北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 所属別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
電子顕微鏡棟 Nano Analysis Building 2F
TEL:0761-51-1476
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

大坂 一生 (オオサカ イッセイ) シニア講師
マテリアルサイエンス系

■学位

北海道函館東高等学校(2000),関西大学学士(工学)(2004), 関西大学大学院修士(工学)(2006), 関西大学大学院博士(工学)(2009)

■職歴

・2008-2011 北陸先端科学技術大学院大学 技術職員(2008年度は社会人学生,D3)・2011-2013 横浜市立大学 生命ナノシステム科学研究科 特任助教・2013-現在 北陸先端科学技術大学院大学 ナノマテリアルテクノロジーセンター 講師

■専門分野

Mass spectrometry, Biochemistry, Chromatography

■研究テーマのキーワード

Mass spectrometry, Chromatography, Proteomics,

■研究業績

◇発表論文

  • Direct MALDI- MS analysis of the disulfide bonds in peptide using thiosalicylic acid as a reactive matrix,D. Asakawa, I. Osaka,Journal of Mass Spectrometry,2017, 52, 127-131
  • High-Confidence Sequencing of Phosphopeptides by Electron Transfer Dissociation Mass Spectrometry using Dinuclear Zinc(II) Complex,D. Asakawa, I. Osaka,Analytical Chemistry,2016, 88 (24), 12393-12402
  • Direct imaging mass spectrometry of plant leaves using surface-assisted laser desorption/ionization with sputter-deposited platinum film,T. Ozawa, I. Osaka*(corresponding), S. Hamada, T. Murakami, A. Miyazato, H. Kawasaki, R. Arakawa*,Analytical Science, 2016, (Cover),32,5,587-591,2016,

全件表示

◇講演発表

  • 薬学・農学・化学のための質量分析イメージング法,大坂一生,文科省ナノテクロノジープラットフォーム 地域セミナー in 帯広畜産大学,帯広畜産大学,2016.11.18
  • Direct analysis of systemic insecticides in leaf using SALDI imaging mass spectrometry with sputter-deposited metal film,I. Osaka,7th SETAC World Congress/ SETAC North America 37th Annual Meeting,Rosen Shingle Creek(Orlando),5-10 November, 2016, TP309
  • 質量分析イメージング法を用いた生体分子の局在解析,大坂一生,カラダを見る〜全身まるごと観察〜,文科省ナノテクロノジープラットフォーム,科学技術振興機構(JST)東京本部別館,2016年7月1日

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • 日本分析化学会,2006-
  • 日本質量分析学会,2005-

◇その他の国際・国内貢献等

  • 日本質量分析学会,中部地区研究・講演会 世話人
  • 日本質量分析学会,第一回夏の学校 委員