北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building IV 6F
TEL:0761-51-1571
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

水田 博 (ミズタ ヒロシ) 教授
マテリアルサイエンス系、環境・エネルギー領域

■学位

大阪大学理学士(1983), 大阪大学理学修士(1985), 大阪大学博士(工学)(1993)

■職歴

・株式会社日立製作所中央研究所(1985-2003) ・日立ケンブリッジ研究所所長(兼)主任研究員(1997-2003)・東京工業大学助教授(2003-2007)・連携教授(2007-2010)・静岡大学電子工学研究所客員教授(2009-2011)・英サザンプトン大学 Professor of Nanoelectronics(2007-)

■専門分野

ナノデバイス物理、ナノ電子機械システム(NEMS)、量子情報素子、アトムスケールデバイスシミュレーション

■研究テーマのキーワード

グラフェン、ナノエレクトロニクス、NEMS、量子コンピュータ、極限デバイス、第一原理計算

■研究業績

◇著書

  • NEMS devices (Nanoscale Silicon Devices),Y. Tsuchiya and H. Mizuta,CRD Press
  • Plasma Etching of Graphene (Encyclopedia of Plasma Technology),J. Sun and H. Mizuta,Taylor & Francis
  • Ultrasensitive in-plane resonant nanoelectromechanical sensors’, Nanoscale Sensors (Lecture Notes in Nanoscale Science and Technology),F. Arab Hassani, Y. Tsuchiya, A. Ionescu and H. Mizuta,ISBN 978-3319027715, pp.245-276, Springer, 2014

全件表示

◇発表論文

  • Interaction study of nitrogen ion beam with silicon,M. E. Schmidt, X. Zhang, Y. Oshima, L. T. Anh A. Yasaka, T. Kanzaki, M. Muruganathan, M. Akabori, T. Shimoda and H. Mizuta,J. Vac. Sci.& Tech. B,35,03D101
  • Precise milling of nano-gap chains in graphene with a focused helium ion beam,Y. Zhou, P. Maguire, J. Jadwiszczak, M. Muruganathan, H. Mizuta and H. Zhang,Nanotechnology,27,32,325302 (6 pages)
  • Strong modulation of plasmons in graphene with the use of an inverted pyramid array diffraction grating,N. Matthaiakakis, H. Mizuta and M. D. B. Charlton,Scientific Reports,6,27550

全件表示

◇講演発表

  • First principle calculation of a negatively charged boron-vacancy center in diamond for highly-sensitive magnetic sensor applications,Aiko Kunisaki, Manoharan Muruganathan, Hiroshi Mizuta, and Tetsuo Kodera,48th Solid State Devices and Materials (SSDM2016),Tsukuba,26-29 Sept. 2016
  • Recent progress of graphene-based nanoelectronic and NEM device technologies for advanced applications,H. Mizuta, A. Hammam, S. Suzuki, J. Kulothungan, M. E. Schmidt, J. Sun and M. Muruganathan,The 2th IEEE International Conference on Semiconductor Electronics (IEEE-ICSE2016),Kuala Lumpur,17-19 August, 2016
  • Extended and local phonon mode identification in a silicon nanowire by 1/f noise spectroscopy,M. Mihaila, C. Dupre, E. Ollier, Y. Tsuchiya, H. Mizuta, A. Dinescu, C. Cobianu,Trends in Nanotechnology International Conference (TNT2016),Fribourg, 5 - 9 September 2016

全件表示

■担当講義

量子現象特論1,量子デバイス材料論

■学外活動

◇所属学会

  • 英国物理学会,Fellow,1990-
  • 米国電気電子学会,1987-
  • 応用物理学会,1986-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • 39th International Conference on Micro and Nano Engineering,Prof. Bill Milne (Univ. of Cambridge), Dr Zahid Durrani (Imperial College London), Prof. Hiroshi Mizuta (JAIST/UoS),16-19 September 2013,Imperial College London, UK
  • International Conference on IC Design and Technology (ICICDT2013),General Chiar, Andrea Mazzanti, University of Pavia, Italy Emerging Nanotechnologies Session Co-Chair, Hiroshi Mizuta, JAIST/SOU, Japan and Simon Deleonibus, CEA-LETI, France,29 -31 May 2013,Pavia
  • Micro and Nano Engineering 2013,University of Cambridge, Professor Bill Milne, General ChairUniversity of College London, Dr Zahid Durrani, Program Co-chairJAIST, Professor Hiroshi Mizuta, Program Co-chair,16 - 19 September 2013,University College London, UK

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • 文部科学省,新学術領域研究「原子層」専門委員会・主査,平成25年12月10日〜
  • 東京工業大学,国際展開力強化事業(TiROP)国際評価委員,国際評価パネル出席 2014年8月7日
  • 早稲田大学リーディング理工学博士プログラム外部評価委員会,外部評価委員,2013年度外部評価委員会出席 2014年6月23日

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 英国インペリアルカレッジロンドン・電気電子工学部・博士課程審査,外部審査委員,2013/07/03 - 2013/09/23
  • 天皇皇后両陛下・在留邦人ご接見の式,在英日本人代表としてロンドン日本大使公邸でのご接見の儀に出席,2012/05/19 -
  • 国立教育政策研究所・東京工業大学主催 国際シンポジウム 大学院教育の実質化 ‐工学分野における世界の取り組みを例に考える‐,招待講演者,2011/01/14 -

全件表示

■賞等

  • 応用物理学会シリコンテクノロジー分科会論文賞,応用物理学会,19