北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building III 6F
TEL:0761-51-1637
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

立山 誠治 (タテヤマ セイジ) 特任講師
マテリアルサイエンス系

■学位

北陸先端科学技術大学院大学修士(材料科学)(2006),北陸先端科学技術大学院大学博士(マテリアルサイエンス)(2010)

■職歴

北陸先端科学技術大学院大学研究員(2010)

■専門分野

有機ケイ素化学、有機化学、NMR構造解析

■研究テーマのキーワード

高分子合成、バイオベースポリマー、エンジニアリングプラスチック

■研究業績

◇著書

  • 樹脂材料の高耐熱化と設計・開発技術 第5章 植物由来・バイオプラスチックの高耐熱化 第1節 高耐熱植物由来プラスチックの開発,金子達雄, 立山誠治,株式会社 情報機構,2013,179-188

◇発表論文

  • Cage octaphenylsilsesquioxane from cyclic tetrasiloxanetetraol and its sodium salt,S. Tateyama, Y. Kakihana, Y. Kawakami,J. Organomet. Chem.,695,6,898-902,2010
  • Polyhedral Oligomeric Silsesquioxanes with Controlled Structure: Formation and Application in New Si-Based Polymer Systems,Y. Kawakami, Y. Kakihana, A. Miyazato, S. Tateyama, M. A. Hoque,Adv. Polym. Sci.,235,185-228,2011
  • 日本固有のバイオマス資源「サクラン」ーレアメタル回収から医療品開発まで、広がる可能性ー,岡島麻衣子, 立山誠治, 金子達雄,化学,66,8,22-25,2011

全件表示

◇講演発表

  • Ultra-high Performance Bioplastics Derived from Exotic Amino Acids,Tatsuo Kaneko, Seiji Tateyama, Naoki Takaya,BMMP16,Nagoya Univ,2016/1/23
  • シクロデキストリンによりナフチル置換ポリカルボシランに誘導されるCD特性,立山誠治, Sung Young Park, 川上雄資,第54回高分子学会年次大会,パシフィコ横浜, 神奈川,2005年5月25日〜27日
  • Transparent but Ultrastrong Plastics Derived from Amino Acid,Tatsuo Kaneko, Seiji Tateyama, Maiko Okajima, Naoki Takaya,Polycondensation2016,INEOS RAS Moscow,2016/9/12

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • 日本化学会,会員,2014-
  • 高分子学会,会員,2011-
  • 日本核磁気共鳴学会,会員,2010-

◇国際会議主催状況

  • The 1st International symposium of Energy & Environment in JAIST (I SEE JAIST 2016),マテリアルサイエンス研究科・准教授・金子達雄,2016年2月26-29日,石川ハイテク交流センター, Program committee
  • The 3rd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2016),マテリアルサイエンス研究科・教授・金子達雄,2016年3月4-7日,石川ハイテク交流センター, Program committee
  • International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2014),マテリアルサイエンス研究科・准教授・金子達雄,3月6-7日,近江町交流プラザ, General Secretary

■賞等

  • 日本化学会 第95回春季年会 優秀講演賞(学術),日本化学会