北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building I 4F
TEL:0761-51-1641
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

山口 拓実 (ヤマグチ タクミ) 准教授
マテリアルサイエンス系、生命機能工学領域

■学位

東京大学学士(工学)(2003), 東京大学修士(工学)(2005), 東京大学博士(工学)(2008)

■職歴

日本学術振興会特別研究員(DC1)(東京大学)(2005),東京大学大学院工学系研究科技術補佐員(2008),自然科学研究機構 分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域 助教(2008), 北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 准教授(2015)

■専門分野

糖鎖科学、有機化学、生体機能関連化学、超分子化学

■研究テーマのキーワード

糖鎖、分子認識

■研究課題

糖鎖の構造・機能解明
私たちは化学的な手法を基盤にした多角的な実験を展開し、糖鎖研究に挑んでいます。糖鎖に構造情報取得のための化学プローブを導入することで、分子分光法による計測と分子シミュレーションを活用した立体構造解析を可能とし、水中で揺らめく糖鎖の姿を描き出すことに成功しました。さらに、細胞表面を覆う糖鎖を模倣したモデル化合物の合成や、糖鎖を応用した細胞機能の制御にも挑戦しています。

■研究業績

◇著書

  • 「NMR」, 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック〜創薬・医療から食品開発まで〜,山口拓実, 加藤晃一,エヌ・ティー・エス,2015,265-271
  • "NMR explorations of biomolecular systems with rapid conformational exchanges" in Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions,M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, R. Kitahara, K. Kato,Springer,2016,87-103
  • "NMR characterization of the conformations, dynamics, and interactions of glycosphingolipids" in NMR in Glycoscience and Glycotechnology,M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, Y. Uekusa, K. Kato,RSC Publishing (Cambridge),2017,161-178

全件表示

◇発表論文

  • Conformational dynamics of oligosaccharides characterized by paramagnetism-assisted NMR spectroscopy in conjunction with molecular dynamics simulation,Y. Zhang, T. Yamaguchi, T. Satoh, M. Yagi-Utsumi, Y. Kamiya, Y. Sakae, Y. Okamoto, K. Kato,Adv. Exp. Med. Biol.,842,217,2015
  • A self-assembled, π-stacked complex as a finely-tunable magnetic aligner for biomolecular NMR applications,S. Sato, R. Takeuchi, M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, Y. Yamaguchi, K. Kato, M. Fujita,Chem. Commun.,51,2540,2015
  • NMR-based structural validation of therapeutic antibody produced in Nicotiana benthamiana,H. Yagi, N. Fukuzawa, Y. Tasaka, K. Matsuo, Y. Zhang, T. Yamaguchi, S. Kondo, S. Nakazawa, N. Hashii, N. Kawasaki, T. Matsumura, K. Kato,Plant Cell Rep.,34,959,2015

全件表示

◇講演発表

  • NMR解析に基づく分子シミュレーションによる高マンノース型糖鎖の動的立体構造の解明,山口拓実、榮 慶丈、岡本祐幸、加藤晃一,日本化学会第95春季年会,日本大学(船橋),2015年3月28日
  • Paramagnetic Lanthanide-tagging for NMR Characterization of The Conformational Dynamics of Oligosaccharides,Takumi Yamaguchi and Koichi Kato,IMS Asian International Symposium "Supramolecular Dynamics at the Interface of Chemistry and Biology",岡崎統合バイオサイエンスセンター(岡崎),2015年6月12日
  • 分岐鎖糖鎖の配座空間探査における常磁性効果の活用,山口拓実, Zhu Tong, 佐藤匡史, 加藤晃一,第54回 NMR討論会,千葉工業大学(習志野),2015年11月8日

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • 日本核磁気共鳴学会,2012-
  • 日本糖質学会,2008-
  • 日本化学会,2002-

◇その他の国際・国内貢献等

  • 第4回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム,実行委員会代表

■共同研究等希望テーマ

  • 生体関連物質、分子複合体の構造解析