering,Marek E. Schmidt, Teruhisa Kanzaki, Mayeesha Haque, Takuya Iwasaki, Manoharan Muruganathan, Shinichi Ogawa and Hiroshi Mizuta,HybridQS Workshop,Zao,10-13 September, 2017
  • Observation of Single Carrier Transport Behavior in Graphene Nano Constrictions,Zhongwang Wang, Takuya Iwasaki, Manoharan Muruganathan and Hiroshi Mizuta,43rd International Conference on Micro and Nanoengineering (MNE 2017),Braga, 18-22 September,2017
  • Tip-Enhanced Raman characterization of He-ion-irradiated CVD graphene channels,Taharh Zelai, Takuya Iwasaki, Stuart Boden, Harold Chong, Hiroshi Mizuta, and Yoshishinge Tsuchiya,43rd International Conference on Micro and Nanoengineering (MNE 2017),Braga,18-22 September,2017

全件表示

■担当講義

固体電子物性・デバイス特論(E),量子現象特論(E)

■学外活動

◇所属学会

  • 英国物理学会,Fellow,1990-
  • 米国電気電子学会,1987-
  • 応用物理学会,1986-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • 39th International Conference on Micro and Nano Engineering,Prof. Bill Milne (Univ. of Cambridge), Dr Zahid Durrani (Imperial College London), Prof. Hiroshi Mizuta (JAIST/UoS),16-19 September 2013,Imperial College London, UK
  • Micro and Nano Engineering 2013,University of Cambridge, Professor Bill Milne, General ChairUniversity of College London, Dr Zahid Durrani, Program Co-chairJAIST, Professor Hiroshi Mizuta, Program Co-chair,16 - 19 September 2013,University College London, UK
  • IEEE/ACM International Symposium on Nanoscale Archtectures (NANOARCH 2013),General Chair, Ramesh Karri, Polytechnic Institute of NYUProgram Commitee Member, Hiroshi Mizuta, JAIST/SOU,15-17 July 2013,New York

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • 東京工業大学,国際展開力強化事業(TiROP)国際評価委員,国際評価パネル出席 2014年8月7日
  • 早稲田大学リーディング理工学博士プログラム外部評価委員会,外部評価委員,2013年度外部評価委員会出席 2014年6月23日
  • Science Foundation of Ireland (SFI),トリニティカレッジダブリン研究プロジェクト中間評価審査委員,2014年7月〜11月

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 英国インペリアルカレッジロンドン・電気電子工学部・博士課程審査,外部審査委員,2013/07/03 - 2013/09/23
  • 天皇皇后両陛下・在留邦人ご接見の式,在英日本人代表としてロンドン日本大使公邸でのご接見の儀に出席,2012/05/19 -
  • 国立教育政策研究所・東京工業大学主催 国際シンポジウム 大学院教育の実質化 ‐工学分野における世界の取り組みを例に考える‐,招待講演者,2011/01/14 -

全件表示

■賞等

  • 応用物理学会シリコンテクノロジー分科会論文賞,応用物理学会,19