北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
情報研究棟IS Building III 6F
TEL:0761-51-1207
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

大舘 陽太 (オオタチ ヨウタ) 助教
情報科学系、ゲーム・エンタテインメント領域

■学位

群馬大学学士(工学)(2005),群馬大学修士(工学)(2007),群馬大学博士(工学)(2010)

■職歴

株式会社タイムインターメディア(2007),群馬大学大学院工学研究科リサーチアシスタント(2008),日本学術振興会特別研究員(DC2)群馬大学大学院工学研究科(2009),日本学術振興会特別研究員(PD)東北大学大学院情報科学研究科(2010),東北大学大学院助教(2011)

■専門分野

グラフアルゴリズムおよびアルゴリズム的グラフ理論

■研究テーマのキーワード

グラフアルゴリズム,グラフ理論

■研究課題

混雑度の低いサブネットワーク選択問題
与えられたネットワークから「良い」サブネットワークを求める問題はよく研究されているが,その有用性にもかかわらず「混雑度」を良さの尺度として使う研究はあまり行われて来なかった.混雑度を尺度に用いた場合の問題の難しさや容易に解ける場合の発見を研究している.

■研究業績

◇発表論文

  • Ferrers dimension of grid intersection graphs,Steven Chaplick, Pavol Hell, Yota Otachi, Toshiki Saitoh, and Ryuhei Uehara,Discrete Applied Mathematics,216,1,130-135,January, 2017
  • A faster parameterized algorithm for Pseudoforest Deletion,Hans L. Bodlaender, Hirotaka Ono, and Yota Otachi,11th International Symposium on Parameterized and Exact Computation (IPEC 2016), Leibniz International Proceedings in Informatics, to appear,August 2016
  • Polynomial-time algorithms for Subgraph Isomorphism in small graph classes of perfect graphs,Matsuo Konagaya, Yota Otachi, and Ryuhei Uehara,Discrete Applied Mathematics,199,37-45,January 2016

全件表示

◇講演発表

  • A lower bound on opaque sets,Akitoshi Kawamura, Sonoko Moriyama, Yota Otachi, and János Pach,32nd International Symposium on Computational Geometry (SoCG 2016), June 14-18, 2016 in Boston, MA, USA
  • A faster parameterized algorithm for Pseudoforest Deletion,Hans L. Bodlaender, Hirotaka Ono, and Yota Otachi,11th International Symposium on Parameterized and Exact Computation (IPEC 2016), August 24-26, 2016 in Aarhus, Denmark.
  • On the classes of interval graphs of limited nesting and count of lengths,Pavel Klavík, Yota Otachi, and Jiří Šejnoha,27th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2016), December 12-14, 2016 in Sydney, Australia.

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • LAシンポジウム,会員,2011-
  • 情報処理学会,会員,2011-
  • 電子情報通信学会,会員,2010-

◇その他の国際・国内貢献等

  • 42nd International Workshop on Graph-Theoretic Concepts in Computer Science (WG 2016).,Programme Committee member,2016/03/01 - 2016/06/24
  • 12th Annual Conference on Theory and Applications of Models of Computation (TAMC 2015),Programme Committee member,2014/11/01 - 2015/05/20
  • 電子情報通信学会,離散数学とその応用小特集号(英文論文誌)編集委員,2014/09/01 - 2015/06/30

全件表示

■賞等

  • 北陸先端科学技術大学院大学 学長賞(研究活動賞),北陸先端科学技術大学院大学,2015
  • コンピュータサイエンス領域奨励賞,情報処理学会,2011