北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building III 5F
TEL:0761-51-1610
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

西村 俊 (ニシムラ シュン) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

■学位

東京学芸大学学士 (教育)(2006),東京学芸大学修士(教育学)(2008),北陸先端科学技術大学院大学博士(マテリアルサイエンス)(2011)

■専門分野

触媒化学、ナノ触媒合成

■研究テーマのキーワード

固体触媒、新エネルギー、バイオマス

■研究課題

メカニズムの検討による高機能ナノ触媒の開発に向けた研究
1) 触媒挙動の解明, 2) ナノ粒子の生成メカニズムの解明, 3) ナノ粒子と固体触媒の複合化による高機能ナノ触媒の開発および指針設計, 4) 固体触媒を用いたバイオマス資源の高効率変換プロセスの実践・提案、を目的に研究を進めている。

■研究業績

◇発表論文

  • Unveiling hidden catalysts for the oxidative coupling of methane based on combining machine learning and literature data
    Keisuke Takahashi, Itsuki Miyazato, Shun Nishimura, Junya Ohyama,
    ChemCatChem10,3223-3228,2018
  • Direct hydroxymethylation of furaldehydes with aqueous formaldehyde over a reusable sulfuric functionalized resin catalyst
    Shun Nishimura, Atsuki Shibata and Kohki Ebitani,
    ACS Omega3,5988-5993,2018
  • Effect of SiO2 amount on Heterogeneous Base Catalysis of SiO2@Mg-Al Layered Double Hydroxide
    Mahiro Shirotori, Shun Nishimura, Kohki Ebitani,
    RSC Advances8,28024-28031,2018

全件表示

◇講演発表

  • 地産地消を指向した急速熱分解装置の小型化とバイオ燃料製造性能の評価
    西村俊, 海老谷幸喜,
    第98回日本化学会春季年会,日本大学船橋キャンパス, 千葉,2018/3/20
  • 球状シリカを成長起点とした層状複水酸化物の合成と塩基触媒作用
    西村俊, 城取万陽, 海老谷幸喜,
    石油学会 第47回石油・石油化学討論会,とりぎん文化会館, 鳥取,2017/11/17
  • 小型・高効率な液体バイオ燃料製造装置とその性状評価法の開発
    西村俊, 海老谷幸喜,
    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会,岐阜大学, 岐阜,2017/11/11

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • 石油学会,2007-
  • 日本化学会,2006-
  • 触媒学会,2006-

◇その他の国際・国内貢献等

  • 一般社団法人 触媒学会,広報委員会委員,2018/05/11 - 2019/05/10
  • 一般社団法人 触媒学会,代議員,2018/03/01 - 2019/02/28
  • 一般社団法人 触媒学会,代議員,2017/03/01 - 2018/02/28

全件表示

■賞等

  • 平成28年度JAIST学長賞(研究活動賞),北陸先端科学技術大学院大学,2016
  • ブロンズポスター賞(Third Prize),International Symposium on Catalytic Conversions of Biomass (ISCCB-2016),2016
  • BCSJ(Bulletin of the Chemical Society of Japan)賞,日本化学会,2012

全件表示