北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 所属別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
産学官連携総合推進センター Industrial Collaboration Promotion Center 3F
TEL:0761-51-1182
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

本田 弘之 (ホンダ ヒロユキ) 教授
知識科学系

■学位

早稲田大学学士(文学)(1982),杏林大学修士(学術)(1995),東京学芸大学修士(教育学)(2002),早稲田大学博士(日本語教育学)(2010)

■職歴

北海道札幌静修高等学校非常勤講師(1982),北海道札幌静修高等学校教諭(1983),杏林大学別科(留学生日本語研修課程)非常勤講師(1994),杏林大学外国語学部専任講師(1996),杏林大学外国語学部助教授(1999),山梨県立女子短期大学非常勤講師(2001),杏林大学外国語学部教授(大学院国際協力研究科教授兼任)(2005),杏林学園総合情報センター副センター長・杏林大学情報教育推進室長(2005),杏林大学国際交流センター長(2008),杏林大学外国語学部学生部長(2010)

■専門分野

日本語教育学,社会言語学

■研究テーマのキーワード

日本語教育学,社会言語学

■研究業績

◇著書

  • 文革から「改革開放」期における中国朝鮮族の日本語教育の研究,本田 弘之,ひつじ書房,2012,i-ix,1-293
  • 平成21〜23年度日本語能力試験「合格するための問題集」アルク日本語書籍編集部編,本田 弘之,アルク,2012.06,pp.19-31,36-45,190-201,232-244
  • 『日本語教育を学ぶ【第二版】』遠藤織枝編著 「第9章 日本語教育をふりかえる―日本語教育の歴史」,本田弘之,三修社,2011.04,pp.212〜237

全件表示

◇発表論文

  • 「中国朝鮮族の継承語維持方略と日本語教育」,本田弘之,社会言語科学会『社会言語科学』,第8巻,第1号,pp.18〜30
  • 「文化大革命時期の中国の大学における日本語教育と学習法」,本田弘之,杏林大学国際交流センター杏林大学日本語教育研究p65-92,第3号
  • 「中国朝鮮族の日本語教育 ―その「再開」と自律化の過程を追って―」,本田弘之,2010世界日語教育大会(台北・国立政治大学)

全件表示

◇講演発表

  • 論文執筆における失敗例の類型化―効果的な論文作成指導に向けて―,本田 弘之,義永 美央子(大阪大学),岩田 一成(広島市立大学),渡辺 倫子(広島大学),第32回社会言語科学会大会,信州大学松本キャンパス,2013年9月7日
  • 公共サインの客観的評価のための試み―英訳にあらわれた「ズレ」からそれを探る―,本田弘之,倉林秀男,社会言語科学会,関西大学,2017年9月16日
  • 「言語教師の成長とその支援−日本語学校へのインタビュー調査から考える−」,義永美央子,渡部倫子,本田弘之,岩田一成,言語文化教育研究学会第3回年次大会フォーラム発表,関西学院大学,2017/02/25

全件表示

■担当講義

日本語上級2,日本語上級1,日本語入門3,日本語初級3,企業日本語実習,日本語中級2,日本語中級1

■学外活動

◇所属学会

  • 言語文化教育学会,2015-
  • 朝鮮族研究学会,理事,2007-
  • 日本言語政策学会,学会誌編集委員,2005-

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 小松市国際交流協会日本語講師養成講座(文化庁事業),講師,2013/07/05 - 2013/08/02
  • 八王子市国際協会,国際交流ボランティア(日本語支援)ステップアップ講座講師,2012/10/20 - 2012/10/27
  • 八王子市国際協会主催,「日本語ボランティア入門講座」,講師,2012/06/09 - 2012/07/21

全件表示