北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building II 8F
TEL:0761-51-1759
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

小林 重人 (コバヤシ シゲト) 講師
知識科学系、知識マネジメント領域

■学位

中央大学学士(商学)(2004), 北陸先端科学技術大学院大学修士(知識科学)(2006), 北陸先端科学技術大学院大学博士(知識科学)(2010)

■職歴

日本学術振興会特別研究員(2009),トリノ大学客員研究員(2010)

■専門分野

複雑系科学,進化経済学,社会シミュレーション

■研究テーマのキーワード

マルチエージェントシミュレーション,ゲーミング,地域通貨,サードプレイス,シビックテック

■研究課題

1. 共時的・通時的視点に基づく市場制度の分析と設計 2. マルチエージェント・シミュレーションとゲーミングによる地域通貨流通メカニズムに関する研究 3.制度生態系アプローチによる貨幣意識調査 4.サードプレイス(コミュニティカフェ)の分析と設計 5.金融経済教育のためのゲーム開発
動的環境下において持続可能な社会をつくるための制度設計について複雑系と進化経済学の視点から研究しています.社会制度をミクロとマクロの循環構造を媒介するものとして捉え,社会制度がミクロとマクロの相互に与える影響について調べています.主に構成的手法(コンピュータ・シミュレーション,ゲーミング・シミュレーション)によって研究を進めていますが,それ以外にも,制度を設計している人たちやまちづくりを行っている人たちへのインタビュー調査や,アンケートによる意識調査なども行っています.それらの成果は,行政や市民団体との協働による実践的な取り組みに活かされています.

■研究業績

◇著書

  • 小林 重人「地域通貨ゲームのフィードバック」,『平成25年度 新・買い物支援システム−オンデマンド商店街の可能性調査・研究報告書』,第4章2節,,熊澤 栄ニ 編著,北陸地域づくり協会,2014,44-51
  • 小林 重人,山田 広明 「第3の生活拠点創出事業 3カ年事業成果報告書」,3.1.1-3.1.5, 4.1,,能美市市民生活部地域振興課 編著,能美市市民生活部地域振興課,2014,8-26, 31-32
  • 小林 重人 「更別村公益通貨「サラリ」アンケート調査による「貨幣意識」の分析」, 『地域通貨を活用したコミュニティ・ドックによる地域社会の活性化』,第5章6節,西部 忠 編著,全労済協会,公募研究シリーズ25,2012,130-135

全件表示

◇発表論文

  • 知識共創力を高めるメタ認知スキルの学び方の学び:議論のファシリテーションを通じた経験学習,田中孝治・陳 巍・ダムヒョウチ・小林重人・橋本 敬・池田 満,電子情報通信学会和文誌D,J1-1-D,6,830-842,2018/06/01
  • 個人志向と社会志向が共存するサードプレイスの形成メカニズムの研究,山田 広明,小林 重人,情報処理学会論文誌,57,3,897-909,2016/03/15
  • ゲーミングとマルチエージェントシミュレーションによる地域通貨流通メカニズムの検討,小林 重人,吉田 昌幸,橋本 敬,シミュレーション&ゲーミング,23,2,1-11,2015/03

全件表示

◇講演発表

  • ありがとうの気持ちを循環させる「能美のあんやと券」,奈良井 伸子,小林 重人,人工知能学会 第4回市民共創知研究会,北陸先端科学技術大学院大学,2018/06/22-24
  • How Can We Ensure Middle School Students Acquire Economic Thinking?−Developing and Evaluating an Analog Game Involving Smartphones Simulated with LEGO Blocks,Kobayashi, S. & Yoshida, M.,The 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '18),Nakhon Pathom, Thailand,2018/07/09-13
  • Skill Combination Game for Resolving Acceptance Concern in Civic Tech Collaboration,Onishi, S., Kobayashi, S., & Hashimoto, T.,The 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA '18),Nakhon Pathom, Thailand,2018/07/09-13

全件表示

■担当講義

実践的社会調査法

■学外活動

◇所属学会

  • 経済教育学会,正会員,2018-
  • Research Association on Monetary Innovation and Community and Complementary Currency Systems,Full member,2017-
  • 経済社会学会,正会員,2015-

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • 「新・買い物弱者支援システム:安心ネットワークの可能性調査・研究」研究会, 北陸地域づくり協会,アドバイザー,2014/4/1-2015/3/31
  • 第3の生活拠点創出事業成果検証委員会, 能美市,座長,2013/6/1-2014/3/31
  • 白山ろく将来ビジョン策定委員会,白山ろく里山活性化協議会,委員,2015/10/1-2016/3/31

◇その他の国際・国内貢献等

  • 5th Biennial RAMICS International Congress in Japan,Committee Member,2018/07/01 - 2019/09/30
  • 石川県立羽咋高校,クリエイティブ・アドバイザー(平成29年度)
  • Winter Simulation Conference 2016 (WSC'16),Program Committee

全件表示

■賞等

  • 第3回 市民共創知研究会 ベストペーパー賞,人工知能学会,2017
  • 2017年度(第22回)論文賞,日本シミュレーション&ゲーミング学会,2017
  • 第6回 未来教育研究所研究助成 優良賞,未来教育研究所,2016

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 地域通貨, 地域活性化支援, 政策評価, コミュニティカフェ, 金融教育, ゲーミング, オープンガバメント