北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building 掘4F
TEL:0761-51-1181
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

水本 正晴 (ミズモト マサハル) 准教授
知識科学系、知識マネジメント領域

■学位

一橋大学学士(社会学)(1994),一橋大学修士(社会学)(1998),一橋大学博士(社会学)(2004)

■職歴

日本学術振興会特別研究員(2002),明治大学非常勤講師(2004),東海大学総合情報処理センター非常勤講師(2005),日本大学非常勤講師(2005),北見工業大学准教授(2007)

■専門分野

分析哲学、実験哲学、認識論、ウィトゲンシュタイン、心の哲学、

■研究テーマのキーワード

知識、言語、信念変化、規則に従うこと、規範性、意味、クオリア

■研究業績

◇著書

  • Epistemology for the Rest of the World,Masaharu Mizumoto, Eric McCready, Stephen Stich,Oxford University Press,2018
  • 水本正晴、「X ウィトゲンシュタインとゲーデル:対話篇」,編著者:荒畑靖宏、山田圭一、古田徹也,リベルタス出版,2016,168-187
  • 『ウィトゲンシュタインvsチューリング〜計算、AI、ロボットの哲学』単著,水本正晴,勁草書房,2012

全件表示

◇発表論文

  • 「取り囲むこと」〜ウィトゲンシュタインのUmgebung概念,水本正晴,『哲学の探求』,26,111-131,1999
  • 事実と出来事〜デーヴィッドソン的アプローチに抗して,水本正晴,『科学基礎論研究』,92,37-50,1999
  • マクドウェルの内在的実在論,水本正晴,『科学哲学』,32-2,95-110,1999

全件表示

◇講演発表

  • Epistemology of Shitte-iru and Wakatte-iru,Masaharu Mizumoto,Epistemology for the Rest of the World Conference,Shinagawa, Tokyo,2013年8月8日-9日
  • “Epistemology for the Rest of the World: Manifesto”,Masaharu Mizumoto, Stephen Stich,Epistemology for the Rest of the World Conference,Shinagawa, Tokyo,2013年8月8日-9日
  • Knowing Other Minds in English, Japanese, and Chinese,Masaharu Mizumoto (JAIST),The Science of Consciousness,San Diego, California, USA,2017年6月5日‐10日

全件表示

■担当講義

論理と数学(E),科学哲学と科学史

■学外活動

◇所属学会

  • 北海道哲学会,役員,2010-2011
  • 心の科学の基礎論研究会,世話人,2004-
  • 日本哲学会,1999-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • Ethno-Epistemology Conference - Culture, Language, and Methodology,Masaharu Mizumoto (JAIST), Stephen Stich (Rutgers University), Eric McCready (Aoyama Gakuin University),June 3-5, 2016,IT Business Plaza Musashi, Kanazawa, Ishikawa
  • Epistemology for the Rest of the World,Masaharu Mizumoto,August 8-9, 2013,JAIST Tokyo Satellite Office, Shinagawa, Tokyo

■賞等

  • 科学基礎論学会賞,科学基礎論学会,2004